【キャンプの楽しみ方】あなたのマナー本当に大丈夫??キャンプ場の基本ルールをチェック!

今日は意外と皆さん知らないのではないか??

キャンプ場の基本ルールを紹介します!

キャンプ場にはホテルみたいに「チェックアウト」と「チェックイン」が存在します。

キャンプ場によって午前中にチェックインができるサイトと、午後にならないとチェックインできないサイトもあるので要注意。

しかし、キャンプ場によっては「アーリーチェックイン」と言って料金を払えばチェックインの時間よりも早くチェックインできることがあります。

また、高規格なキャンプ場でなければキャンプ場の管理人さんと相談して少し早めのチェックインを「いいよ」と言ってくれるキャンプ場もありますので、是非相談もしてみて下さい。

焚火関連

キャンプに行ったら絶対やりたいのが「焚火」ですよね。

しかし、焚火と言っても地面に石をくべて、道具を使わずに焚火をする「直火」というやつはキャンプ場のほとんどが禁止しています。

その場合、「焚火台」というアイテムが必要になるんですが、キャンプ場によってはテントサイトの「焚火」そのものを禁止してあるキャンプ場もあるので注意!(例:柳島オートキャンプ場)

また、例え「直火OK」と言われても好きな場所で直火をしてしまうのは違うと思われます。

芝生が生い茂った場所に直火をして撤収した後にはそこだけ剥げているのってどう思いますか?綺麗な芝生があるのに、そういう所謂「ファイヤーピット」があるのって格好悪いですよね。

だからキャンプ場がいつまでも綺麗であるように少し考えて直火をするのが好ましいです。

ゴミ問題

キャンプで出たゴミは必ずしもキャンプ場が回収してくれるわけではありません。「ゴミを持ち帰って下さい。」と言うキャンプ場はたくさんあります。

なので事前にキャンプ場の情報をチェックしておいて「ゴミは持ち帰らなければ行けないか??」知っておく必要があります。

また、撤収してテントも車も無くなった時に意外にゴミが落ちてたりするので、しっかりと最後に「ゴミチェック」をしましょう。

音問題

小型のスピーカーを持ってきて音楽をかける事が禁止のキャンプ場があります。

それもキャンプ場のホームページで確認する事ができるのですが、実際はきちんと音量設定して近所迷惑にならなければ大丈夫な部分もあります。

誰一人いないキャンプ場で「音楽禁止!!」と言っているわけでは無いのです。ちゃんと近隣への配慮さえできていればキャンプで音楽を楽しんでも何も言われないはず。

消灯問題

キャンプ場には「消灯時間」と言うものが存在します。

だいたい22:00になると消灯のキャンプ場が多いです。

消灯時間には声のボリュームを落とすだけでなく、ランタンの光量は落とし、近隣の就寝を妨げないようにしないといけません。

あまりにキャンプ場が混みあってて近隣との距離が近すぎた場合などはもうランタンも消して寝てあげるのが良いと思います。

まとめ

ざっと紹介しましたが、キャンプ場って結局「みんなで維持してあげるもの」であり「近隣に対する配慮」が必要なのです。その心さえ持っていれば自ずとルールが見えてくるはず。

だって「豊かな自然を感じながらのんびりコーヒーでも飲もう」って場所に隣のサイトはどんちゃん騒ぎで夜も眠れないなんてことがあれば台無しじゃないですか?

みんなで配慮をしあって気持ちのいいキャンプライフを送りましょう♪

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!