【キャンプの楽しみ方】火起こしの達人になろう!

今日はこの記事を読んでくれている皆さんに火おこしの達人になってもらいます!

火起こしの達人

皆さん通常は着火剤を使った火起こしをしますでしょ??

今日紹介するのはちょっとかっこいい火の起こし方。

これをお子様に見せて子供の興味を魅くのはかなり面白いかも!

ちょっとかっこいい火の起こし方

まず薪を用意しましょう。

薪は現地調達です。

薪の種類は比較的なんでも良いですが、乾いている事が大切。

そして、集めた薪は「太いの」と「中くらいの」と「細いの」で分けておくこと。

また、着火剤の代わりに杉の枯葉や松ぼっくり、松の枯葉、落ち葉は燃えやすいので集めておきましょう。

よっぽど自然豊かな場所じゃないと、木がなかなか落ちていないので注意。 

麻紐とナイフを準備します。

私はいつもナイフに麻紐を巻き付けています。

麻紐は濡れたものを干したり、張縄代わりにも使えるし何かと便利。

今回はそんな麻紐を火種に使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず麻紐を手ごろな短さでカット。

それをほどいていきます。

すると綿の様になるのでそれらを集めて一番右下の様なフワフワした綿を作っておきます。

薪のセッティング

薪のくべ方は人それぞれですが、原理は「火の通り道」を作ってあげる事。

それにより酸素が行き渡って燃えやすくなります。

この時、薪を地面に敷くことで地面からの冷気をシャットアウトでき、火が付きやすくなる。

そして着火剤になる枯葉たちをたくさん中に入れておいてその中に火種を入れるのです。

ファイヤーストライカーを使う

ここでライターを使ってしまうと焚火の達人感が薄れてしまう。

なのでこういったマグネシウムを削って火花を散らすような「ファイヤーストライカー」を使いましょう。

少しコツが必要になりますが、コツさえ掴めば誰でも簡単に火をつけることができます。

ファイヤーストライカーの火花で着火させるのは麻紐でつくった綿。

「直接落ち葉に火をつければいいじゃん!」

って思うかもしれないですが、実は落ち葉ってそう簡単に火はつきません。

まとめ

なんか難しそうにも感じるかもしれないですが、実は物凄く簡単なのです。

キャンプで友達を集めてこの着火方法を実践すると確実に皆さん驚いてくれます。

「やっぱキャンプやってる人は違うねぇ~!」と言ってもらうためにも、是非実践してみて下さい。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!

1 個のコメント