【世界のHYMER 2018年モデル】Exis-i594 岡モータースさん

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
現在のランキング3位\\\\٩( ‘ω’ )و ////
おかげさまで、少しずつブログを見ていただく回数も増えて来ました!
ありがとうございます。

下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!
只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日紹介するキャンピングカーはこちら、

 

 

岡モータースさんが代理店を務めます

ドイツのメーカーHYMER(ハイマー)

【Exis-i594という車になります( ´ ▽ ` )!

 

 

この車を作っているのがドイツにあるメーカーのHYMERさん。
設立は1957年。世界的に有名なキャンピングカー屋さんです。

1957年、ドイツにあるBad waldsee(バートヴァルドゼー)という街で
航空機エンジニアのErich Bachemさんと
若きエンジニアであるErwin Hymerさんが、「Ur-Troll」というキャラバンを製作したところから始まったそうです。
HYMERというのは人の名前だったのですね。

一方、代理店を務める岡モータースさんは、1961年に創業。
キャンピングカーのみならず、車全般の販売をされている会社さんです。
本社は香川県高松市。
2004年にキャンピングカー部門を立ち上げ、現在ではオリジナルのキャンピングカーも販売されています。

 

 

 

基本情報

全長  6,990mm
車幅  2,220mm
車高  2,770mm
室内高  不明
車両重量  不明
排気量  2,300cc
乗車定員   4名
就寝定員   5名
 ベース車  FIAT DUCATO
車両本体価格  店舗にお問い合わせください

 

 

 

ヘッドライトのLEDも最高にかっこいい。

超広角カメラを使っても画面に収まり切らないほどの迫力あるボディ。
走っているだけで注目を集めること間違いなし!

ボディの材質は、軽量・強靭・高断熱のHYMER PUAL構造壁。
更に機能性の向上と軽量化を進めた2.0にアップデート版!走行安定性と低燃費に貢献しています。

 

 

 

全長は約7mと大迫力。

日本仕様にカスタムされたこの車は、ゴールドシュミットスペシャルフロントスプリングが標準装備されているんだとか。
んー、カタカナが長いっ!!笑
でも、大きな車を運転するのに安定性が高いのは本当に嬉しいですよね。

 

テールランプもLEDがかっこいい!

エクステリアデザインが大きく変更されたこのExixーiシリーズ。
まるで天使の羽の様なLEDウィンカーは、先進性と省電力、視認性がアップしています。

 

運転席・助手席がクルッと変わる仕様に。

運転席・助手席は独立型のシート。
両肘掛もついていて、リラックスして運転ができます。
宇宙船を連想させる様なつくりです。
停車中であれば、友達を呼んだりしてパーティだってできちゃいます!

また、運転席上部には収納式のベッドルームがあります。
1800mm×1500mmと大人2人がゆっくり眠れるスペースになってます。

 

L字型の革張りシート。

テーブル周りはL字型のシート。
走行中はシートベルトのある場所に2名座ることができます。

 

 

車両後部に進んでいきます。

ダイネットから後部に進んでいくと、
メインシートの後ろにキッチンスペース。キッチンの向かい側には冷蔵庫があります。
キッチンの前には窓がついているので換気もバッチリ!
収納もたっぷりなので、長期の生活も安心です。

 

 

ステンレスシンクとコンロ。

コンロは黒い上蓋を開けると出てきます。
十分な調理スペースがあって、隣にスレンレスのシンクがあるのが嬉しいですね。

 

 

旅の疲れを癒すシャワールーム。

水のタンクは115リットルと超大容量。
シャワールームが独立しているのも嬉しいポイントです。

 

洗面所も十分なスペースを確保。

洗面所には大きな鏡もあるので、外に出かけることになっても大丈夫!
アメニティを置くスペースもたくさんありますよ。

 

車両一番後部のベッドルーム。

車両の一番後部にはホテル並みのベッドルーム。
ハイマーコールドフォームベッドマットというマットだそうです。
また、ベッドの下は大容量の収納スペースになっています!

 

 

リアベッドルームの下。

ベッドルームの下になるので、広さは十分にあります。
自転車だって楽々積めちゃいますよ!

 

 

岡モータースさんのHPはこちらから
http://www.okamotors.co.jp

 

Tackle’s Point

世界を代表するメーカーのHYMER。インテリアもこだわり抜いており、大自然をこの車で駆け抜けると思うとロマンを感じます。
輸入車ですが、右ハンドルにもできますので運転も安心なのが嬉しいポイントですね!

 

本日の用語の解説
・独立型のシャワールーム

国産車だとどうしてもサイズが原因で独立型のシャワールームを作るのが難しくなります。
そのため、せっかくキャンピングカーを買うならお金を出して開放感やストレスがないほうがいいと思う方に合う作りだと思います!

 

 

 

 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!