【日本人youtuber初取材!】Forest River Viking17BH

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
現在のランキング3位\\\\٩( ‘ω’ )و ////
ここ最近ずっと銅メダル!笑

 

下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!
只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日紹介するキャンピングカーはこちら、

 

 

MOVE HOUSE(ムーブハウス)さんが代理店を務めます、

Forest River (フォレストリバー)というアメリカのメーカーの

 

【Forest River VIKING 17BHS
(フォレストリバー バイキング 17ビーエイチ)という車になります( ´ ▽ ` )!



 

この車を作っているのがアメリカのメーカーであるフォレストリバーさん。
ネットにバイキングさんの詳しい情報が全く載っていないので、ご存知の方教えてください。

代理店を務めているのが、MOVE HOUSEさん。
キャンピングカーの専門店として、栃木県佐野市にある会社さんです。
メディアにほとんど出ないとスタッフさんがおっしゃっていたので、
お話しできてラッキーでした!

 

天気のいい草原にあるだけでめちゃめちゃかっこいい。

基本情報

全長  6,150mm
車幅  2,300mm
車高  3,000mm
室内高  不明
車両重量  1,220kg(要牽引免許)
排気量  -cc
乗車定員  -名
就寝定員   5名
 ベース車
車両本体価格  ¥3,780,000(税抜)

 

その場の雰囲気が一気にアメリカンテイストに。

アメリカのメーカーって感じがモロにしますね。
欧州メーカーのトレーラーは形に丸みがあるというか。
こっちの方が角ばってます。

ちなみに出っ張っている部分はダイニングスペース。
当然走行中は出っ張り部分を収納できるので安心してください!
スイッチひとつ、手間なしで収納可能です。

 



 

家サイズのダブルベッド。

キャンピングトレーラーはもはや家としての機能を十分に備えています。
こちらのダブルベッドのサイズは1900×1400。家庭用のダブルベッドと同じくらいのサイズですね。

 

アメリカのダイナーのような雰囲気。

ベッドの左側にあるのがダイニングテーブル。
6人くらいなら問題なく食事が取れるスペースがあります。

ちなみに、
テーブルを外してベッド展開もできるようなので急なゲストにも対応できます!

 

 

十分なサイズのキッチンスペース。

ダイニングの向かいにあるのがキッチンスペース。
お料理しながら家族やお友達と会話が楽しめます。

 

キャンピングカー との大きな違いの一つにキッチンがあげられます。
キャンピングカーのキッチンの素材って、他の家具と同じ木でできていたりします。
一方でトレーラーのキッチンの素材は、このようにしっかりと作られているので、汚れや傷に強いので包丁も問題なく使えます。
また火を使う時もこちらの方が安心ですね。

 

キッチン下に冷蔵庫。

冷蔵庫はキッチンの下についているので料理の時も無駄な移動がありません。
サイズも十分にあるので、数日分の食材は保存できそうです。
それにトレーラーの場合は、普段使っている自家用車で引っ張るだけなので、
切り離して買い物に行けるので、問題ないと思います。

 

 

コンセントもついてます。

キッチンにはコンセントがついているので炊飯器でもミキサーでも使えちゃいます!
そういえばキャンピングカーのキッチンスペースにコンセントってないなー。

 

後部の常設2段ベッド。

車両後部にも常設の2段ベッドがあります。
お子さんはこっちに寝てもいいかもしれませんね。

 

 

シャワールーム。

ユニットバスも広々ですね。
ただ、床材に水が飛ばないように気をつけなきゃいけません。

 

MOVE HOUSEさんのHPはこちらから
http://www.movehouse.co.jp

Tackle’s Point

アメリカントレーラーハウスということで四角く角ばった形が好みが別れるかもしれません。
でもやっぱりキャンピングカーの本場アメリカと言わんばかりの質の高さが一番の売りでしょうね。
実はサイズも日本の道路で運転できるサイズなので、トレーラーファンにはたまらない一台です。

 

本日のキャンピングカー用語の解説
・マルチスペースの床材

キャンピングカーのマルチスペースの多くはFRPという強化プラスチックという素材でできてます。
正直おしゃれではないですが、シャワールームにしたりするときに便利です。
このように板を張ったりするとオシャレにはなりますが、その分水回りなど気にしなきゃいけないいけないです。

 

 



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!