【ハイエースをこだわりの一台に】”Climb Jumper” ALFLEXさん

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
現在のランキング3位\\\\٩( ‘ω’ )و ////
ここ最近ずっと銅メダル!笑

 

下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!
只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日紹介するキャンピングカーはこちら、

 

 

ALFLEX(アルフレックス )さん

【Climb Jumper(クライムジャンパー)という車になります( ´ ▽ ` )!



 

この車を作っているのがALFLEXさん。
大きな会社さんで、キャンピングカー事業部はADDSET(アドセット)という名前で独立しています。
本社は京都府京都市。勝手なイメージで和っぽい感じがしますが、作っているキャンピングカーは派手目のイケイケ系です!
若者がキャンピングカーに興味を持つには、このような新しいスタイルの会社さんが必要でしょうね。

 

ハイエースの黒はしまってかっこいいですね。

基本情報

全長  4,695mm
車幅  1,695mm
車高  1,980mm
室内高  不明
車両重量  不明
排気量  2,000cc
乗車定員  7名
就寝定員  5名
 ベース車  トヨタ ハイエース ナローモデル
車両本体価格  ¥3,930,000(税抜)

 

 

サイドオーニングをつけると印象がガラッと変わります。

一昔前までハイエースは完全に現場用の移動車というイメージがありましたが、
ボディが変わってから普段用の車として乗る方を増えていますよね。
個人的にも、ハイエースかっこいいなぁって思いますもん。

若い人の車離れが進んでいますが、
例えば車でワイワイできるような工夫があったら、車好きになる人も増えると思うんですよね。

 



 

後部は両サイドスライドドア。

車両の後部へは両サイドのスライドドアから。
キャンピングカーの場合、その配置ゆえ片方のドアを使えなくなってしまう場合もあるので
一つチェックポイントだと思います。

室内のテイストは落ち着きのあるウッド調に白のビニールレザーで明るくなっています。
セカンドシートは当然前向き乗車が可能です。サードシートはゲストが来た時の補助シート的な感覚ですかね。
就寝時はセカンドシートとサードシートをリクライニングでフラットにして寝ることができます。

 

 

就寝時に嬉しい作り。

シート横にあるカウンターは就寝時にペットボトルや携帯を置くスペースとして利用可能です。
フラットにしたサードシートの上にベッドマットを敷けば2段ベッドの出来上がりです。
こちらの2段ベッドの上部は車の縦方向に大人3人が就寝可能なサイズとなります。
その時はこのカウンター部分の上に体を乗せても大丈夫ということです。
簡単な寝袋やマットが重宝されそうです。

 

照明も美しく。

サードベッドの脇にはブックスタンドも付いています。
その上部に見える白いマットが2段ベッド上部用のものです。
LED照明も美しいですね。

 

車両後部から。

こう見ると2段ベッドの意味がわかると思います。
走行中は片付けられるマットを車両後部に敷くとベッドができます。

 

床下収納庫。

2段ベッドの下のスペースは床下収納庫となっています。
縦横共に50cmずつ、深さが20cm以上ということで、スペアタイアを入れてもよし、
その他、車に常備しておくものを入れるのがいいと思います。

 

ベッド脇にあるコンパクトなシンク。

キャンピングカーなのでシンクもついています。
車両後部にあるので起きたらそのまま軽く顔を洗えます。

 

外で足を洗うことも可能。

このように簡易シャワーとして使うこともできるのでサーフィンする方にもピッタリかもしれませんね。

 

 

ALFLEXさんのHPはこちらから
https://www.alflex-inc.com

Tackle’s Point

ALFLEXさんは派手めなハイエースの印象が強いですが、
コンセプトが”キャンピングカーのような車”ということで、車の本質を損なわないカスタムをされていらっしゃいます。
いずれ他の車も紹介しますが、かっこいいですよ!

 

本日のキャンピングカー用語の解説
・床下収納庫

バンコンタイプには床下収納庫がついているものもあります。
基本的にはスペアタイヤを入れることになると思いますが、隙間があればキャンプ用の小物も積めるので重宝します。
汚れてもいいものは、ここに!と思うと車内も汚れずにすみますね。

 



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!

1 個のコメント