キャンピングカービジネスって儲かるの?検証してみた。Vol.2(RVパーク編)

みなさんこんにちは。ボタモッチです。

前書き

会社で仕事を自分のやっていることが人の役に立っているかわかなくなることがありますよね。

大企業で働くと効率を重視するため役割だけやるようになり、お客様が見えなくなりがちと言うか。。。

個人的な意見ですが、自分でビジネスを始めるとなると「マーケティング」「接客」、「広告」「検証」「改善」と全て自分でやらないといけません。直接お客様と接することもあり大変勉強になります。

副業OKの企業も増えてきています。お金よりも経験のためにビジネスをスタートするのも一考の価値ありだと思います。

キャンピングカー宿泊施設(RVパーク)を分析してみた。

さて、本日のキャンピングカービジネスのお話は「RVパーク」。

RVパークってなに???

RVパークとは、日本RV協会が推進している【安心して車中泊できる場所】のことです。道の駅やオートキャンプ場、スパ、旅館などと連携して運営されています。

RVパークは何が必要?

基本的な条件として

  1. ゆったりとした駐車スペースを有していること
  2. 1週間程度の駐車が可能であること
  3. 近隣に入浴施設があるか、あるいはシャワー設備を備えていることが望ましい
  4. ゴミ処理が可能であること
  5. トイレなどの設備を有していること
  6. キャンピングカーなどが使用できる電源コンセントが設置されていること
  7. 入退場の制限が緩やかであること

(日本RV協会参照)

それって儲かるの??

儲かるかどうか検証してみたました。

まず条件を満たす必要がありますよね。

場所の選定が難しい。できれば観光地で人が集まればいいな。

日帰り温泉の横に駐車場のスペースが都合よく見つかればいいですよね。

料金計算(自宅でRVパークをやるなら)

あんまり大規模な話をしてもイメージがわかないので、ここでは自宅規模の話をしてみようと思います。

トイレ、シャワーは自宅を活用

外部電源の設置工事 3万円前後

サイト作成費 10万円 

RVパーク宿泊料 2000

月に7日稼働するとして、、、

売上 2000×7日=14000

月間売上

14000

年間売上

14000×12ヶ月=168000

自宅のシャワー、トイレを提供すれば、外部電源、紹介サイトなどは工夫で料金は節約できると思われる。

家の中を使わせることになるので民泊のような事業になってしまいます。

もちろん人件費は考慮していません。多少の電気代も負担すると思います。 

感想

月間売上14000円。稼働率で売上上下するリスクもあるとなると。。。

これなら駐車場で貸した方が楽なのでは!?

ビジネスでやるには難しそうな気がしてならない。初めてのビジネスには向かないと結論付けます。ファイナルアンサー!!!(←古いか!!)

例外的に関連ビジネスとして考えれば勝機があります。観光地の旅館を経営しているが客室に対して大型な駐車場を保有しているため、駐車場の稼働率が低い。食事、温泉プランを提供してキャンピングカーで宿泊してもらうと客室稼働が100%超えも可能になります。

そう考えていくと組み合わせで面白いビジネスを作れるかもしれないですね!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
ボタモッチ

ボタモッチ

三児のお父さん。 子供達と一緒にアウトドアを楽しもうと試みてキャンピングカーを購入。 週末は子供達と、デイキャンプしたりして楽しんでいるそう。 普段はバリバリ働くサラリーマン。