簡単に車中泊するために必要なキャンプのアイテム10選!

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日ご紹介するのは簡易的な車中泊をするために車内に持ち込んで快適に過ごす道具

それにはどんな道具を持っていくと便利なのかを紹介して行きます。

簡易的な車中泊とは?

車中泊で1番便利となるのはもちろんキャンピングカーでしょう。

しかし、キャンピングカーなんてそう簡単に持てるわけではありません。

そこで、今持っている車で車中泊をしてみようと試みるのです。

そこで、やっぱりあると便利だなぁって思うアイテムがいくつかあります。

車中泊に使える便利アイテム

1.BSRヒーター

冬場には絶対にヒーターが欲しいですよね。

エンジンをずっとふかして車の中にいるのは周囲に対して騒音にもなるし、車を痛めてしまいます。

コンパクトなヒーターの中でもトップクラスで暖かいのでは無いかと思います。

2.シングルバーナー

ちょっとした調理に使えるのはシングルバーナー。

炒め物等をすると油が飛んで車内が汚れる可能性がありますので、基本的には煮沸しかしない。

カップラーメン、コーヒー、サトウのご飯にレトルトカレー。

そんな時はシングルバーナーが1番です。

ちなみに煮沸専門で使うならSOTOのウインドマスターが最高なんです。

3.trangia ツンドラ3ブラックバージョンミニ

鍋だけじゃ物足りない。目玉焼きだって作りたい。

時にはお肉だって炒めるんだ!

という方におすすめ。

私も車中泊だけでなく、キャンプもするので色々できちゃう万能コッヘルを1つ。

4.HiHill LEDランタン

車の室内ライトを付けぱなしにするとバッテリーが上がり、朝方動かなくなることも。

ここはLEDランタンを持って行きましょう。

ちなみに、紹介しているHiHillのLEDランタンは暖色の光で、車内の雰囲気を温めます。

しかも!磁石が内臓されているので車体にくっつけることだってできる。

めちゃめちゃ万能!

5.BOSE サウンドリンクミニブルートゥーススピーカー


車の中で楽しむのに音響システムを少しでも豊かにしたい。

そこでBOSEのポータブルスピーカー。

低音に強く、車内で聞いていると六本木のクラブに来たくらいの迫力があります。

野外で使ってもその音質は素晴らしいので、ダンスでも使う人は多い。

6.ノースフェイス ダッフルバック


基本的に車中泊の道具は全てバックひとまとめに入れてしまいたい。

そんな時に使えるのがダッフルバック。

このドラム型バック。キャリーに乗っけて運ぶことだってできるので、かなり重宝しています。

7.

小さなテーブルはあると何かと便利。

中でもデザインがかっこよくて、シンプルなスノーピークのミニテーブルは最高!

収納性もかなり良いのでちょっとしたお出かけでも持って行くことができます。

8.毛布

肌触りの良い毛布が1枚は欲しい。

1枚あるだけで快適度が間違いなくグッと上がるので、是非車に置いといて頂きたいところ。

寝袋の上にこの毛布をかぶせれば更に暖かい!

9.枕&マット

枕だけ購入して使っても寝てる間に枕がどこかに言ってしまうことが度々。

そんな方には枕とマットが一体型になったこちら!

しかも軽量で超コンパクト!持ち運びに最適です!

10.マット

車中泊で気になるのは床のでこぼこだったりする。

そんな時にこういうウレタンマットは役に立ちます。

ロールにして収納するので。設営撤収も一瞬!

キャンプでも使える!

いかがですか?

ちなみにもちろん紹介した全ての道具はキャンプでも使えます。(私も使っています。)

是非キャンプと兼用にしてみてはいかがかと思います。

以上で私が厳選する車中泊グッズの紹介を終わります。

みなさんも最高の車中泊を!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

 

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。