自作のキャンピングカー!ハイエースを車中泊仕様に改造してみた! vol.5 「食事編。」

ども、サルーです。

これまで「寝・遊」が揃ってて、「食」に関してまだ説明していないのでこれから説明していこうかと。

車中泊の食事ってどんなの?

車中泊で気になるのは食事だと思います。

車中泊する場所が街中ならコンビニやレストランなど飲食店が沢山あるので食事に関して困ることは無いと思いますが、これが山奥になるとお店がなくジュース1本買うことが出来ない時があります。

街中でも時間帯によってはお店がどこも空いて無いなんてことも!!

そこで、どんな食事が出来るか考えてみようと思います。

コンビニ

1番手軽で楽なのは スーパーやコンビニやファーストフードでおにぎりやお惣菜やお弁当やハンバーガーを買って食べる。 お店によっては24時間営業しているの困りません。

ほか弁のお弁当はお米が食べたいってときはいいですよね。

けど、早朝や深夜の時間は営業していません。

どれも買ってきたばかりなら温かい食事を食べられるので嬉しいですよね。

自分で調理

つぎにカセットガスコンロを使って調理をする。

なんと言っても火を使えるのでお湯を沸かせます。

1番簡単でお手軽な食事と言えばカップラーメンでしょう。

容器を用意しなくてもお箸さえ あればお湯を注ぐだけで食べられます。

次はカレーなどのレトルト食品でしょう。

ご飯もパックのものがあるので湯煎すれば熱々の食事が食 べられます。

他にも火を使えるのでパンを焼くことも出来ます。

トースタースタンドとか使えば二枚同時に焼けるので 時短になります。

を使えばおもちを焼いたりピザをアルミ箔で包んで焼いて食べることも出来ます。

私はやったことが ありませんが、煙や匂いを気にしないなら魚を焼くことも出来るでしょう。

フリーズドライは優秀

フリーズドライ食品が優秀。

食器さえあればお湯を注ぐだけで瞬時に美味しい食事が出来ます。

種類も多く、最近ではオーガニックのものもあったりと味も栄養価も高い食事をとることが 出来るようになりました。

私がよく食べていたのはお味噌汁なとのフリーズドライ食品の老舗で有名な「アマノフーズ」です。

カップラーメンに比べれば少し高いですが種類や味に関しては文句がありません。

ガスコンロがあれば食事だけでなくお湯を沸かせばコービーやお茶なども飲めて、寒い日の休憩時には 温かい飲み物は嬉しいですよね。

カセットガスコンロを使うときの注意点。

一酸化中毒

車内は狭くて密閉されていてガスコンロを使うと燃焼ガスが充満して一酸化炭素中毒になってしまう危険性があります。

車内でガスコンロを使うときは、必ず窓ガラスを大きく開けたりドアをあけたりと十分な換気を必ずしてください。

引火

それと、ガスコンロの周りに燃えやすいものを置いたまま調理するのもとても危険。

調理の前に しっかりと片付けておきましょう。

車を駐車場やキャンプ場や広い空き地などの平らな場所に停めて調理をしましょう。

くれぐれもガスコンロを使う時は注意をして自己責任で安全に使用してください。

洗い物

あと、洗い物は公共の流しなどで洗うのは厳禁です。

ウェットティッシュなどで簡易的に拭いて家に 帰ってから綺麗に洗ってください。

まとめ

以上で「寝・遊・食」の「食」の記事でした。

これで全て揃いました。

ちなみに、本当はシンクをつけるか迷ってはいましたが、流石に水回りの手入れの面倒臭さに負けて、設置しておりません。

少しでも参考になればと思います。

それでは、快適な車中泊をお楽しみください。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。