キャンピングカー購入する時のデメリットをまとめてみた。

どうもみなさんこんにちは。ボタモッチです。

キャンピングカーでたくさんの経験をさせてもらい、個人的には大満足ですが、読者の方もいいことばかりでは?と思っている方もいると思います。

キャンピングカーを購入する時

自分もこれから保有していくか?

次の買い換えの時に買うか?

の判断を出来るようにデメリットをまとめてみます。

今買いたい!!と思って勢い購入しようとしているあなた!!

冷静になってもう一度考える機会にしてもらえたら嬉しいです。

購入費が高い

一番はココだと思います。

購入費が高い!!新車だと高級車並みの値段がします。

1000万越えのキャンピングカーもあります。

車で1000万超えだといわゆる「高級外車に乗れるレベル」です。

車両を購入するとどうしても快適な車中泊を送りたいと思いオプションを追加してしまい更に料金アップしてしましいます。

乗用車と比べてはいけないのだとわかっているけどそれでもやはり購入費は高いですね。

メンテナンスが大変

私がズボラなのかもしれないですが、自動車のメンテナンスは大変です。

当たり前ですが、普通の車の部分、部屋になっている後ろの部分を分けて考えないといけないです。

車の部分は普通の車とあまり変わらないですが、普通の車よりも後部が重く負荷が掛かっています。

なので、タイヤやエンジンのゴムが伸びてないかの確認はしてもらいます。

ただこれは業者の人がやってくれるので手間は持って行くことだけなので同じです。 

後部の部屋は電気系統の設備もあるのでバッテリーが落ちやすくなったりサイドオーニングが閉まらなくなったりとちょくちょくトラブルが起きます。

そしてそのトラブルの度にビルダーさんに修理をお願いしています。

幸いスタッフの人がすごくいい人なので助かっていますが、やはりその度にビルダーさんの元にいかなきゃ

掃除が大変

部屋となっている後部は当たり前ですが、部屋なので掃除があります。

水回りもあるので、意外に大変。

自宅の駐車場であれば電源や水があるので簡単にでできるかもしれないですが、私は駐車場を借りているので電源や水場がありません。

自分で自宅からタンクに入れて持って行くので大変です。でもやっぱり綺麗に乗りたいので掃除はやるしかないですね。

運転は気を遣う

やっぱり、車のサイズが大きいので運転は気を使います。

  • 道幅が狭いところは避けたい。
  • 高速道路もスピードが出ない。
  • 坂道だと更にスピードが出ない。
  • 高さもあるので山道は木の枝にぶつかるリスクがある。

など、ある程度慣れるまでは慎重になります。

旅行先の買い物も平地の大型駐車場だといいですが、立体駐車場だと入らないので、警備員さんに教えてもらい別の駐車場に止めないといけないときもあります。

泊まるところも探さないといけない

行き当たりばったりで泊まるといのもできますが、ある程度都市だと厳しいですね。

泊まるところに関しては事前にリサーチしておいて、予約ができる場所であれば予約などしておくのが無難だと思います。

駐車場でないグレーゾーンな場所は泊まっても落ち着けません。

マナーを守って車中泊しましょう。

まとめ

色々とデメリットを書いてみましたが、対価としての人生を豊かにしてくれる体験が出来ていると感じています。

メリット、デメリットをしっかり考えて自分に合ったキャンピングカーを購入しましょう!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
ボタモッチ

ボタモッチ

三児のお父さん。 子供達と一緒にアウトドアを楽しもうと試みてキャンピングカーを購入。 週末は子供達と、デイキャンプしたりして楽しんでいるそう。 普段はバリバリ働くサラリーマン。

ABOUTこの記事をかいた人

ボタモッチ

三児のお父さん。 子供達と一緒にアウトドアを楽しもうと試みてキャンピングカーを購入。 週末は子供達と、デイキャンプしたりして楽しんでいるそう。 普段はバリバリ働くサラリーマン。