初めてキャンピングカーを運転した時の感想。大きなキャンピングカーの運転事情。

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は初めてキャンピングカーを運転した時のことを鮮明に思い出して書いていこうと思います。

その前にまず私のスペックから。笑

もともと運転は苦手

もともと私は運転が苦手な人間でした。

なので、そもそも車に乗って都内を走ったり高速を走ったりするだけで物凄く緊張をしていたのです。

友人にも

「たかにぃの車には絶対乗りたくない!」

と言われるほど、他人から見ても運転の苦手そうな雰囲気があったのでしょうね。

大きな車の運転

ただ、その時していた仕事柄、大きな車を運転することが2、3度ありました。

ハイエースや箱車(倉庫みたいな箱がついたトラック)など、運転したことがあったので、多少の自信はあると言うか、「まぁ大丈夫だろう。」くらいには思っていました。

ちなみに運転した車はキャブコン型。

Wohn R2Bという名の車。

クレソンボヤージュやクレアやアミティーなんかも含まれますね。

 バンコンとは?

実際に運転してみて

実際に運転してみて感じたことは「すごく運転しやすい!」ってことでした。

いくつか理由はあります。

  • 運転席の位置が高いので周りを見渡すことができる。
  • 小回りが効くので車をコントロールしやすい。
  • サイドミラーが大きいのでサイドの確認時のストレスが少ない。
  • 車と障害物の距離感をつかむアンダーミラーも付いているので狭い道も思ったより大丈夫。

勿論最初の運転は緊張しました。

車の受け渡し場所が恵比寿駅のロータリーだったので、初っ端から東京での運転。車線の移動が激しいです。

でも、それも30分もすれば慣れてきて快適に運転していました。

何より

「俺!キャンピングカーを運転してるぜ!」

っていう優越感の方が圧倒的でした。

最高です。

どこに行ったの?

この頃はオーニングもまともに設営できていない。

できるだけ広いキャンプ場にしておこうかなと思ったので「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」にしました。

「ふもとっぱらキャンプ場」も候補としてあがっていたんですが、当時のふもとっぱらキャンプ場はキャンプ用品のレンタルをやっていなかったので、朝霧ジャンボリーに変更。

そして選択は間違っていませんでした。

キャンピングカーで過ごしやすいキャンプ場でしたよ!

事故は無かったの?

ありませんでした!

狭い路地裏に入ることも無かったし、同乗者の友人たちも後方確認してくれたり助手席で左側の確認もしてくれたので、何の問題も無くキャンピングカーの返却ができました。

ただ、忘れ物には注意して下さい。

棚が多いので、何かしら忘れます。笑

楽しかった?

最高に楽しかったです。

キャンプ時は勿論。移動時も楽しいからずーっと楽しいんです!

一緒に来てくれた友人はもともとキャンプに興味が無かったのですが、キャンピングカーキャンプをきっかけにして

色んなキャンプ道具を買い始めました。

キャンプの布教活動大成功です。笑

何より、予定組む段階のキャンピングカーを選ぶ時のワクワク感が半端なかったですね〜。

まとめ

キャンピングカーを運転するのは最初は懸念されがちですが、運転してみると意外にそんなにハードルと高いもののようには感じませんでした。

それよりもこれだけ楽しくて、夢のような体験ができるならワクワク感の方が勝りますよね!

いい経験だったなと思います!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。