【キャンピングカー初心者必見!】ジャパンキャンピングカーショー2019オススメのキャンピングカーはこれだ其の二!

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日はキャンピングカー初心者のためのブログ記事!

ということで、

 

ジャパンキャンピングカーショー2019
オススメのキャンピングカーはこれだ!

の続きのシリーズになります( ´ ▽ ` )!

其の一を見ていない方!今すぐこちらのブログをチェック!

https://campingcarweb.jp/2019/01/28/japancampingcarshow-2/

王道のキャンピングカーを紹介していますので、
初めてキャンピングカーショーに行こうと思っている方、
今回は遊びに行く感覚の方に向けた記事になっています!

 



 

王道のキャンピングカーを見たら、次は変り種が欲しい!

昨日のブログで、キャンピングカーの種類は大きく3つに分けることができるとお話ししました。
定番どころを押さえたら、次は味変していきましょう。

今回もyoutube【キャンピングカーTV】で200台以上のキャンピングカーを取材してきた、
私Tackleが絶対に見るべきキャンピングカーを紹介します。

 

軽キャン

名前からイメージはつくと思いますが、軽自動車をキャンピングカーにした車です。
最近はDIY車なども流行っていますが、やっぱりプロが作る軽キャンはレベルが違います。
軽キャンも細かく見ていくと、軽のキャブコンだったりと分けることもできますが今回はざっくりと軽自動車ベースのキャンピングカーと分類します。
乗り出し価格も200万円代〜300万円代とキャンピングカーの中だと手にしやすい価格帯です!

・軽キャブコンの元祖!バンショップみかみのテントむし

バンショップみかみさんの公式HPより

バンショップみかみさんの公式HPより

こちらが軽キャブコンの元祖、バンショップみかみさんのテントむしです。
軽自動車ながら、充実の室内空間を確保。
都内に住んでいる方でも手にできるキャンピングカーで、根強い人気があります。

就寝時は屋根の部分を持ち上げる(ポップアップルーフ)と、
上の部分にも大人が就寝できるスペースを作ることができます。
また、停車時でも室内でかがむ事なく過ごすことができるのも嬉しいポイント!

バンショップみかみさんのHPはこちらから
http://www.vs-mikami.com

 

キャンピングトレーラーも選択肢に入れてみよう!

キャンピングカーだけじゃない!キャンピングトレーラーという選択肢も当然ありです!
ものによってはけん引免許が必要ないものだってあります。
キャンピングトレーラーの良さは、

自分の好きな車でアウトドアに出かけることができる

ところにあります。
キャンピングカーのベースの車って実は結構限られていて、
好きな車で出かけたいと思う方だって当然いると思います。
そんな方にオススメです。
走行中は乗れないのでご注意あれ。

値段の幅は広く、400万円台から1,500万円近いものもあります。

・エアストリームがあのトミーバハマとコラボ

銀色の宇宙船のようなキャンピングトレーラーを映画などで見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
エアストリームというメーカーのもので、もちろんそれぞれ車体の名前が付いてますけど、素人は総称してエアストリームと呼びます。

エアストリームジャパンさん公式HPより

エアストリームジャパンさん公式HPより

エアストリームが、超有名アパレルブランド、トミーバハマとコラボして作ったのがこちらの【Tommybahama19CB】という名前のトレーラー。
アイランド系アパレルブランドらしい室内のテイストとなっています。
綺麗な海岸にこれを置いて生活したいなー。毎日お酒飲んで、のんびり。。。
なんて夢みれます。

エアストリームジャパンさんのHPはこちらから
http://airstreamjapan.co.jp

 

輸入車のキャンピングカーだって!

欧州ではモーターホームと呼ばれています。
日本のように、「アウトドアに出かけるための車」という考え方ではなくて、
その名の通り「動く家」の概念になります。

そのため、車自体もかなり大きくなり、トイレもシャワーも付いています。
お値段は1500万円前後でしょうか。もちろん上を見たらもう少し高いものも全然あります。

ニートRV公式HPより

ニートRV公式HPより

その長さは7m級!

日本にはそもそも、このサイズのベース車がないので欧米車ならではのサイズになります。
国産のバスコンを選ぶか、輸入車を選ぶか、そこはもう好みの問題だと思います。
キャンピングカーの本場である欧米のキャンピングカー、こちらも必見です。

ニートRVさんのHPはこちらから
http://www.neatrv.com/index.htm

 

Tackle’s Point

王道のキャンピングカーを一通り見たら、次はこのような変り種はいかがでしょうか。
キャンピングカーって、本当に出会いだと思うんです。
たまたま対応してくれたスタッフさんが親切で、何十年の付き合いになったなんて素敵な話もよく聞きます。
ジャパンキャンピングカーショーでは、僕もyoutubeの撮影に出かけますので、
見かけたら声かけてくださいね\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

ジャパンキャンピングカーショー公式HPはこちらから
https://jrva-event.com/jccs/#/boards/jrv

 



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!