【ゆるキャン△飯】餃子50個入った、あの坦々鍋を実際に作ってみた!

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日はちょっとブレイクタイム。

ということで、

 

餃子が50個入ったあの坦々鍋を
実際に作ってみた!!!

という企画になります( ´ ▽ ` )!

 



 

ゆるキャン△をご存知の方も多いと思いますが、
簡単に説明すると、女子高生たちがゆるーくキャンプにハマっていくという漫画・アニメです。
最近、女子キャンプブームが到来しておりますが、そのブームの火付け役になったアニメになります。

アニメに出てくるキャンプ場が、
行ったことある人にはテンションが上がるくらい上手に描写されてまして、キャンプ好きな方にも人気があります。

包丁も使わずに、ハサミだけで!

今回作るのは、
ゆるキャン△のアニメ、第3話に出てくる餃子坦々鍋です!

主人公のなでしこちゃんが、リンちゃんにもらったカレー麺のお礼に作った坦々鍋。
「なでしこの恩返し…。」というリンちゃんの一言がツボです。

ではー。
レッツクッキング\\\\٩( ‘ω’ )و ////

まずは材料から見ていきましょう!

ネギって運ぶとき意外と面倒だよねWWW

まずはネギ。
冬の野菜の代表選手ですね。

ネギを選ぶポイントは、やっぱり身がしっかりしていること。
夏のネギを触ってみると、中がスカスカだったりします。

また、見た目から選ぶときは、
白い部分と緑の部分の境目がはっきりしているものがいいそうです。あとたまに、緑の葉の部分に白い粉のようなものが付いているの見ませんか?あれって、 よく生育している証拠でいいネギなんだそうですよ!

 

白菜の鮮度ってわかりにくいよね。

白菜は芯の部分が盛り上がっていないものを選びましょう!
白菜って、鮮度が落ちると芯の部分が盛り上がって厚みが出てくるんだそうです。
そのため、断面が平らなものを選ぶのがポイント。

面白いことに、
白菜は外の葉から成長していって、外の葉から中の葉に栄養が送られ、大きくなっていくんだそう。
つまり、中の葉が盛り上がっているのは、カットされた後に外の葉から中の葉に栄養が移ってしまっている証拠。
ぜひチェックしてみてください!

 



もやし一袋。

もやしはあまり選ぶポイントないですWWWW
ただ、意外と賞味期限が短いので、そこはチェックしてもいいかもしれませんね。
でもまぁ、一袋使うならスーパーのためにも前の方から取っていくのもアリかなぁ。

あ、後もやしの産地はチェックしたほうがいいです。
おそらくですけど、産地って収穫された場所が表記されています。
もやしを調べてみたら、種は外国産のものもありました。
値段が安すぎるもので、外国産のものに抵抗がある方は30円から40円くらいのもやしを選びましょう。

 

豆腐とシメジはお好きなものを。

 

お豆腐とシメジは正直なんでもいいです。
上記の野菜を、ハサミで一口大にカットして、お鍋に入れて、煮るだけです。
誰でもできます。

どーんと餃子50個

買いました、冷凍餃子50個。
大阪王将の餃子です。定価だと1,000円以上するのですが近くのスーパーで580円で買えました。
ゆるキャン△アニメでは静岡の浜松餃子を使用していましたが、そこはお許しを。

 

餃子のおかげで見た目もよし。

ついに完成ーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

と言っても、前述の通りハサミでカットして煮るだけなので、手間いらずです。
坦々鍋の素で普通にお鍋をすると個人的はちょっと味が物足りないんです。
そこで、ニラと餃子を入れると味にパンチが出るのと、餃子のお肉で少しコッテり度が増します。

冬の寒い時期に、アウトドア先で最高の一品になりました\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 

 

Tackle’s Point

アウトドアに出かける際に壁になるのが料理だと思います。
BBQセット持ってないし、炭で火を起こせるかなーとか。
でも、カセットコンロを持って行くのも全然アリなんですよ!
ハードルを下げて、是非楽しいキャンプをしてみてください( ´ ▽ ` )

 



 



The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!