キャンピングカーも個人売買がされている!!メリット、デメリットは?

皆さんこんにちは。ボタモッチでございます。

キャンピングカーの個人売買!?

買い手、売り手ともにお互いの同意で車両を売買することです。

取引をするときに業者を入れずに名義変更だけで済ませることを個人間売買といいます。

消費税の増税で益々個人間売買のニーズも大きくなりそうな車業界ですが、実はキャンピングカーも個人間売買がされています。

個人売買の良し悪し

では、実際どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか!?

興味もあったので調べてみました。

個人間売買のメリットは??

売り手側

業者に売るよりも高く売れる場合がある。

買い手側

業者で買うよりも安く買える場合があるし、消費税がかからない。

個人間売買のデメリットは??

売り手側

売却した後に、買い手側が名義変更をしていない可能性もある。

また、お互い同意したが、後程トラブルになることがある。

買い手側

支払いはしたが、車両が届かない可能性がある。

クーリングオフがないので、車体を返品出来ない

事故車であることを隠蔽されてもわからない。

故障したとしても自己責任で直さないといけない

他にも注意すべき、問題点

盗難車の場合もある!?

購入後トラブルになることも多い。

現状ではメリットよりデメリットの方が多い!?

メリット、デメリットを比べるとメリットは金銭的な面で、デメリットはリスクがたくさんあることですね。

リスクなので必ず問題が発生するのではないですが、発生したら大変です。

個人間売買も車を見る目が必要です。もともと車業界でバイヤーをしていた人がやるならいいかもしれないですが、素人の場合は厳しいというのが現状ですね。

業者も買ってくる場合がある。

個人間売買のサイトで個人のふりをして業者が買っている場合もあります

そもそも転売目的で個人が勝手いる場合もありますから、安く売ったはずの車が少し高い値段で売られていることもあります。

キャンピングカーは更に難しい。

キャンピングカーは中古車でも値段があまり落ちません。走行距離が10km超えでも値段がついて振られています。

それは後部の部屋に価値があるからです。

キャンピングカーは、走らなくなっても牽引してトレーラーハウスとしても価値がありますよね。

キャンピングカーの査定は「車」、「後部の部屋」、「電気系統」と確認するところが多岐に渡ります

故障を発見しても、修理する技術も特殊。

よって一般的な自動車よりも査定は難しいと思います。

検査会社、保証会社が出てくるのでは?

個人間売買のデメリットは信用リスクが多い。

逆にリスクをカバーしてくれる会社があれば個人間売買のメリットを享受できるはず。

例えば、不動産取引のような。

売り人、買う人は個人だけど取引の間に不動産会社が入り、万が一あった場合は不動産会社が対応してくれます。

取引管理会社ができてくると個人間売買のマーケットが成長してくるかもしれないですね。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
ボタモッチ

ボタモッチ

三児のお父さん。 子供達と一緒にアウトドアを楽しもうと試みてキャンピングカーを購入。 週末は子供達と、デイキャンプしたりして楽しんでいるそう。 普段はバリバリ働くサラリーマン。

ABOUTこの記事をかいた人

ボタモッチ

三児のお父さん。 子供達と一緒にアウトドアを楽しもうと試みてキャンピングカーを購入。 週末は子供達と、デイキャンプしたりして楽しんでいるそう。 普段はバリバリ働くサラリーマン。