【車中泊マット】車中泊を快適にするコンパクトなマット!クライミットの「イナーシャオゾン」!

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今回ご紹介するのは私ウルトラライトキャンパーであるたかにぃお気に入りのエアーマット。

これを車中泊で使って見たところ、かなり良かったので紹介いたします。

基本スペック

基本情報

サイズ: 183 cm x 54.6 cm x 4.4 cm

パックサイズ 8.9 cm x 15.2 cm

重量:346g

付属品: スタッフサック、修理キット(あて布、接着剤)

(アマゾン参照)

厚みが4㎝以上なので、そこそこ厚い。

何より、修理キットが付属なのは安心ですね。

サイズ感

一番左はイスカのコンフィライトマットレス180。真ん中がイナーシャ オゾン。

ご覧のとおり、350ml缶より少し大きいくらいのサイズ。

基本的にエアーマットってどれも収納力があるものが多いですが、オゾンは中でも特に収納性に優れています。これくらいのサイズならパッキング時もかなり助かります。

実際に使って見て

枕が良い

頭部の窪みがしっかりと頭をホールドするようになっています

また、本体と枕がくっついていることで寝てる間に枕の紛失がありません。

エアー枕って私も使ったことありますが、寝ている間にどっかいっちゃうんですよね。

これは助かっています。

ボディーも気持ち良い

クッション性が高く、平らなタイプのエアーマットよりは身体がホールドされてる感じ。

因みに私の身長は168cm。少し足が余るくらいでした。

ただし、膨らまし方が足りないと尾てい骨の部分だけ潰れて、地面に直接当たることがあります。

寝る前に空気を少し足して、パンパンにしておくこと!(昼間に膨らましても、夜の冷えのせいで少し萎んでることがある。)

 

膨らますのが簡単

エアーマットの最大のデメリットって膨らますのが大変なことですよね。

イナーシャオゾンは余分な箇所を切り取って、「穴ぼこ状」であるので通常のマットよりも遥かに空気の入れる量が少ない。

よって設営簡単!

実際に膨らまして見たところ、枕は2回、ボディーは7回息を吹き込むだけで済みます。(大きく深呼吸して膨らましてます。)

冬場は注意

こんな標高2000mの、まだ雪の残っているような場所でも寝てみました。

低地であれば春夏秋と問題なく使用できますが、冬場は流石に地面からの冷気に耐えられません。

断熱のスペックが足りない。

地面からの冷えで起きた経験があります。

解決策

寝る前にカイロを腰と足に貼るといいです。意外といけました。標高2000mの残雪した山で快適に夜を越した経験があります。

また、ロールマットをその下に敷くのもかなり効果的です。

−10度レベルでも就寝することができました。

耐久性

エアーマットなので、穴が開くともちろん使えなくなります。

地面に接する面積が小さい所も考慮すると、普通の平らなエアーマットに比べると荷重かかりがち。穴開く確立が高いのではないかとは思います。

一応修理キットは付属されてはいるのでセットにして持ち歩くのが無難ですね。

以上を踏まえて

単体で使うならば夏場が主流なんだろうと思っていましたが、全然そんなことない。

春も秋も使えるし、ロールマットとの併用にはなるけれど、冬場もガンガン使っています。

何より寝心地が最高なんです。


穴が空いた時の修理方法が気になる方はこちらもチェック!

【キャンプメンテナンス】リペアキットでエアーマットを修復してみた!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。