キャンピングカーの駐車テクニックを伝授!

みなさんこんにちは、キャンピングカーTVのTackleです\\\\٩( ‘ω’ )و ////

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

最近ありがたいことに、
イベントでお会いした視聴者の方から、キャンピングカーについての質問を受ける機会が増えました。

例えば、
「キャンピングカーの購入を検討してるんですけど、どんな車がいいですかね?」
とか、

「キャンピングカーみたいに大きな車ってちゃんと駐車できますか?」

などなど。
普通車免許で運転できると言っても、普段なかなかあの大きさの車を運転する機会は少ないですし、
僕自身も慣れるまで(慣れてきた今でも)、駐車は緊張します。

 

 

本日は、キャンピングカーの駐車テクニックを伝授します!

と、言っても僕自身もまだ歴1年ちょいなので練習中ですが笑。

 

 

キャンピングカーは意外と駐車場に入る!

そもそも論なのですが、
結構駐車場を探すのは大変です。その上で、お話ししますと

クレソンボヤージュは全長5m×横幅2mほどの大きさです。
コインパーキングにだって実は入れることができます。

しかし、隣に大きな車が来た時点で扉を開けることができなくなります。
なのでコインパーキングに止めるときは2台分の真ん中に停車する方がいると聞いたこともあります。

 

意外と駐車場にも入ります。

このようにギリギリですが駐車場に入ります。
うちの場合はキャンピングカーのレンタカーをやっていて
クレソンボヤージュが3台あるので、キャンピングカー2台に対して3台分の駐車場を借りています。

 

前置きが少し長くなりましたが、
では早速駐車していきましょう!

 

ミラーをしっかり見ることがポイント!

右折はこんな感じに見えます。

クレソンボヤージュのベース車はトヨタのカムロード。
もともとDYNA(ダイナ)という名前のトラックをキャンピングカー向きに改良したものです。

街で走ってる宅配便などのトラックのミラーと同じなので、
そこらへんの安全性は高いと思います。
免許の講習でも言われますが、
もし早めにハンドルを切りすぎた時は、焦らずそのままバックしましょう。
当然ですが、同じ道を通るので元の場所に戻れます。

 

バックモニターでハンドルを切るタイミングを確認!

これがバックモニター

ごめんなさい、
反射でかなり見えずらいと思いますが、これがバックモニターです。
これは常時車の後方が映し出されるモニターで、オプションで購入したものです(値段は工賃入れて、2〜3万円くらいだったような)。

標準装備は、
バックギアに入れた時だけ、カーナビにモニターが映る(普通車についているようなやつです)がついていますが、個人的にはこのモニターがあると本当に運転が楽になるのでオススメです。
当たり前ですけど、キャンピングカーのルームミラーは、キャブコンの場合ですと使い物になりませんからね。

 

ハンドルを切るタイミングを掴もう!

ハンドルを切るタイミングを掴もう!

あ、画面に映っているのが僕(右)とCAMPたかにい(左)です。
撮影時は気が付きませんでしたが、おばけみたに見えますね笑。

なんて話は置いておいて、

ハンドルを切るタイミングは、後輪が障害物を過ぎたら全切りする!

です。
これは駐車に限らず右左折するときも一緒で、
後輪が障害物を過ぎれば内輪差でぶつけることもありません。

右側の駐車場に駐車するときの流れはこれだ!

慣れれば安心!

①駐車場に対してキャンピングカーを直角にする
②なるべく右側に車を寄せる
③まっすぐバックを始める
④駐車したい場所の手前側の白線を、キャンピングカーの右側後輪が過ぎたところでハンドルを目一杯右に切る

です。

で、実はこれ

左側に駐車するときも全く一緒の工程になります!

 

僕は右側のミラーの方が自分に近く、駐車しやすいのでいつも右側の駐車場に入れるようにしてます。
多分初心者の方は右側から練習した方がやりやすいです。

 

 

と、いうわけでキャンピングカーの駐車テクニック講座でした\\\\٩( ‘ω’ )و ////

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!