キャンピングカーの種類紹介!フルコン・セミフルコンって何?

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

フルコン・セミフルコンって何??

フルコン

フル・コンバージョンの略なのでフル(全部)コンバージョン(改造)したキャンピングカーということであります。

専用のシャシー(車体におけるエンジン、可動部、下部フレーム)に全てを架装するということです。

つまりその上に乗る全ての架装部分をビルダーさんが作るということ。

シャシー。本当にエンジンとタイヤと下部のフレームしかない。。。

しかし、日本ではまだキャンピングカーの市場も狭いこともあり、この「シャシー」をつくる自動車メーカーがなく、

フルコンは輸入のみになります。

また、フルコンは一般的にかなり大型なキャンピングカーになるため、日本での走行には向いていない。

しかし最近では海外でも比較的コンパクトなフルコンが生産されているので、それが日本に輸入されています。

セミフルコン

セミフルコンはマイクロバスのキャブ部分(頭部)のみを残し、身体部分カットし。シャシーだけ。

その土台にシェル架装します。

国内ではシャシーが生産されることはありませんので、マイクロバスを使用する方法が考案されたのです。

つまりは日本独自の発想であり、国内産ではセミフルコンは1番大きいサイズとなります。

実際に比較してみた

「結局のところセミフルコンとフルコンって何が違うの?」

って感じるかもしれません。

ちょっと比較してみましょう。

フルコンの特徴

キャンピングカーの中でも最高グレードなのもあって室内の高級感が半端じゃないものが多い。

アドリアの「Sonic Supreme」を例として見てみます。

外装はこんな感じで確かに大きいけど、シンプル。

フルコンのほとんどは全長6メートルを超えます。

「Sonic Supreme」は7.5m〜8.8m。

内装がやっぱりすごいんですよね。

なんというか、もうお家を超えて、高級ホテルじゃないですか??

めちゃめちゃ良いですね。このキャンピングカーで過ごしてみたいって思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
ほえ〜。すんげぇな。

セミフルコンの特徴

セミフルコンの場合は何もない状況(シャシー)からつくる訳ではないので、必ずベース車というものが存在する。

今回はRVビックフット社のACSオアシス5.9を例として見てみましょう。

ベース車はトヨタのコースターと言うことで。

これがトヨタのコースター(出典:トヨタ)

いかがですか?

確かに

  • 頭部(運転席部分)
  • 可動部分(タイヤ)

あとの土台部分はシェル架装になっていることがお分り頂けるでしょう?

そして運転の心地云々はベース車によります。

今回はマイクロバスなので、実はエンジンの馬力に関しては10人以上を乗せる事を前提としているので実は大きくても、問題なく坂を登れるようになっていたりと工夫がされています。

   

内装の面積的にはフルコンには劣りますが、ベッドは広いし、トイレ・シャワースペースが装備されていたり、十分に広い。

そして高級感がありますね。

さすがは国産No.1。セミコンでございます。

まとめ

キャンピングカーに興味を持ち始めた方も

キャンピングカーは知ってはいたけど、「ところでフルコン・セミフルコンって一体なんだろう?」って知らなかった方もこれで理解できたのではないでしょうか??

いろんなキャンピングカーを知ってキャンピングカー博士になりましょう!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。