軽トラモバイルハウス あーりーさんの軽キャン

ども。サルーす。

今日は軽トラックで自作モバイルハウスを作られた「アーリーさん」の話をしようと思います。

「モバイルハウス」とは

「モバイルハウス」は「移動ができる家」のことです。

「レジャー用」として使うことが目的であるキャンピングカーとは違って、モバイルハウスは「小さく暮らす」ことが主たる目的になります。

2015年10月17日の話です。

沖縄の軽トラキャンパーレジェンドの「あーりーさんご夫婦」(本名:有村博勝さん・めぐみさん)と 「愛犬のラブちゃん」が「まいまい号」で日本一周の旅の途中で青梅に住んでいるいとこの家に立ち寄ったので 遊びに行って来た。

まいまい号??

ベース車両は三菱の2002年式「ミニキャブトラック・2WD」を中古車で購入。(軽トラです。)

モバイルハウス部は廃材や解体屋で入手したクルマのパーツなどを使って作られた

「まいまい号」(製作費は客室だけで20万円強)

脱着可能な自作モバイルハウスを軽トラに装着するので普段は軽トラとして運転して 旅の時に装着するという無駄のないスタイル。

「まいまい号」って自分の住居を脱いだり、装着したりというイメージが、カタツムリのようなので「まいまい」と名付けたそうですよ。

内装をご紹介

そんなモバイルハウスですが、内装がとっても凝っています。

一部をご紹介いたします。

バンクベッド部

バンクベット部には大人一人分が就寝できるスペースがあります。

バンクベッドの上部には排気口やルーフが付いているから、圧迫感がなく自然を感じながら 快適に過ごせる工夫がされている。

フロア部

こちらはフロアにあるソファー兼ベッドです。

緻密に計算された設計は、

  • 室内が少しでも広く見える構造
  • 風が抜けるような窓作り

などなど、 小さなスペースで大人2人とワンコ一匹が快適に過ごせる工夫が満載でした!

曲線にこだわったと言っていた跳ね上げ式のアシストテーブル、シンクに蓋をすれば広いテーブル となるキッチンはアイディアがいっぱい。

一見、乱雑に設置している様に見えるけど無駄が無く限られたスペースを利用して収納を 増やし、あーりーさん夫婦が使い勝手が良い配置に作られている。

日頃、この空間でどの様に調理して食事をしているかとか、実生活について説明してくれてました。

電気関連

天井部には150Wのソーラーパネルが二枚設置されていて、生活に必要な電力を供給している。

メイン・サブの電圧、ソーラーパネルの充電管理などをこの一角で管理してます。

アーリーさんイチオシの滞在時に活躍する手動のジャッキ。

これで固定すれば足回りの負担を軽減出来る他、傾いた地でも高さの調整で水平が保てるから 何をするにも快適。

特に就寝時の水平は快眠に繋がる重要なポイントなので、このアイディアは 素晴らしいですね!

 

きっかけ

そんな「まいまい号」を制作するにあたってきっかけになったのが、2011年の東日本大震災。

アーリーさんはボランティアに行ったそうなんですよね。

その時泊まれる場所がなかったり、電気がなかったりしたことから、自走式のお家を作ることを決意したんだそうです。

まとめ

「生活に必要なエネルギーを無駄に消費するのではなく、限られたエネルギー量に合わせた生活をする。

自然を活用した生活スタイルにシフトすることが重要。」

とアーリーさんはおっしゃっていました。

自然の恵みやありがたみを感じながらのライフスタイルですね。

その為のノウハウを一つ一つお話してくれて、質問に対しても丁寧にお答えしてた アーリーさんご夫婦はとても気さくで気持ちの良い方達だったなと感じています。

現在は「まいまい2号」で年に数ヶ月間、全国を旅しながらキャンパーやパーマカルチャー に関するイベントに参加したり、ご自身も講演を行っているそうです。

今度、沖縄に行った際は、是非お会いして興味深いお話を聞きたいです。

 

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。