【キャンピングカー買取査定】キャブコンっていくらで売れるの?結構高く売れるらしいぞ!

キャンピングカーの中でも、1番王道な存在として知られている「キャブコン」。

そんなキャブコンなのですが、実は結構高く売れるらしいので調べてみました。

キャブコンの需要

ナッツRV社公式HPより

そんなキャブコンは実はキャンピングカーの中で1番需要があるそうです。

初心者共にも乗り換える人にもキャブコンは注目されがちで、特にバンコンからキャブコンに乗り換える人は多いみたいですね。

先日も実際にバンコンでキャンプされている方に聞きましたが、お子さんが大きくなったりするとどうしてもバンコンでは少し狭く感じ、キャブコンが欲しくなるそうです。

なので、バンコンよりはキャブコンの方が需要としては大きい。

キャブコンとバンコンを比べると

キャブコンが高く売れることをわかりやすくするために、バンコンと比べてみることにします。

査定が高い

キャブコンもバンコンもキャンピングカーの中では最も好まれる車両です。

しかし実は査定ではバンコンの方がどうしても査定が低くなってしまう。

特にキャブコンに関しては年数が増えるほど残存の価値の低下が緩やかになるそうですね。

需要と供給

そもそもキャブコンとバンコンの需要の違いとしてどんなものがあるのか、少しまとめてみました。

バンコン

旅にも使えるし、普段使いにも便利なので、最初の一台としてキャンピングカーを購入されるバンコン。

新車・中古車共に台数が多く、特に中古のタマは多いらしいです。

理由としてはバンコンからキャブコンに乗り換えるパターンが多いから。

家族でバンコンを使い始めて、「子供が大きくなって来たからそろそろキャブコンにしようと思う。」という意見は私も何度か耳にしたことがあります。

というわけで、

  • 最初の1台になる
  • 新車中古車共に台数が多い
  • バンコンからキャブコンに乗り換える

というのが理由ですね。

キャブコン

キャンピングカー初心者が1番最初に目を付けるのは恐らくキャブコンなんじゃないかなと思います。

一度キャブコンを見てしまうとその憧れが捨てれずに、他の車両には目もくれず、キャブコンに決定!なんてケースもよくあるのではないでしょうか??

また、キャブコンも色んな種類がありますから、キャブコンからキャブコンに乗り換えるケースも多いそうです。

中古として売られるのにも、キャブコンはバンコンよりも台数が少ない。

中古車市場ではキャブコンの台数も少ないそうなので、当然高く売れますよね。

というわけで理由としては

  • 最初の1台になる
  • 新車中古車共に台数が少ない
  • キャブコンからキャブコンに乗り換える

になりますね。

保存状態

注意しておきたいのが、この保存状態です。

いくらキャブコンが高く売れるとは言っても、「FFヒーターが壊れていて使えない。」「シートがボロボロ。バネがもう壊れている。」「事故で凹んでいる。」などあれば当然、査定は低くなります。

キャブコンも我が家の大切な資産だと考えるならば、極力綺麗に使っておきたい所ですよね。

まとめ

こうやってバンコンとの需要共有で見ると、キャブコンの査定は高くなる理由もわかりますね。

もっと言えば、バンコンを購入する際は中古にしておいて、キャブコンに乗り換える時は新車にするのは結構ありなんじゃないかなと思いますね。

いずれにせよ、安い買い物ではありませんので、しっかりと売る時の事も考えながらどのキャンピングカー にするのか決めたいところですよね!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。