【キャンプの知識】BBQやキャンプで使える。火を起こす方法。これであなたも困らない!

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はBBQやキャンプデビューを測るお父さんお兄さんの為に、火起こしの基本を話そうと思います。

火を起こすのは意外と難しい

皆さん普段ガスコンロで火を調理をするので、ボタン1つ。

一瞬で火を起こせるような環境にいるとは思うのですが、アウトドアになるとそうはいきません。

例えば

炭に火が移り、BBQができるようになるのに、ライターを使って炭を炙るのでは火を起こすのはほとんど不可能です。

薪にライターで火を炙ってもなかなか火をつけられるものではありません。

これ、意外と知らないもんなんですよね。

早く火を起こしてお肉を焼きたいのに、1時間も2時間も火がつかず、呆然と立ち尽くすグループも少なくないと聞きます。

火を起こしに必要な道具

炭でも薪でもやり方はそんなに変わらないですが、火を起こすには道具が必要です。

その道具は

  • 着火剤
  • うちわ(風を起こせる物)

になります。

着火剤

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L CK-30

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L CK-30

399円(03/20 20:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

着火剤ってどんなものが良いのか?

ホームセンターなどでアウトドア用品コーナーに置いてあります。

液体状や固体状の物がありますが、どちらもライターで火をつければ一定時間持続して炎を出し続けます。

その火に当たるように、かつ、火が消えないように炭や薪を載せましょう。

また、新聞紙やダンボールでも立派な着火剤になります。

新聞紙はペラペラで、そのままだと一瞬で燃え尽きてしまいますが、てるてる坊主のような形にすればそこそこ長い間燃え続けてくれる。

ダンボールもヒラヒラなもの、クルクル巻いて固めたものを準備すればこれもそこそこ長持ちするものです。

うちわ

風を起こすことのできるアイテムならば別にうちわでなくても大丈夫。

ダンボールの切れ端などでも十分風を起こすことはできます。

タイミングとしては炭や薪が赤く光り始めた時ですね。

風を送ることにより酸素に反応して更に温度が上がります。

風を起こすための面白いアイテムもあるので是非チェックを!

火を起こす方法

火を起こすのに、まず着火剤に火をつけて薪や炭にポイっと入れるのかと思いきや

そこでもちょっとしたコツがあるんです。

まず、炭も薪も小さめに割っておく必要があります。

大きいサイズの炭(薪)と小さいサイズの炭(薪)の両方をあらかじめ作っておきます。

最初に火をつけるのは大きいのと小さいの、どちらでしょう??

答えは簡単、小さい方です。

私の場合は大きい炭(薪)を下に敷いて、その上に着火剤を置いておき、その上に小さな炭(薪)。

着火剤を潰さないように置いていきます。

最初のうちは風は送らず、じっと見守りつつ炭(薪)に火がついていくのを観察。

火がつき始めたなと思った時に、小さい炭(薪)を追加していきます。

最初が大変

最初が大変です。

火がつくのが1番難しい

ですが、はっきり言って一度火が着いてしまえばあとずっと燃えてくれる。

そして大きい炭を入れても小さい炭を入れても変わりません燃え続けてくれます。

が、一応役割り的には

  • 大きい炭(薪):長く燃え続けてくれる
  • 小さい炭(薪):早く燃えて温度をあげてくれる

という役割なのだと認識しています。

火を観察しながらこの役割をしてくれる炭(薪)を入れてあげましょう

まとめ

「火を起こすなら」ということで説明しました。

しかし厳密に言いますと当然他の道具が必要になります。

  • 軍手や革手袋
  • 炭取りバサミ
  • BBGコンロや焚火台
  • ナイフや鉈。(薪を割る場合)

など、しっかり準備しておきましょう。

また、たくさんの落ち葉の上だったり、車やテントの近くだったりと、引火したらヤバそうなものの側ではやらないのも大切です。

最低限のルールを守って楽しくBBQやキャンプをしましょうね!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。