【自作キャンピングカー 】ハイエースをDIY!側面の暖熱処理をやってみた!

ども、サルーす。

断熱処理

天井と床の断熱処理を装備してきました。

私は今回、「ハイエースの側面の断熱処理」を行いたいと思います。

車には窓ガラスがありますよね?

この窓ガラスって冬の冷気や夏の太陽の熱の侵入が一番影響受けるんです。

だからカー用品店や100円ショップでも色んなサイズや模様のサンシェードが売られています。

しかし、そのようなアイテムでは気持ち程度にしか断熱ができませんので、しっかりとした断熱処理をしてみようかなと思います。

作業開始

作業① 内張りを外す。

こちらは左側のリアクォータパネルを外した写真です。

こちらは右側のリアクォータパネルを外した写真です。

このハイエースは「スーパーGL」なのでリアヒーターがあります。

あると寒い時期には便利なのですが、断熱処理やベットを作る際にこの出っ張りが意外に邪魔なんですよ。

だからと言ってリアヒーターを外してFFヒーターなんて高価なものを付ける予算なんてないので現状維持で作業を進めていきます。

毎回、パネルを外すのってちょっと勇気が入りますよね。

変に引っ張るとピンが壊れてしますので出来ればやりたくない作業ですが、これをやらないと先に進まないので頑張って外しましょう!

私は何箇所かのピンを割ってしまいました・・・・

今後、パネルを外すかもしれないのでちょっと見た目は悪くなってしまいますが、パネルの表面にピンの位置をマジックで印しておくと次回の時に力を入れるポイントが分かるので便利です。

作業② 断熱材を付ける:その1

床の断熱処理の時にも使った「発泡ポリエチレンシート」を使います

リアヒーター、スピーカー、ダクト部分、ピンの穴をカットして側面全体に貼っていきます。

本来は耐久性とかを考えるとボンドとかで貼り付けるのがいいのですが、将来もっといい素材が手に入って剥がしたいと思った時に剥がせなくなってしまうのがイヤなので、

すぐ外せるように両面テープとガムテープで貼り付けました。

きっと何年かするとテープの劣化で剥がれてしまうんでしょうけど・・・

補足

注意点

ここでポイントはこの四角い穴です。

この側面に空いている穴は外との空気孔みたいなものなので、これを塞いでしまった方が外気の空気を入れないという意味ではいい。

しかし塞いでしまうと車内の空気が淀んだりドアやハッチを閉めた時に車内の空気の逃げ場がなくなって閉まりづらくなるのでカットしておきます。

作業② 断熱材を付ける:その2

続いてさらなる断熱処理を行います。

先ほど貼り付けた「発泡ポリエチレンシート」だけですと力不足。

なので「ポリエステル不織布」を側面全体に取り付けて、更に窓ガラスの部分にはキルト生地を取り付けることにしました。

「ポリエステル不織布」は厚さ30mmのものを使ったのでかなりの断熱効果を期待します。

取り付け方法は必要なサイズにカットします。

両面テープだとすぐに落ちてしますのでクリップで仮止めしておいてリアクォータパネルやリアのピラーを取り付けながら固定します。

「ポリエステル不織布」とは

不織布素材は、耐久性・通気性・ろ過性・保温性などの物性に優れており、ポロプロピレン、ポリエステル、レーヨン、など多種多様な素材を、目的に応じて自由に成形することができます。

また、不織布の種類は豊富で、原材料、製法や構造によって柔らかさや強度も変えることができます。

作業② 断熱材を付ける:その3

内張にも「発泡ポリエチレンシート」「エマージェンシーシート」を付けて、さらなる強化をします。

完成!

「ポリエステル不織布」にピンの穴あけ位置を調整したりはみ出した箇所をカットしたりしながら各パネルを取り付けるのが大変でしたが、何とか完成しました。

簡易的にするならサンシェードを使うのもいいのですが、どうせやるなら完全にシャットアウトしたいと思って色々調べて取り付けたので、それなりには断熱効果はあると思います。

これで雪の中でも快適に過ごすことができました。

是非みなさんもやってみて下さい。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。