【キャンプ初心編】ダッチオーブンでキャンプ飯をつくるのに必要な道具6選!!

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は焚火大好きな私がダッチオーブンで料理をするなら何が必要なのかを皆さんにご紹介しようと思います!

焚火飯でキャンプを楽しもう

とにもかくにも、キャンプで焚火飯をつくるのにみなさんどんなイメージなのかを確認しておきたい。

焚火して、その上に大きな鉄鍋を置いて、グツグツ。

キャンプの雰囲気を最大限に感じるにはやはり焚火で料理を作るのが最適でしょう。

そういった料理にはダッチオーブンスキレットがあると便利!

今回は是非ともダッチオーブンでの焚火調理に着目したい。

焚火飯に必要なもの

というわけで、雰囲気のある焚火飯で楽しむのに必要なキャンプ道具を紹介していこうと思います。

ダッチオーブン

まずは当然ダッチオーブンです。笑

最近はアウトドアメーカーだけではなく、ニトリでもダッジオーブンを出していますので、お求めやすくなっています。

また、できるだけ収納袋が付いているものを選ぶ方が良いと思います。

錆びにくいダッチオーブン

ダッチオーブンは手入れをしないとすぐに錆びてしまう。

シーズニングが必要なんです。

そこで面倒くさがりやな人には嬉しいステンレス製のダッチオーブンもあります。

これなら収納バックもリフターも付いている!

底網

ダッチオーブンに直に野菜やお肉をゴロゴロ入れて加熱すると、必ず底が焦げます。

なので、底網が必要。

しかし、ダッチオーブンの底のサイズによって底網の大きさも変わって来るので、きちんサイズはチェックしましょう。

ロゴス D/O焦げつき防止ラック 81062213

ロゴス D/O焦げつき防止ラック 81062213

1,004円(06/24 12:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

底網には種類もあって高さの出せる「底上げネット」というのもあります。

ピザを焼くにはこういった高さのある底網が効果的です。

リフター

リフターとはダッチオーブンの蓋を開ける時に使用します。

直接手で開けると必ず火傷してしまうので、リフターを蓋の取手にひっかけて開けましょう。

スタンド

ダッチオーブンの蓋を開けた時、その蓋をどこに置けば良いのか困ることがあります。

そんな時に必要なのがこのダッチオーブンのスタンド。

丈夫なスタンドなので、ダッチオーブン本体を置いたって大丈夫!

五徳(ゴトク)

お鍋を焚火の上に固定するにはゴトクが必要になります。

ただ、焚火台によってはこのゴトクが必要ない場合もあるし、このゴトクが使えない場合があるので注意。

直火キャンプ場ならば問題はありません。

革手袋

直接ダッチオーブンの蓋を触る事は基本的には無いですが、革手袋をしておく事で、大幅に火傷のリスクを減らすことができます。

値段もそこまで高く無いので、1つ持っておくといいですよ。

こんなのもあるよ!

更に焚火飯を楽しむアイテムがありますので、興味のある方は是非どうぞ。

◆トライポット

尾上製作所(ONOE) ハンディトライポッド HT-141

尾上製作所(ONOE) ハンディトライポッド HT-141

3,581円(06/24 20:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

◆火吹き棒

◆焚火囲むテーブル

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

6,905円(06/24 20:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

注意!

ただ、焚火飯をする時は火の取り扱いに十分に注意してください。

特に、鉄鍋が熱々になっているとほんの少し触っただけでも火傷してしまいます。(お恥ずかしながら私は何度か火傷をしたことがあります。)

ポイントは次の動作に移る時に一呼吸おくことと、必要最低限の道具はケチらないことですね。

また、食事中も焚火があまり燃え上がっていないか注意して見ておきましょう。

風の強い火の焚火の火の粉はとっても危険です。

まとめ

以上で焚火飯に必要なキャンプ用品の紹介を終わります。

しっかりと道具を使いこなすことで、安心安全なキャンプ飯を楽しみましょう。

因みに、キャンプ飯系の記事もあるから是非一度見ていただけたらと思います!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。