【キャンピングカー入門】サブバッテリーの充電は時間がかかる??充電方法は??

みなさんこんには!CAMPたかにぃです!

今日はキャンピングカーのサブバッテリーについてのお話をしようと思います。

サブバッテリー

「キャンピングカーのサブバッテリーの充電時間はどれくらいなのだろう??」

と、言われても実際はそのバッテリーの容量によって時間が変わってきます。

それにどれくらいのレベルで電気を使うかによっても、電池の減りは当然変わりますから、一概に

「〇〇時間!!」とは言えませんよね。

そこで、どうすれば良いのか考えて見ましょう。

容量の計算

簡単な話、自分で計算できるようにするといいかもしれません。

では、どのようにして計算するか少し見ていきましょう。

まずキャンピングカーのサブバッテリーには105Aだったり、80Aがあります。

80Aの場合。

例えば、FFヒーターを稼働させた場合、1時間で消費する電力は1.6A

それを12時間稼働させれば

「1.6×12=19.2A」

となります。

この時点で80Aあったサブバッテリーには「80-19.2=60.8」と、残り60.8Aあるぞと判断できるわけです。

もちろん、その間車内の証明をつけたり、冷蔵庫がついていたりするので、条件はそれぞれ。

補足
因みに冷蔵庫は1.5A

LEDライトは0.5A!

バッテリーの残量チェック!

「バッテリーはどれくらい残ってるのかな〜?」

って思っても、実際スマホのバッテリー残量みたいなパーセンテージでは表してくれません。

電圧を見ることが必要になります。

スマホのバッテリーの様に例えてみると

  • 12.6〜12.8Vは満充電。
  • 11.5〜12.5V電池2つ。
  • 10.5〜11.5V電池1つ。
  • 10.5V以下は電池切れ。

という判断が良いようです。

電池切れなのに使うと

10.5Vまで下がってしまったのに使い続けるとどうなるのかと言うと。。。

満タンに充電しても元に戻りにくくなっていきます。

つまり、電池の容量が狭くなっていき、満タンに充電してもすぐに電池切れになる様なバッテリーになってしまうのです。

バッテリー、どれくらいで無くなる??

で、どれくらいで電池が無くなるか?ってとこですよね。

例えば80Aの場合。

冷蔵庫をつけて、全ての照明をつけて、FFヒーターも稼働させて、6時間もすれば電池切れになります。

だからその間には充電が必要になってきます。

充電はどうする??

充電方法としては3つ。

  • 走行充電
  • ソーラー充電
  • 家庭用コンセントからの充電

特に家庭用からコンセントの充電が確実でおすすめです。

RVパークや電源サイトのあるキャンプ場でも充電できますので、チェックしておきましょう。

 

まとめ

これで一通り、サブバッテリーの事はわかったのでは無いかと思います。

サブバッテリーの寿命を伸ばすのには絶対に知っておくべき知識かなと思います。

というより、キャンピングカー購入した時点で知るべきですね。

正しい使い方をして安全なキャンピングカーライフを送りましょう。

 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。