【DIY】タウンエースの中古ETC取り付け。ETCの電源の取り方。

ども、サルーす。

前回はETCを取付けるために、インパネ(センターパネル)の外し方をご説明いたしました。

今回はETCの電源を何処から取ればいいのかをご説明しようと思います。

ETCの電源は?

当然ながらETCを使うときは電源が必要となります。

赤い線がプラスで黒い線がマイナスから電気を供給します。

ETCの電源の取り先

ETCの電源を取り方は大きく分けて2つあると思います。

・シガーソケットから電源を取る
・ACC電源(アクセサリー電源)から取る

シガーソケットから電源を取る

ETCの電源をシガーソケットから電源を取るタイプもあり、プラグを差し込むだけなので特別な工具も必要ないので簡単に使えて便利です。

ですが、シガーソケットを既に使っていて差し込む箇所がない方もいると思います。

そんな方は、シガーソケットの分配器を取り付ければ複数の電源を取ることが出来ます。

上の商品はプラグ部に直接分配器がついているタイプで、下の商品はプラグからコードが出ているので目立たない場所や使い勝手の良い場所に分配器を設置できるタイプです。

自分の車にあったタイプを使われると良いと思います。

ACC電源(アクセサリー電源)から取る

ACC電源(アクセサリー電源)とはアクセサリーを直訳すると付属品や装飾品という意味で、車の走行に直接影響のない電装品

例えばナビやカーオーディオなどあまり電力を必要としないもののことです。

つまりエンジンを止めている状態でも使えるのは、ACC電源(アクセサリー電源)に接続されているからなのです。

キーを回してエンジンを始動するタイプの車では、キーを挿す部分にACCやONなどの表示があると思います。

このとき、キーを1段回してACCの位置にした時にACC電源(アクセサリー電源)に電気が流れるようになっています。

最近の車に多いプッシュスタートボタンの車では、スタートスイッチを1回押すことでACC電源(アクセサリー電源)に電気が流れるようになっています。

両者とも、キーをOFFにするとACC電源(アクセサリー電源)もOFFになります。

私は見た目をスッキリしたいのとシガーソケットからの電源供給は他の電装系に使う予定があるのでACC電源(アクセサリー電源)から電源を取ることにしました。

どこのACCから電源を取るの?

次に問題なのが、複数ある車両電源の中からどこからACC電源(アクセサリー電源)を取るかという問題です。

・ヒューズボックスから
・オーディオ配線から

ヒューズボックスから

最も簡単で初心者向きなのが、ヒューズボックスからACC電源(アクセサリー電源)を取る方法です。

車の配線には漏電やショートに備えてヒューズが接続されています。

重要な電源配線でもあるACC(アクセサリー)電源ももちろんヒューズに繋がっていますので、ヒューズボックスのACC、車種によってはSOCKETやCIGAR、RADIOなどと書かれた場所にあるヒューズからACC(アクセサリー)電源を取ることができます。

★ヒューズから電源を取る時に便利アイテム

オーディオ配線から

ヒューズボックスと並んでメジャーな方法が、車のオーディオ配線を使う方法です。

パネルを外す手間はかかりますが、近くの配線から常時電源やイルミネーション電源を取ることもできるメリットがあります。

★配線から電源を取る時に便利アイテム

まとめ

ACC電源(アクセサリー電源)の方法は、最低限の電気基礎知識がないと取付け時の応用力やトラブルに対する対応力に不足があるばかりか、取付け時や取付後の思わぬ故障や事故トラブルの可能性が考えられますので、自信のない方は素直にお店に取り付けはお任せしましょう。

次回はオーディオ配線からの電源の取り方についてご説明したいと思っています。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。