【中古ETC取り付け】ライトエース にETCを取り付け!

ども、サルーす。

前回はETCの電源コードの取り付け方法をご説明いたしました。

今回はアンテナやETC本体を車両への取り付け方をご説明しようと思います。

取付前の動作確認

アンテナやETC本体を車両に取り付けてから動作不良が発生すると、再度取り外しをする事になり手間がかかってしまうので、必ず取り付け前にETCの電源コードをACC電源(アクセサリー電源)とボディーアースに繋げて動作確認をしてみましょう。

1:車のエンジンをかける。(またはACCをONにする)
・本体の電源が入ります。(電源ランプ点灯)
2:1の状態のままETCカードを挿入する。
・アンテナの確認ランプが点滅後に点灯します。「ピッ」と鳴ります。
3:車のエンジンを切る。(またはACCをOFFにする)
4:ETCカードを取り出す。

この時点で、確認ランプが点灯しなかったり不安定な状態でしたら接続不良や故障の可能性がありますので、再度、検電テスターなどを使って配線ケーブルなどの通電をチェックをしてみてください。

それでも原因が判明できなかった場合は専門業者へご相談してみてください。

アンテナの取り付け

動作確認が終わりましたら、フロントガラスの取り付け面の脱脂しをします。

アンテナの裏に両面テープを貼り付けます。

フロントガラスのバックミラー左右30cm以内、フロントガラス上部から10cm以内に落ちないようにしっかりと取り付けます。

アンテナを付けたら、アンテナコードをルーフライニングとフロントガラス面の隙間に内張り剥がしなどを使って入れ込みます。

次にサイドピラーやインパネの隙間に挟み込んでアンテナケーブルをETC本体の取り付け位置まで引き回します。

ETC本体の取り付け

取説の取付推奨位置

・ダッシュボード下側やセンターコンソール付近の平らな面。
・運転やカードの挿入/取り出しに支障がない位置。

と取り付け説明書には書いてあります。

私はとりあえず発煙筒の場所にETC本体を取り付けることにしました。(もっと良い場所を探して付け直そうと思います。)

まとめ

作業終了後、確実に取り付け・配線がされていること、および車の電装品が正しく動くことを必ず確認してください。電気の知識が薄い方や、経験が少ない、自身がないという方は専門店での取付けをおすすめします。

これで私の「ライトエース 」もETCの割引きを受けながらキャンピングカーライフを楽しめることが出来るようになりました!

皆さんも、ETCの取り付けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

★今回のお役立ちアイテムベスト5選

●内張り剥がし(パネルを外す時は、これがないとはじまらないです。)

●「T型分岐 エレクトロタップ タップ/平型端子」(取り外しが出来るので便利です。)

●「電工ペンチ」(ギボシ端子をかしめるのには必須アイテムです。)

●「検電テスター」(通電チェックするには必須アイテムです。)

エーモン 検電テスター A49

エーモン 検電テスター A49

400円(04/18 17:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

●「インパネ構成図・配置図、オーディオ配線図」(これがあると迷うことなく作業ができます。)

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

サルー

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。