キャンピングカーにリビングソファ!?【RecVee(レクビィ)”Buono(ヴォーノ・ボーノ)”】

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」

皆さんこんにちは、
youtube【キャンピングカーTV】のTackleです♪( ´▽`)

 

本日紹介するキャンピングカーは、

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」というキャンピングカーになります!

キャンピングカーという概念を超えて、室内をリビング仕様にしたキャンピングカー。

遊びに出かけると、
非日常感が楽しいわけですが、やっぱりどこか疲れも出てくる。
リフレッシュと居心地を両立させたキャンピングカーになります。

 

基本情報

全長 4840mm
車幅 1880mm
車高 2100mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 2700cc
乗車定員 5名
就寝定員 3名
ベース車 ハイエース ロングワゴンGL
車両本体価格 4,420,000円より

リビングはこうあるべきだ!を形にしたキャンピングカー。
車旅で温泉に出かけた時、お風呂の後にゆったりできるスペースが確保されています。
レクビィさんの中でもエントリーモデルに分類されるバンコンになります。

 

キャンピングカー紹介

それでは、RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)の外観や内装を見ていきましょう。

外観

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」

こちらが外観になります。

外観は特に架装はありませんが、
展示車にはオプションとして、LEDヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムなどが装備されています。
室内の快適さを求める上で、
運転やドアなど細かいところにストレス溜めてもしょうがないですからね。
せっかくならこのような装備もつけて、ストレスのない車中泊をしようというコンセプトなんだと思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺が車に入る時にストレスがないようにな。

 

室内

◆ダイネット

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のダイネット

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のダイネット

後ろから見た方が全体像がわかりやすいので先に後ろかの画像を。
キャンピングカーのダイネットでよく使われるのが対面式にできるFASPシートやREVOシート。
この車は固定式のソファをあえて採用することで、リビング感を演出しました。

L字型のソファが確かに家のリビングっぽいですよね。

走行中はこちらに3名座ることができます。

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のダイネット

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のダイネット

ちょっと画面が暗くて申し訳ないです。
正面に見えているのがテレビになります。

食事をしながらテレビを見ることもできますね。
DVD持って行って映画見ても良いかも!

テレビ台の下は小物が置けるスペースになっているのでDVDなどを置くスペースとして使っても良いかもしれません。
ただ走行中に落ちないようにだけ工夫は必要だと思います。

 

◆セカンドシート

 

ハイエースのスライドドアを開けるとこんな感じに見えます。
ソファの質感、座り心地も良く、車両後部が独立しているような雰囲気があります。

テーブルの角度はクルッと回転させることで変更ができますので、乗車人数、移動の際も問題ないです。

車両後部に向かって広さが確保されているので後ろ向きに座る方も足を伸ばして座ることができます。
テーブルの形が独特のレモン型なので、この向きで座る時はがっつり食事の時よりはお酒を飲んだりするときに使うと良いと思います。

また、ご夫婦2人で使う時はそれぞれがソファにゴロゴロできるように配置されているのも嬉しいですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺を真ん中に入れろよな。

◆ベッド

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のベッド

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のベッド

就寝時はテーブルを外してベッド展開しますと、このようにフルフラットのベッドになります。

就寝定員が3名になっているので、
3人で就寝する時は、このように2人は車両後部から運転席側に縦に。
もう1人は運転席側から車両後部に向かって寝るのが良いと思います。
そうすれば足元が頭の近くにくることもないですからね。

◆キッチン

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のキッチン

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のキッチン

車両一番後部に配置されているのがシンクとキッチンスペース。
シンクはこのように蓋を閉めておけば生活感を隠すことができます。
シンクの横のスペースにカセットコンロをおけばここで調理ができまして、
リアの大きなドアの近くにあるので調理の煙を外に出すことができます。

 

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のキッチン

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」のキッチン

調理スペースの下に配置されたのが冷蔵庫。
こちらも生活感を隠せるように扉が配置されています。

冷蔵庫の容量は49L。
就寝定員3人を考えると十分だと思います。

またBBQをするときも、わざわざ靴を脱いで冷蔵庫のものを取るという手間もないのが嬉しいですね。

 

◆収納スペース

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

シートの下に取っ手が付いているのがおわかりいただけますでしょうか。
シートの下も収納スペースとして利用可能で、
ここは下駄箱として利用するのが良いと思います。

また、そのときにビニール袋に入れておくと汚れないのでオススメです。

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

車両後部にはこれだけの収納が確保されています。
3人分の洋服やタオルなどはもちろん、調理に使うお鍋やフライパン、お箸にお皿も持っていけるようになっています。
もちろんパスタや調味料なんかも持っていけますよ!

 

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

RecVee(レクビィ)社の「Buono(ヴォーノ・ボーノ)」の収納

車両一番後部には床下収納も確保されています!

裏技的になりますが、
調理のときにここの下に降りて調理をすると、かがむことなく調理ができるようになります。

逆に調理はあまりしないという方は、ここにアウトドアで汚れたものをしまえば車内を綺麗に保つことができそうです。

 

非日常と安らぎを両立させたこのキャンピングカー!
オススメです!

レクビィさんの公式HPはこちらから
https://recvee.jp

 

Tackle’s Point

先日レクビィの増田社長と対談をさせていただきました。
とってもカッコよくて素敵な方で、ファンになっちゃいました。

キャンピングカーってそれぞれ思いを持って作られたものです。
乗る側の私たちもそれを感じて楽しみたいですね。

レクビィさんの詳細はこちら

〒480-1207 愛知県瀬戸市品野町3丁目3番地
 
TEL:0561-41-3613
【定 休 日】日曜日、祝日 ※土曜日は不定休の為、お問い合わせ下さい
営業時間/9:00~18:00
 
HPはこちら
https://recvee.jp
 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!