セキソーボディの「トム200 トランポ」

こんにちは!

本日はセキソーの「トム200 トランポ」を紹介していこうと思います。

TOM200 Tranpo (トム200 トランポ)

基本情報

全長 5270mm
車幅 1920mm
車高 2650mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 不明
乗車定員 大人6名
就寝定員 大人5名
 ベース車 トヨタ ハイエース 標準ボディDX
車両本体価格 ¥4,873,000より

セキソーボディーは「安心に安全に長く乗る」ということをコンセプトに車両を作っていることもあり

架装はアルミボディで、車体は軽量。さらに低床で低重心なんですね。

また、似たような名前で「トム200」というキャンピングカーもありますよね。

シーダブ犬
シーダブ犬
え?何が違うん??

単純に「トム200」や「トム200L」は車種がキャブコンになるってゆー違いもありますが

そもそも内装が全然違くて、トム200トランポの方は荷物を積む事に関してシフトしたような車両になっています。

TOM200 Tranpo (トム200 トランポ)の外装内装

ではでは気になる外装内装を見ていきましょう。

外装

ハイエースの頭だけ残してカット。

大きな架装を積むような形になっています。

バンク部も少し小さめだったりするのは風の抵抗を少なくするための構造。

ボディの軽量と合間って燃費の良い車両になっています。

後部はシンプル。

断熱力を高めるのに窓が少なめですね。

内装

◆ダイニング

こちらはダイニングスペース。

運転中に配置する座席のまま、シンプルにくつろぐスタイルになっています。

テーブルは脱着可能なので、必要なければ外して過ごすことも可能。

広々と横に並んで座れるのが良いですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
シンプルだねぇ〜。

◆ギャレー

水道やタンクが運転席のすぐ後ろに隠されています。

小さなスペースに収納されていますが

タンクの容量は給水、排水共に20リットル。

1日分は十分に使うことができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
面白い構造だな!

◆就寝スペース

こちらはリアスペース。

シンプルに収納スペースになっています。

ここには大人が3人が寝転がれるほどの広さがあります。

また、FFヒーターも付いているので就寝時は安心ですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
すごいね。余分な物を一切取り払っちゃう斬新なアイデアだ!

運転席上のバンク部分をはみ出すようにしてベッドが展開されています。

ここには大人2人が就寝できる。

シーダブ犬
シーダブ犬
大きさ的には大人1人子供1人はいけそうだね。

◆収納スペース

ベッド展開させたままでもベッド下に収納スペースはありますが、

更に大きなものを収納させた良い時にはベッドの床を外します。

そうするとなんと大きなバイクでも乗せることができる。

アウトドアで使用するような大きな物を収納しておきながら、現地で取り出せば5人も就寝ができる。

用途に合わせてめちゃめちゃ便利に使用できるキャンピングカーですね。

まとめ

以上で「トム200 トランポ」の紹介を終わります。

かなりシンプルな外装内装ですが、コストパフォーマンスは最高の車両ですね。

ガッツリアウトドアスポーツを楽しみたい方にはピッタリの車両かなと思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
自転車いっぱい入れて皆でサイクリングでもしたいね〜!!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPたかにぃ

キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。