キャンピングカーにお風呂がついた!?【日本が世界に誇るキャンピングカー】

日本特種ボディーはやぶさ

皆さんこんにちは、
youtube【キャンピングカーTV】のTackleです♪( ´▽`)

 

本日紹介するキャンピングカーは、

日本特種ボディ社の「HAYABUSA(はやぶさ)」というキャンピングカーになります!

今回は後編ということで、遂にお風呂やミストサウナをご紹介します。
お待たせしましたって感じですかね!

今回、初めて読んでいただいた方は意味がわからないと思いますので、前編をご覧ください。
https://campingcarweb.jp/2019/06/25/ntb_hayabusa/

 

日本特殊ボディ(NTB) HAYABUSA(はやぶさ)

これがキャンピングカーのお風呂だ

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

キャンピングカーにお風呂がついた!

早速メインをご紹介しましょう。
これがお風呂です。思ったよりもちゃんとお風呂です!

よく考えれば当然のことですが、キャンピングカーにバスタブを搭載するのは非常に難しいんです。

これだけの水を車で運ぶことになるので、
ブレーキをかけた時、進行方向に相当なテンションがかかります。
その分ブレーキの効きが悪くなるのは想像に難くないと思います。

前編で詳しくご紹介しておりますが、それを可能にしているのがいすゞのBe-cam(ビーカム)というベース車なんです。
通常キャンピングカーに使われているトラックサイズのものよりワンランク大きいものを使っています。

シーダブ犬
シーダブ犬
これで俺も温泉に入れるな。

 

キャンピングカーにミストサウナ!?

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

「キャンピングカーに風呂かぁ。こりゃ大したもんだ。」
なんて声が聞こえてきそうな感じです。

が!!!!

それだけじゃないのが、このハヤブサ。

なんとなんとミストサウナまでついています。

「いやー。さすがにミストサウナまではいらないでしょ」って思われた方、
僕も最初、ここまで必要かなぁと思ったわけですが、

ちゃんと意味がありました。

ミストサウナなら、少量の水でしっかり汗を流すことができるのです。

つまり、シャワーを使うと必要以上の水を使っている場合も多く、
当然その分、車の重量も増えます。
温泉に、あるいは、お風呂に毎日入るわけでもないのでミストサウナも大活躍するんですって。

湿気の管理もしっかりと

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

画面の左側にある扉は、ミストサウナの下に当たるのですが、

こちらの扉はダイネットと繋がっています。

お風呂の湿気すら無駄にしない作りになっているのです。

冬のキャンピングカーではFFヒーターというガソリンとサブバッテリーから使用できるヒーターを使うことになるのですが、
室内がかなり乾燥します。

僕も冬にキャンピングカーで出かけるときは必ず枕元にペットボトルを置いておいて、
喉を痛めないようにしています。
(それくらい乾燥します)

もちろんFFヒーターの排気口も色々計算されているわけですが、
お風呂のお湯の暖かい湿気も室内の温度を上げる役割も果たしてくれるのです。
(ちなみに加湿機能がついたエアコンも搭載されてはいました笑)

 

換気の視点を露天風呂に転換

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

とは言っても、やっぱり換気をする窓は必要です。
この扉の作りはキャンピングカーのラゲッジドアと同じ作りなのですが、

それなら窓をつけて、露天風呂風にしちゃおう!!

という発想の転換で、ワンタッチで外が見えるようになっています。
窓の部分にはパタッとしっかりハマるサイズのカーテンがついています。

 

排水は

状況に応じて選ぶことができる

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

日本特殊ボディのはやぶさのお風呂

前述の通り大量の水を運ぶので、その排水方法も気になる所です。

その方法は2つ。
・直接排水
・排水タンクに貯めておく

になります。
キャンプ場などに行くと、このような排水ができる場所があったりもするので、
栓を抜いて、直接排水することができます。

しかし、毎回排水できる場所があるわけではないですよね。
そういう時に大活躍するのが、排水タンクなんです。
切換えバルブ一つで、お風呂の水を排水タンクに流すことができるようになっています。

 

日本特殊ボディのはやぶさ排水タンク

日本特殊ボディのはやぶさ排水タンク

お風呂の水は右側後輪の下にある排水タンクに貯まります。
お風呂で使う水の量は衝撃の110L。
相当頑丈な素材を使っているので、今まで故障が起きたこともないんだそうです。

このタンクには排水の蛇口がついているので、最終的な排水はこちらからします。
説明が難しいので、記事の一番下にある動画をご覧ください。

 

◆お風呂には追い焚き機能も

日本特殊ボディのはやぶさのサブバッテリー

日本特殊ボディのはやぶさのサブバッテリー

僕の家には追い炊き機能がないので、それだけで僕の家を超えられました。笑

冗談はさておき、
お風呂には追い炊き機能、ミストサウナに加湿機能付きエアコンが使える秘密がこのサブバッテリー。

12V190Aという大容量サブバッテリーを4つ。
大容量な反面、サブバッテリー1つで重さが50kgもありまして、当然4つで200kg。

「リチウムイオン電池も出始めていますが、キャンピングカーにとってはまだまだ不安定や不安要素があるのも事実。
バッテリーの専門知識がなくてもしっかり電気が使えるようにするには、現状ではこのタイプ」

という蜂谷社長。
確かに、電気が複雑なのはちょっと敬遠要素かもしれません。

日本特種ボディはやぶさ

日本特種ボディはやぶさ

余談ですが、

あー。そうそうと、社長が紹介してくれたのがホームスピーカー。
電子レンジはヘルシオで、IHヒーターまで使えるんですって。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺の充電もさせてくれ。

 

日本特種ボディさんに遊びに行こう

日本特種ボディさんの工場にはイベントがあるごとにユーザーさん達が集まっているんだそうです。
実際のユーザーさんから聞く話は購入前に非常に貴重です。

また購入した後も、付き合っていけるビルダーさんにユーザーさん。
そんなこともキャンピングカー選びでは大切だと思います。

是非、日本特種ボディさんに遊びに行ってみてください。

 

日本特種ボディさんの公式HPはこちらから
https://www.ntbcamp.com

 

Tackle’s Point

構想に三年かかった日本で一台しかないキャンピングカー。
外観はフリーのデザイナーさんを公募して、
室内のレイアウトはわがままを詰め込んで。

羨ましい一台でした。
ありがとうございました!

 

日本特種ボディー(NTB)さんの詳細はこちら

〒343-0802 埼玉県越谷市小曽川560−1
 
TEL 048-970-1370
 
HPはこちら
https://www.ntbcamp.com
 

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!