【牽引免許不要!】収納棚が2段ベッドの上段に変形するキャンピングトレーラー

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

皆さんこんにちは、
youtube【キャンピングカーTV】のTackleです♪( ´▽`)

 

本日紹介するのは、キャンピングトレーラー!

ADRIA(アドリア)社の「AVIVA360DD(アビバ360DD)」というキャンピングトレーラーになります!

アドリアとはスロベニアにあるキャンピングカー・キャンピングトレーラーの会社です。
日本ではデルタリンクさんが代理店を務めております。
近年では、フィアットのデュカトという車をベースとしたキャンピングカーをメインにしておりまして、
キャンピングカーショーなどにも出展されています。

 

ADRIA(アドリア)社の「AVIVA360DD(アビバ360DD)

全長5530mm
車幅2090mm
車高2580mm
室内高不明
車両重量715kg
排気量
乗車定員-名
就寝定員4名
ベース車
車両本体価格2,160,000円より

キャンピングカーに憧れてるけど、ふだん使いできないし値段も高いし…。

そんな悩みを解決してくれるのがキャンピングトレーラーのエントリーモデルになります。
200万円代で結構サイズのあるものが手に入ります。
牽引免許不要なのも嬉しいポイント。(750kgまで牽引免許は必要ありません)
また、キャンピングカーよりも各種税金もお安くなっております。

 

トレーラー紹介

それでは、「AVIVA360DD(アビバ360DD)」の外観や内装を見ていきましょう。

外観

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

キャンピングトレーラーは車内を室内空間に特化して制作できるので、見た目よりも室内に十分な空間を確保できるのがいいところ。
一般的なヨーロッパのトレーラーの形をしており、慣れれば運転も問題ないようです。
逆にトレーラーのサイズが大きすぎると運転が難しくなりますからね。

一つ注意点としては、エントランスドアが右側についているという点。
スロベニアは右側通行なのでエントランスドアが右側についています。
ただ、トレーラーは走行中に乗車することができないので使っていて困ることはないと思います。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

こちらが後ろから見た画像です。
結構かっこいいですよね。

今回は初心者向けの記事になるので、ちょっとご紹介。
牽引するための車(普段乗っている車)と、トレーラーの先端部分をコネクターで接続します。
けん引車からの電力をトレーラーに引っ張ってくることになるのでブレーキランプなどが点灯するというわけです。

もちろん車検もありますし、税金もかかるわけですが、
キャンピングカーよりも安いとメーカーさんがうたっているので、気になる方は直接聞いて見てください。

また、駐車する時(バックする時)の運転が難しいわけですが、ブレーキランプの上を見てみてください。
なんだか手で掴めそうな取っ手がついていますよね。
そうです。ここを持って力技で動かせるようになっているんです。
実際のユーザーさんに伺ったところ、結構人力で動かすことも多いんだそう。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

こちらはトレーラーの下の部分。
停車時はこのようにジャッキを下げて安定させます。
キャンピングカーの場合、車になるので地面の傾きがそのまま室内の傾きになってしまいます。
(その対策としてエアサスを入れる方もいらっしゃいます)
が。トレーラーの場合このジャッキの高さを調節できるので平行を取りやすいというメリットもあります。

シーダブ犬
シーダブ犬
犬の力も借りたいってか。

 

室内

◆ベッド

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

このサイズのトレーラーでは珍しいベッドスペース独立型チックな作りになっています。
(通常はダイネットスペースがベッドスペースになるというシンプルな作りが多いです)
カーテンレールもついているので、お友達が来た時もプライバシーを確保することができます。

そして、こちらは2段ベッドとなっているのですがその作りが面白いのです。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

こちらが前述のベッドの上部になります。
普通に収納スペースですよね?当然収納スペースとして使用することができます。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

が、ロックを解除すると収納が降りてくるので、
その下にマットレスを敷いて2段ベッドを作ることができます。
ゲストが来た時なんかに便利な作りですよね。

キャンピングカーでもそうですが、家族構成が変わると今持っているものが使いにくくなることがあります。
ただこのように収納スペースにも使えると、お子さんが大きくなって一緒に行けなくなった時もスペースを無駄にしません。
あるいは逆に家族が増えた時もこれで対応できますね。

もちろんハシゴもついていますし、転落防止用のネットもあるのでお子様が寝ても安心です。

 

◆キッチンスペース

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

エントランスすぐの場所にあるのがキッチンスペース。
目の前に大きな窓があるので、調理した煙を外に逃がす事ができそうです。

包丁などはダイネット(奥)のテーブルを使って調理することになります。
座りながら調理するのって最初はどうなんだろって思いますが、
実は全然問題ないです。僕も普段はダイネットで包丁を使っています。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

シンクはスレンレス製。十分な広さがあるシンクに2口のコンロになります。

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

シンクの下には3way82Lの冷蔵庫がついています。
3wayとは、この冷蔵庫をつけるための方法が3つありますという意味です。

具体的には、
・外部電源を使う(AC電源)
・車のバッテリーから電気を持ってくる(DC電源)
・ガスを使う

というパターンがあります。
本当はもっと詳しく説明したいのですが、今回は初心者向けとのことで、こんな感じなんだと思ってもらえればと思います。

 

シーダブ犬
シーダブ犬
とりあえず俺の水が冷えてればいいぜ。

 

◆ダイネット

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

ARRIA(アドリア社)のAVIVA360dd

就寝時はこちらをベッド展開することもできまして、大人2人が就寝できます。
テーブルもロックを外して折りたたむことができまして、そのスペースをフルフラットのベッドにすることができます。
テーブルのサイズも結構大きいので、ゆったりと食事を楽しむこともできそうですね。

 

代理店を務める
デルタリンクさんの公式HPはこちらから
https://www.delta-link.co.jp

 

Tackle’s Point

1番の印象が、コスパの良さでした。
この値段でこのサイズの室内空間が手に入るのは相当コスパがいいと思います。
インテリアのテイストもやっぱり欧州テイストで、カラフルなのがいいですね。

 

デルタリンクさんの詳細はこちら

〒710-0847 岡山県倉敷市加須山101-1
 
TEL:086-429-3337
定休日/毎週火曜日
営業時間 AM10:00 ~ PM7:00
 
HPはこちら
https://www.delta-link.co.jp