AtoZ 社「アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2 」

AtoZ社製ALPHA(アルファ)

campingcar webをご覧のみなさんこんにちは!キャンピングカーTVのタックルでございます!!

本日紹介するキャンピングカーはこちら!

AtoZ(エートゥーゼット)「アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2 」

アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2の基本情報

全長 4990mm
車幅 1942mm
車高 2300mm
室内高 不明
車両重量 不明
排気量 1600cc
乗車定員 6名
就寝定員 2名
 ベース車 日産NV200GX
車両本体価格 4,660,000円

サイズ的には通常のキャブコンよりもひと回り小さめ。 

普段の移動でも使用される方はこれくらいのサイズ感の方が扱いやすいかもしれませんね。

乗車定員も6名なので、申し分ありません。

しかし、就寝人数は2名ということなので、旅の時はかなり余裕を持って過ごせるような作りなのかなと感じます。

補足

現在、日産のNV200をベースに、この形のキャブコンを作っているのはこのアルファだけです。

この車を使うメリットとしては、やっぱり”低重心である”ということ、安定した運転が期待できます。

さらにオプションで4WDが追加されたのも嬉しいところです。

アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2の外装と内装

それでは、「ALPHA Type2 HIKARI」の外観や内装を見ていきましょう。

アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2の外観

AtoZ社製ALPHA(アルファ)の外観

出典:youtube【キャンピングカーTV】

これがNV200をベース車にしたキャブコンの外観になります。

キャンピングカーのイメージとはかけ離れた少し近未来チックなボディ。

重心だけでなく風の抵抗も考えて作られています。

AtoZ社製ALPHA(アルファ)の外観

車両後部 出典:youtube【キャンピングカーTV】

後ろ姿は完全にキャブコンですね。

リアのブレーキランプは車のバンパーに設置されることも多いですが、こちらの車はサイドに配置されていて、少し高いポジションになっているので、後ろからの視認性も高くなっています

※キャブコンのベースとして有名な車にカムロードがありますが、あれは元々トラックなので、荷台の下にある支え(シャシー)にブレーキランプが付いています。

ALPHAは元々普通車であるNV200の後部をカット。

キャンピングカー仕様にすると、このようにブレーキランプを新たにつけなくてはいけないので手間もかかったでしょうね。

シーダブ犬
シーダブ犬
個人的にはサイドの方がデザイン的に好きよ。

アルファ LE タイプ2/Alpha LE type2の内装

それでは今度は室内を見ていきます。

内装は

  • HIKARI
  • SHIFUKU

の2種類、パターンがありますが、今回は「HIKARI」

今回室内のインテリアはAtoZさん専任のコーディネーターが担当しております。

今回はHIKARIをご紹介。

◆リビングスペース

AtoZ社製ALPHA(アルファ)の室内

出典:youtube【キャンピングカーTV】

AtoZさんのキャンピングカーといえば、インテリアのレイアウトは専任のコーディネーターさんが担当しているのがウリの一つです。

アミティその他に続き、こちらのレイアウトもコーディネーターさんが担当しています。

色合いも含めて、安定のAtoZさんらしいインテリアですね。

こちら運転席の後部のダイネットですが、走行中は横乗りのシートに2人ずつ、計4名乗車することができます。

就寝時はテーブルを外して、こちらをフルフラットのベッドにすれば大人2名が就寝できます。

そのサイズ1220×1830mmとゆったりサイズです。

◆リアエントランス

AtoZ社製ALPHA(アルファ)のシンク

出典:youtube【キャンピングカーTV】

エントランスをリア側に設置し、シンクなどの装備はリア側に装備することで室内空間を確保しました。

コンパクトサイズのシンクはヘッド部分が伸びるので、窓までシャワーヘッドを伸ばせば外で手を洗ったり軽く足を洗ったりすることができます。

個人的にはキャンピングカーのシンクってほとんど使わないので、シンクはこれくらいコンパクトの方がいいです。

室内空間が広い方が好きなので。

◆バンクベッド

AtoZ社製ALPHA(アルファ)

出典:youtube【キャンピングカーTV】

こちらがバンクベッド。

が、しかしここは就寝用のスペースではないので、「バンク部」として理解した方が良いでしょう。

主に荷物置き場として利用するのが良いでしょう。

この日産NV200やハイエースがベースとなる車は改造しない限り、室内で立ち上がることができません。

そうするとキャブコンとなってバンクベッドを作ることになるのですが、荷物を詰める場所が圧倒的に減ります。

バンコンに乗っている方は、ほとんど荷物を室内の床に置いて移動しているはずです。

あるいはスーパーGLなど大きいハイエースに乗って、室内上部に収納棚を付けるか。

どちらにしろ室内高を圧迫します。

発想の転換で面白い車だと思います。

まとめ

限られた室内を最大限広く使えるように計算し尽くされた1台です。

インテリアもAtoZらしいカラーリングで癒しの空間といった感じですね。

ジャパンキャンピングカーショー2019で初お目見えだったのですが、たくさんの方がご見学にいらしてましたよ!

 

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!

只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!