初心者が押さえておきたいグランピングのポイントとは?

近年、グランピングが大流行中です。グランピングとは、グラマラス+キャンピングをかけあわせた造語で、ちょっと豪華なキャンプといったような意味です。

日本ではここ数年で話題になった印象ですが、その歴史は意外と長く、1100年代発祥なのだとか。モンゴルの遊牧民が草原で頑丈なテントを設営し、テントの中に家具を並べていたのがグランピングの起源だといわれています。

photo by Shutterstock

グランピングが、今のようにおしゃれでラグジュアリーなものになったのは、1900年代になってから。イギリスのセレブたちが、アフリカで豪華なキャンプを楽しんでいたことで、グランピングに憧れる人が増えました。

今回は、グランピングにチャレンジしてみたい人最低限知っておきたい知識をまとめてみました。

 

グランピングとキャンプの違いって?

photo by Shutterstock

では、グランピングとキャンプは具体的にどう違うのでしょう。ざっくり言うと、グランピングは、キャンプの楽しみをそのままに、キャンプのハードルを下げ、より初心者にも楽しみやすくしたもの。

たとえば、キャンプの醍醐味というと、次のようなものが挙げられます。

キャンプの醍醐味
・自然に囲まれてリラックス
 
・バーベキューで仲間や家族とワイワイ
 
・テントで眠るという非日常体験

一方で、これらの醍醐味は、裏を返せば、キャンプのハードルを上げるものでもあります。

キャンプの問題点
・寒すぎたり暑すぎたり、天候の悪いときには行きづらい
 
・バーベキューは食材の買い出しや調理、グッズの準備、後片付けに手間がかかる
 
・テントを購入したり、立てたりする必要がある

グランピングとは、こうした「キャンプの問題点」をうまく解決し、「キャンプの醍醐味」を満喫することができるのです。

具体的に言えば、多くのグランピング施設では、キャンプに必要なグッズをしっかり取りそろえています。そのため「初心者なので、どんなキャンプグッズが必要かわからない」「もしかすると一回しか体験しないキャンプのために、キャンプグッズを購入するのは抵抗がある」「キャンプグッズを購入しても、自宅に保管できるスペースがない」という方も安心。

photo by PIXTA

加えて、テントの他にも、コテージなどの施設に宿泊できるグランピング施設もあります。テント泊を体験してみたい方はテントで、あくまで普段の旅行の延長に近い形で過ごしたい方はコテージでと、シーンに合った宿泊の形を選んでみましょう。

またテントを選んだとしても、一般的に「キャンプのテント」としてイメージするものとは違ったものであることが多いはず。しっかりした素材のテントの中には、おしゃれにまとめられた家具が揃い、ホテルステイのような快適な時間を過ごすことができます。アウトドア初心者や、小さなお子さん連れでも安心ですね。

 

グランピングデビューするときのチェックポイント

photo by Shutterstock

いざ、グランピングデビュー!初めてグランピングを体験する際、押さえておきたいポイントを紹介します。

できれば日帰りからチャレンジ

グランピング施設の中には、日帰りプランがあるところも。いきなり宿泊するのではなく、まずはグランピング施設で半日~一日過ごしてみるのもおすすめです。宿泊について考慮しなくてもいいので、お泊まりグッズも不要ですし、費用も抑えられます。

自宅から近いグランピング施設を選ぶ

往復の移動で疲れてしまってはもったいないので、まずは自宅から近いところからでビューしてみてはいかがでしょうか。特に注目したいのは、最寄り駅からの距離。電車+徒歩だけで移動できるグランピング施設を選ぶと、より気軽に行けるはず。

駅から距離があっても、最寄り駅から無料のバスを用意している施設もあるので、アクセスをチェックしてみましょう。

手ぶらOKのプランを活用する

施設によっては、手ぶらOKのプランを提供してくれているところも。荷物は少しでも少ないほうがいいですから、キャンプグッズをレンタルでき、バーベキューの食材も現地で用意してくれるところを選ぶと楽ちんです。

水回りに注目する

調理場やトイレ、お風呂など、水回りの清潔感は、厳しくチェックしておきましょう。水回りの使い心地は、キャンプそのものの満足度を左右します。

グランピングにテントは必要?持ち物リストをチェック

photo by Shutterstock

初心者であれば、いきなりテントを購入する必要はないでしょう。グランピング施設のテントをレンタルしたり、コテージタイプの宿泊プランを選ぶなどして、慣れてきたタイミングで購入を検討するのがおすすめです。

持ち物としては、洗面用具に加えて、スマートフォンやカメラとその充電器、お財布、日焼け止め、飲み物があれば十分。その他、レジャーシートやクーラーボックスなども、必要に応じて持参しましょう。

カメラが趣味の方はカメラを、お子さんはスケッチブックなどを持って行っても楽しいですね!きっといい思い出になるはず。

 

グランピングにチャレンジしてみよう!

今回は、グランピングの基礎知識をご紹介しました。グランピングなら、キャンプ未経験の方でも気軽にアウトドア気分を味わえます。

今年はぜひ、グランピングにチャレンジしてみませんか?きっと、新しい楽しみが見つかるはずです。