アメリカのスクールバスをモチーフにした車中泊カー【Blow(ブロー)社”ブギーライダー”】

BLOW社のブギーライダー

みなさんこんにちは!YouTube【キャンピングカーTV】のタックルです♪( ´▽`)

 

本日紹介するキャンピングカーはこちら!

BLOW(ブロー)社の「ブギーライダー」

というキャンピングカーになります!

BLOW社のブギーライダー

BLOW社のブギーライダー

基本情報

全長3390mm
車幅1470mm
車高1890mm
室内高不明
車両重量不明
排気量660cc
乗車定員4名
就寝定員2名
 ベース車日産クリッパー ターボ
車両本体価格2,406,000円より

日産クリッパー以外なら、もちろんスズキのエブリィなどでも製作が可能です!
また8ナンバー登録ではないので厳密にはキャンピングカーではなく車中泊仕様の車となります!

 

ブギーライダー

それでは、「ブギーライダー」の外観や内装を見ていきましょう。

外観

BLOW社のブギーライダー

BLOW社のブギーライダー

キャンピングカーショーには個性的な車がたくさん展示されているのわけですが、
その中でも際立って異彩を放っていたのがこちらの車。
とても気になったのでいろいろお話を伺ってきました。

ジャパンキャンピングカーショーではATV群馬さんのブースで出展されたいたため、
動画での紹介はATV群馬さんというようにお伝えしております。
コラボカーとお考えいただければと思います!

シーダブ犬
シーダブ犬
俺もアメリカンテイスト。

◆コンセプトはアメリカのスクールバス

BLOW社のブギーライダー

フロントグリルで印象がガラッと変わる

ブローさんは外観のカスタムをメインに行う会社さんです。
本社は神奈川県相模原市にあります。

軽自動車をメインにしたカスタムを行なっており、車のリペア(修理)なども扱っています。
こちらの展示車はアメリカのオールドスクールバスをコンセプトにカスタムしたそうで、
フロントグリルも本物さながらのチルトカウルが使われています。

軽自動車は車検の都合上、車の先端部分が伸ばせないので出来る範囲でカスタムしたとのこと。
軽自動車の車検に関する知識も詳しいので、安全で安心な車に乗ることができそうですね。

 

◆エンジン周り

ボンネットを開けてもらいました

キャンピングカーばっかり追っていると、実は車の外観のカスタムって盲点になるんですよね。
と、いうのも

ほとんどのキャンピングカーのベースはキャブコンならトラック、バンコンならハイエースとなっています。
スポーツカーがつけそうなエアロパーツとは無縁に近いので、僕は結構その辺弱いです・・・笑

今回わざわざボンネットを開けてくださいました。

 

BLOW社のブギーライダー

ボンネットの中をご紹介

ご紹介といっても、エンジンは日産のクリッパーなので車好きの人はふーんって感じなのかもしれませんね。
僕なんかはボンネットが、ガンって開くだけで「おーーー」ってテンション上がります。笑

 

室内

◆ベッドモード

BLOW社のブギーライダー

室内はシンプルに

就寝時はセカンドシートを倒して、その上にマットを敷くとベッドモードになります。
大人2人が就寝できるスペースになります。

シンプルなレイアウトなので、その分室内空間を最大限に使えます。

BLOW社のブギーライダー

セカンドシートの上に

横から見るとこんな感じです。
マットレスがしっかりしているので快適な就寝が取れそう。
個人的にはマットレスの上に寝袋1枚でも敷くとより快適になるのかなと思います!

 

◆アウトドア仕様

BLOW社のブギーライダー

アウトドアを満喫

車両後部にはテーブルが設置できるような架装がしてあります。
リアのハッチの下にテーブルが来るので、雨を避けながらコーヒーを飲むことも。

新しいアウトドアの形です。
ソロでキャンプ、今年デビューしてみては。

 

BLOWさんの公式HPはこちらから
http://www.blow-net.co.jp

 

動画でのご視聴はこちらから