人気キャンピングカー 「キャブコン」の特徴を徹底解説!おすすめ車種4選

キャンピングカーのレンタルショップに行くと、さまざまな種類のキャンピングカーがあり、目移りしてしまうほど。

車種を選ぶときにまず知っておきたいのが、「バンコン」「キャブコン」「バスコン」という区分です。この3つの違いを知っておくと、キャンピングカー選びがぐっと効率的になります。

この記事では、キャンピングカーの「キャブコン」についてご紹介していきます。

 

キャブコンってどんなもの?その特徴とは

photo by shutterstock

前述したとおり、キャンピングカーには、バンコン、キャブコン、バスコンの3種類があります。

そのなかでも「キャブコン」とは、「キャブオーバータイプ」の小型トラックを改装して居室をつけ、キャンピングカー仕様にした、国産のキャンピングカーのことを指します。ビジュアルも内装も、「キャンピングカー」と言って誰もがイメージするタイプと言うと、わかりやすいでしょうか。ビジュアル・機能ともに、まるで車に家がプラスされたような雰囲気です。

キャンピングカーのキャブコンの魅力は、大きく分けて3つあります。それは、「居室(車内)の広さ」「自在に変更できるレイアウト」「断熱性能が優秀」。

まず、居室の広さ。車内で食事や寝泊まりをすることを目的とした車なので、車内が広々しているのは重要なポイントです。天井が四角くできており、大人であっても車内で立って歩くことが可能です。

photo by PIXTA

次に、レイアウトを自在に変更できること。普通車とは異なり、家具の配置などをある程度自由に配置できます。これが、車内で快適に過ごすための大きなポイントとなります。

最後に、断熱性能が優秀であること。設計の際に断熱を考慮されており、冬場の旅も安心。これは、普通車やバンコンとは大きく違うポイントです。

photo by shutterstock

いっぽう、あえてキャブコンのデメリットを挙げるとするなら、次の3つ。

・価格が高い

・乗り心地はあまりよくない

・運転性能がイマイチなものも

まず、何と言っても気になるのが、価格が高いことでしょう。ゆったりした車体をつくるためにはコストがかかるので、結果として費用は高くなってしまいます。キャブコンに乗りたいけどどうしても手が出ないという方は、キャンピングカーをレンタルするときにキャブコンにチャレンジしてみるのがおすすめです。

次に、乗り心地です。ベースがトラックなので、乗り心地を最優先につくられているわけではありません。試乗して相性を確かめてみるのがいいでしょう。また、バンコンより車体が大きいものがメインなので、運転しやすいかどうかもきちんとチェックするようにしてください。

最後に、運転性能がイマイチなものもあること。近距離配送トラックがベースになっているので、ハイスピードを出したり、長距離を走ったりすることを視野に入れたつくりではありません。このあたりの違いは、輸入車と乗り比べてみるとわかりやすいかもしれませんね。

キャブコンのおすすめ・人気車種4選

photo by shutterstock

おすすめ・人気のキャブコン(1)AtoZ アミティ

まずご紹介したいおすすめ・人気のキャブコンは、AtoZ アミティです。

キャブコンというと、家を背負って走っているように見えるくらい大きいものが多いのですが、「アミティ」は少々小ぶり。全長が4.69メートル、全幅1.95メートル、全高が2.77メートルというコンパクトなサイズ感です。

アミティの特徴は、さまざまにカスタマイズを楽しめること。公式サイトでも最大6名が就寝可能な「AMITY」マルチルーム付きの「AMITY LX」広々とした空間を備えた「AMITY LE」巨大な収納スペースのある「AMITY SPEND」という4パターンが紹介されています。家族旅行から大人2名のゆったりした旅行まで、さまざまな楽しみ方ができるのがうれしいですね。

 

おすすめ・人気のキャブコン(2)ファンルーチェ セレンゲティ

2つ目にご紹介したいおすすめ・人気のキャブコンは、ファンルーチェ セレンゲティです。

公式サイトで「抜群の走行性能と安全性」「卓越した技術と工夫を凝らした仕上がり」「スタンダードなレイアウト」をうたっており、バランスのいいキャブコンです。

乗車定員は7名、就寝定員は大人5名+子ども2名。全長4.9メートル、全幅2.1メートル、全高2.8メートルというコンパクトさながら、大きめのグループ旅行もOKの包容力があります。

 

おすすめ・人気のキャブコン(3)東和モータース WOHN SIEBEN

3つ目にご紹介したいおすすめ・人気のキャブコンは、東和モータース WOHN SIEBENです。

東和モータース WOHN SIEBENは、トヨタのカムロードをベース車両にしたキャブコン。二段ベッドのほか、家庭用エアコン、CTEK高効率充電システム、大容量バッテリー、電子レンジなどが標準で装備されています。パネル部分は4色から、室内家具は2色から選べるなど、自分好みのキャブコンにできるのもうれしいポイントですね。

乗車定員は7名、就寝定員は6名と、どんな用途にも対応できるスペックです。車両寸法は、全長4.9メートル、全幅2.1メートル、全高2.8メートルと、先ほどご紹介した「ファンルーチェ セレンゲティ」と似たサイズ感です。

 

おすすめ・人気のキャブコン(4)バンテック Zilクルーズ520

4つ目にご紹介したいおすすめ・人気のキャブコンは、バンテックのフラッグシップモデル、Zilクルーズ520です。

ベース車両はいすゞエルフ。充実した設備で、ラグジュアリーな運転性能を実現した一台です。二段ベッドや大型のテービル、機能的ながらコンパクトなキッチンが備え付けられているのも見逃せないポイント。

他のキャブコンより少々値が張りますが、運転性能や心地のよさに投資したい方にはぴったりのキャブコンだといえるでしょう。

全長は5.1メートル、全幅は2.1メートル、全高は3.0メートルとなっています。

 

まとめ

photo by PIXTA

キャンピングカーの種類「キャブコン」について、その特徴と、おすすめ・人気の車種をご紹介してきました。

キャブコンとは、誰もがイメージするキャンピングカーそのもの。いつかは乗ってみたいと夢みている方も多いことでしょう。ぜひ、ご自分に合ったキャブコンを見つけてみてください!