キャンプで快適に眠るためのオススメ寝袋(シュラフ)20選

キャンプや夏フェスといったアウトドアでアクティブに動いた夜、遊び疲れた体を癒すために必要なのが寝袋。

地面からの冷えやキャンプ場での寒暖差から身を守るためだけでなく、キャンプでの快適な夜を過ごすためにも寝袋選びは欠かせません!

寝袋(シュラフ)のタイプ


寝袋といってもそれぞれ種類があり、形によって特徴があります。自分がどんなシーンで使うのかイメージしながら、合わせて選んでみましょう。

【封筒型・レクタングラー型】

名前の通り、封筒の形をした上から下までの幅が同じタイプです。ファスナーの開閉ができるため、かけ布団や敷き布団としても使うことができます。キャンプ初心者の方や家族連れでのキャンプにおすすめです。

【人形型・マミー型】

体に合わせた形をしているタイプです。密着性が高いため体温を逃しにくく、封筒型に比べて保温性に優れているため、夏だけでなく肌寒い季節にもキャンプを楽しみたい方におすすめです。また、寝心地が良いためテント泊でも快適に眠れるでしょう。

たくさんある寝袋(シュラフ)、どうやって選んだらいいの?


種類も豊富で価格もそれぞれ違う寝袋。

では、快適なアウトドアの夜を過ごすために、どんな寝袋を選べば良いのでしょうか。

シーンに合わせて素材で選ぶ

寝袋に使用している中綿の素材は、「化学繊維」と「ダウン」の二種類に分かれます。

化学繊維の場合、水や汚れに強いため洗濯機で丸洗いでき楽にメンテナンスができます。価格もリーズナブルですが、収納性が悪くかさばってしまうので、車移動や車中泊をする方に最適です。

ダウンの場合、軽量は化学繊維の約半分の軽さで、かさばらずコンパクトに収納できるのでツーリングや登山などに活用できます。ただし、水に弱く乾きづらいのでメンテナンスが難しいです。価格も高めのものが多いです。

温度表記を目安にする

寝袋には、使用する時に目安となる「快適使用温度」と「限界使用温度」という温度表記が記載されています。この表記を参考に、季節や使用場所など、それぞれの状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

快適使用温度とは、この温度域までなら快適に使用することができるという目安の温度です。

想定している温度より少し高めのものを選び、使用するシーンから+5〜10℃のものを選ぶのがおすすめです。

反対に、限界使用温度はウェアを着た状態で使用することが可能という目安の温度です。

季節に合わせて限界使用温度を目安にすると良いでしょう。春・夏・秋にキャンプ場などで使用する場合は、-5〜5℃を目安に。秋や冬山に使用する場合は、-5℃以下のものがおすすめです。

キャンプにおすすめな寝袋(シュラフ)20選


それでは、ここからはキャンプにおすすめの寝袋20選をご紹介していきたいと思います。

キャンプにおすすめな寝袋①【LEEPWEI】封筒型 防水シュラフ

LEEPWEIの封筒型 防水シュラフは、防水加工がされているのはもちろん、速乾性にも優れていて洗濯機で丸洗いすることが可能です。さらに、中綿に防寒性の高いシルク様コットンを使用しているため保温性が高く快適に眠ることができます。機能性もさることながら手頃な価格なので、夏キャンプのみに使用する方やキャンプ初心の方におすすめです。

キャンプにおすすめな寝袋②【Cozyone】 封筒型 210T防水シュラフ

Cozyoneの封筒型 210T防水シュラフは、春・夏・秋の3シーズン使用可能でファスナーを大きく開けてレジャーシートとして活用することができます。フィット感のあるマミー型と封筒型の開放感を組みあわせた構造でできていて、圧迫感なく寝返りもできる余裕のあるデザインが特徴です。

キャンプにおすすめな寝袋③【CANWAY】封筒型 210T防水シュラフ

CANWAYの封筒型 210T防水シュラフは、CANWAY独自の高度な技術で外側の冷気を侵入するのを防げように構造されているため、保温性が抜群!寒い時期でも安心して睡眠できます。使用可能温度が0℃と異常気象にも耐えられる設計になっているので、過酷な天候でも高い保温性で体を守ってくれます。

キャンプにおすすめな寝袋④【FLYTON】 封筒型 防水シュラフ 210T

FLYTONの封筒型 防水シュラフ 210Tは、中綿がダウンコットンでできているため、布団のような寝心地の良さで快適な睡眠を得ることができます。頭部まで覆うことができるデザインで首元からの冷たい風を防ぐことができます。コンパクトで持ち運びやすく、軽量なのも特徴です。

キャンプにおすすめな寝袋⑤【キャプテンスタッグ】 封筒型シュラフ600

キャプテンスタッグの封筒型シュラフ600は、中綿に撥水加工されたポリエステルを使用しているため保温性に優れている上に軽量で持ち運びが便利です。ファスナー同士で連結し、ダブルで広く使えるのも特徴です。また、上下の開閉ファスナーでは温度調節が可能です。

キャンプにおすすめな寝袋⑥【ロゴス】 neos 丸洗いアリーバ・-6

ロゴス(LOGOS) neos 丸洗いアリーバ・-15 72940340

ロゴス(LOGOS) neos 丸洗いアリーバ・-15 72940340

14,080円(09/20 20:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

ロゴスのneos 丸洗いアリーバ・-6は、頭から体を覆う暖かさを追求したマミー型で、足元は立体的な空間をつくり足元の圧迫を緩和しストレスのかからないデザインに施されています。また、大型洗濯機での丸洗いが可能で、便利なハンガーループもついているため寝袋を干すのに最適な仕様となっています。

キャンプにおすすめな寝袋⑦【CuteeFox】封筒型 防水シュラフ

CuteeFoxの封筒型 防水シュラフは、肌触りがよく保温性はもちろん、吸収性や通気性にも優れているため丸洗いが可能。さらに内ポケットがついているため携帯電話などの小物を収納することができる機能や、寝返りを打ってもファスナーが勝手に開かないように防ぐファスナーガードもついているため安心して就寝することができます。

キャンプにおすすめな寝袋⑧【KingCamp】丸洗いOK 人型寝袋

KingCampの丸洗いOK 人型寝袋は、襟元から足元までファスナーがついており脱着が簡単にできるデザイン。靴を履いてそのまま歩いたり、食事や作業をすることも可能でキャンプ場にはもちろん、夜釣りなどアウトドアにもってこいのアイテムです。

キャンプにおすすめな寝袋⑨【イスカ(ISUKA)】ウルトラライト

寝袋専門メーカーのイスカ(ISUKA)は最高の品質をコンセプトにキャンプ用品はもちろん、防災用寝袋も取り扱っているブランドです。中でもウルトラライトは、サイクリストやツーリングに愛用者の多い定番アイテム。直径12.5cmとコンパクトな上に軽量なため持ち運び便利でキャンプ場や沢登りにも最適です。

キャンプにおすすめな寝袋⑩【イスカ(ISUKA)】エア450X

イスカ(ISUKA)のエア450Xは、夏での山キャンプはもちろん、冬の低山までオールシーズン活用することができます。ゆとりのある3D構造のデザインと、保温性を守るために冷気の侵入を防ぐチューブをジッパー内側に配置しているのも特徴です。

キャンプにおすすめな寝袋⑪【イスカ(ISUKA)】アルファライ700x

イスカ(ISUKA)のアルファライ700xは、エア450X同様にオールシーズン活用できるモデルです。また、中綿には独自の「マイクロライト」を仕様しているため、保温性に優れた瓦ぶき構造が快適な睡眠へ導いてくれます。

キャンプにおすすめな寝袋⑫【ナンガ】オーロラライト450DX

羽毛にこだわったダウンシュラフメーカーのナンガ。品質の良い羽毛素材はもちろんのこと、オーロラライト450DXでは、チタンスバッタリング材を施しているため、チタンの蓄熱とダウンの保温効果でこれまでにない暖かさで眠ることができます。3シーズン対応で快適にアウトドアを過ごせます。

キャンプにおすすめな寝袋⑬【スナグパック】マリナー テレインカモ

スナグパックのマリナー テレインカモは、フルジッパー仕様で広げて布団代わりとして活用することができます。3シーズン対応しておりキャンプや車中泊におすすめです。また、ジッパーの連結が可能でソロキャンプはもちろん、ファミリーキャンプで楽しむことができます。

キャンプにおすすめな寝袋⑭【コールマン】マルチレイヤー スリーピングバッグ

アメリカを代表するキャンプ用品メーカー、コールマン。マルチレイヤースリーピングバッグは、三層構造になっていて組み合わせ次第でオールシーズン使うことができる万能アイテムです。春〜秋は分割して活用、冬はレイヤーを全て重ねて活用するといった季節ごとの最低気温に合わせて使用することができます。

キャンプにおすすめな寝袋⑮【コールマン】タスマンキャンピングマミー L-15

コールマンのタスマンキャンピングマミー L-15は、足元をゆったりとさせた寝返りの打てるデザインで快適性と保温性に優れたマミー型の寝袋です。ファスナー部の内側までしっかりと中綿が詰まった3インチのチューブが冷気から守り保温性を上げてくれます。

キャンプにおすすめな寝袋⑯【コールマン】フリース EZキャリースリーピングバッグ C0

コールマンのフリース EZキャリースリーピングバッグ C0は、裏地に温かみのあるフリースを使用することで安心感のある暖かさを生み出してくれます。チェック柄でファッションとしてもおしゃれです。また、EZキャリーケースが付属されており収納性も抜群です!

キャンプにおすすめな寝袋⑰【スノーピーク】セパレートシュラフ オフトン ワイド

日本に本社を置くスノーピークからは、セパレートシュラフ オフトン ワイド。掛け・敷きにセパレートするお布団がコンセプトの寝袋です。足元のターンオーバーシステムを活用することで、「掛け」と「敷き」に分離して温度調節をすることができます。さらに、中綿には高機能保温素材のアモノフォロファイバーを使用しており、寒い場所でも体温を逃さず体を温めてくれます。

キャンプにおすすめな寝袋⑱【スノーピーク】ミリタリースリーピングバッグ

スノーピークのミリタリースリーピングバッグは、過酷な長期使用を想定して設計されたミリタリー専用の寝袋。湿気による保温低下が起こりにくい化学繊維を使用することで様々な環境でも快適な睡眠が得られるよう考えられたアイテムです。また、衣類などを入れて使用することができる枕用ポケットや、緊急時にすぐに取り出せるよう携帯電話が入る胸ポケットが搭載されていて機能性も優れています。

キャンプにおすすめな寝袋⑲【タケモ(takemo)】スリーピングバッグ3

軽くて強い素材にこだわる寝袋専門メーカー、タケモ(takemo)のスリーピングバッグ3は、春から夏の高山や秋から冬の低山に使用できるモデルの寝袋。ダウンのかさ高性を引き出すボックス構造が高い保温力を発揮します。また、生地には撥水加工がされており強くて軽いポリエステルリップストップを使用しています。

キャンプにおすすめな寝袋⑳【モンベル】ダウンハガー800#3

モンベル ダウンハガー800#3#1121360 バルサム(BASM) R/ZIP

モンベル ダウンハガー800#3#1121360 バルサム(BASM) R/ZIP

33,600円(09/20 20:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

アウトドア用品で知られるモンベルからは、ダウンハガー800#3。モンベル独自のスーパースパイラルストレッチシステムを採用した「伸びる寝袋」。軽量でコンパクトな上に保温性にも優れているため、夏でのアウトドアにはもちろん、冬キャンプにも使える通年で利用可能な万能アイテムです。

使用する季節や環境に合わせて寝袋(シュラフ)を探そう


キャンプをする季節や環境によっても、寝袋の選び方が変わってきます。

保温性はもちろんのこと、機能性や収納性などもそれぞれ違っているので、ご自身の目的に合わせて選んでいただくのがおすすめです!

楽しいキャンプに、快適な寝袋選びをしてみてください!