キャブコンをセミオーダーで!キャンパーアシスト「JOCT/ジョクト」

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

本日紹介するキャンピングカーは、

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」というキャンピングカーになります!

コンパクトキャブコン(ライトキャブコン)と呼ばれ、
マツダのボンゴというトラックがベースのキャンピングカーです。
カムロードベースのキャンピングカーよりもひと回り小さいサイズとなっております。

運転のしやすさと、価格が比較的抑えめにできるのがライトキャブコンのメリットです。
カムロードベースよりも100から150万円くらい安く手にすることができます。

 

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

全長4700mm
車幅1890mm
車高2650mm
室内高不明
車両重量不明
排気量1800cc
乗車定員6名
就寝定員大人3名 子供3名
 ベース車ボンゴトラックGL
車両本体価格4,240,000円より

ジョクトとは古代中国の伝説上の生物なんだそうです。
竜が産んだ9匹の子どもの末っ子で、巻貝のような形をしています。

このキャンピングカーがジョクトという名前をつけられたのは、その性格に由来しています。
ジョクトは普段は大人しい性格ながら、主人に危険がせまると守ってくれるんだそう。

取り回しの良いボディサイズと充実装備でオーナーを安心安全な旅へと連れて行ってくれるのが、このジョクトになります。
ボンゴトラックがベースとなっている、いわゆるライトキャブコンの分類に入ります。
ラウンジルームというレイアウトを選択した場合にはマルチスペースをつくる事もでき、ライトキャブコンにしては珍しいレイアウトになります。

 

キャンピングカー紹介

それでは、「JOCT(ジョクト)」の外観や内装を見ていきましょう。

外観

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

フォルムとしては一般的なキャブコンと同じです。
このサイズなら比較的駐車場も探しやすいのがポイント。

白が基本のベース車に黒を入れることによってしまった印象を与えてくれます。
しかもスペック表を見ると、このカラーリングはオプションになっていないので、標準でカラーリングしてくれるのかもしれません。
その他、大きなオプションは外観についていないようです。

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

3m近くなるキャブコンの車高にしては珍しく2.6m台の車高になっています。
室内で立ち上がったり歩いたりするのには十分な高さを確保しつつ、運転時に擦りやすい車高を低めに設計。
バンクベッドの高さは多少低くなりますが、お子様用として使ったり、
通常は使わない方、荷物置きとしても利用すると便利ですよ!

シーダブ犬
シーダブ犬
俺も犬高は低めだからな。

 

室内

◆ダイネット

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のダイネット

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のダイネット

ダイネットはオーソドックスなテーブルを挟んで、セカンドシートとサードシートで構成されています。
ドリンクホルダーをあえて2つにすることによりテーブルの広さを確保しています。

またライトキャブコンに多い、二人旅ユーザーにとってはドリンクホルダーは4つも必要ないですからね。そこも考慮しているんだと思います。

 

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のセカンドシート

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のセカンドシート

こちらがセカンドシート。
Revoというメーカーのシートが標準装備されていますが、オプションでFASPシートに変更することも可能です。
ちなみにこの展示車両はFASPシートに変更されています。
FASPシートはベッド展開するときに、段差が少なくシートを倒すことができるというメリットがあります。

走行中は2名座ることができまして、
テーブルを外せば前向きに座ることもできます。

背もたれに高さがあるので走行中もゆったり座れるのがポイントです。

 

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のサードシート

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のサードシート

テーブルを挟んで、セカンドシートの向かい側にあるのがサードシートです。
こちらも背もたれの高さが印象的。
走行中は2名座ることができます。

就寝時はテーブルを外して、セカンドシートとサードシートをリクライニングさせてフルフラットのベッドを展開することができます。

 

◆キッチンスペース

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の公式HPより

エントランス入って右側(車両の左側後部)にあるのがキッチンスペース。。

エントランスすぐの所には50Lの冷蔵庫が装備されています。重たい荷物を冷蔵庫にしまうのも楽ですし、BBQの時も靴を脱ぐ必要がないのでクーラーボックスも必要なくなります。
アウトドアが好きな僕は、冷蔵庫がエントランス近くにあるレイアウトが好きです。

冷蔵庫はエントランスすぐのところにあって、扉は外までグッと開きます。
重たい買い物をしてもすぐに冷蔵庫に入れられるのが嬉しいですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
重たい荷物持ってやろうか。

 

◆ベッド展開

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」

Camper Assist(キャンパーアシスト)社公式HPより

食事にも使えるソファ部分がベッドになります。
テーブルを外して、セカンドシートのヘッドレストを外してリクライニング、
サードシートも同様に動かしてベッドを作ります。

大人一人が就寝可能です。

 

◆バンクベッド

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」のベッド

Camper Assist(キャンパーアシスト)社公式HPより

バンクベッドのサイズなどの詳細は見当たりませんでしたが、しっかりとバンクベッドもあります。
おそらくこちらに子供が三人就寝できるのだと思います。

車高を低くしてあるので、普段使わない方は荷物入れとして割り切って使った方がいいと思います。
お孫さんが来たときに、ここを使うのがいいと思います!

 

◆常設2段ベッド

Camper Assist(キャンパーアシスト)社の「JOCT(ジョクト)」の常設2段ベッド

Camper Assist(キャンパーアシスト)社公式HPより

こちらが車両後部の常設2段ベッド。
こちらもサイズの記載はありませんでしたが、車両後部の2段ベッドに大人が一人ずつ就寝できるものと思われます。

コンパクト過ぎないサイズのシンクを持ちながら、このサイズのリアの常設二段ベッドは嬉しいです。
ライトキャブコンを選ぶ際に、このリアの常設ベッドに誰が寝るのか、またその時のサイズは十分か、を考慮するのは大事なポイントだと思います。

 

Camper Assistさんの公式HPはこちらから
https://camperassist.jp

 

Tackle’s Point

キャブコンクラスのキャンピングカーでセミオーダー出来るのはキャンパーアシストさんだけなのだそう。
家族のためのキャンピングカーがあるなら、趣味の時間を輝かせてくれるキャンピングカーがあってもいい。そんな思いから自由設計の趣味車として展開してるのだそうです。

Camper Assistさんの詳細はこちら

〒639-1052 奈良県大和郡山市外川町81-3
 
電話番号:0743-51-0005
定休日:水曜日
 
HPはこちら
https://camperassist.jp