キャンパー鹿児島「OREO/オレオ」

本日紹介するキャンピングカーは、キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」というキャンピングカーになります!

休日のドライブから車旅まで。「旅をもっと自由に、家族をもっと近くに」をコンセプトに開発されたのが、こちらのキャンピングカー。ハイエースの後部にはたっぷりの収納スペースが確保されておりながらも、しっかりと就寝スペースも確保されています。

キャンパー鹿児島「OREO/オレオ」

全長4695mm
車幅1695mm
車高2240mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2000cc
乗車定員5名
就寝定員4名
ベース車トヨタ ハイエース ロング
車両本体価格3,574,100円より

ウリは何と言ってもその価格。キャンピングカーがこの値段で手に入るのは本当に夢が身近に感じます。ここ数年、キャンピングカーで一番売れているのが400万円台ということで、オーソドックスなエントリーモデルとして分類されると思います。

普段使いに関しては、車高が2.3mを切っているので、ショッピングモールなどで一般的な2.3m以内の立体駐車場にも入れます。
お子さんと一緒にショッピングモールに遊びに行くのにも使えるのは、ファミリーをターゲットにしているからなんでしょうね。

オレオの外観や内装

それでは、キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」の外観や内装を見ていきましょう。

外観

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」

こちらが外観になります。
展示車の外観についているオプションとしてはサイドオーニングくらいでしょうか。サイドオーニングはキャンプでいうタープのことです。お子さんがいらっしゃる方や、アウトドアが好きで荷物が多い方はサイドオーニングがあるとタープを持っていく必要がないので便利です。パン屋さんの軒先みたいに、棒を引っ掛けてクルクル回すだけですので出し入れも楽チン!濡れた時も、家でタープを広げる必要もないので最高のオプションだと思います。

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」

また車幅が約1.7mということで、狭い道でも運転しやすいのがポイントです。日本の道路での運転は全長もそうですが、車幅が結構運転のしやすさを左右すると聞きます。小回りも効くので、慣れてしまえば運転しやすいと思います!
これ以上大きくすると、乗車定員が9名とかになってしまい、オーバースペックになってしまう可能性もありますからね。

室内

◆ダイネット

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のダイネット

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のダイネット

こちらがダイネット。
セカンドシートは前向きに座ることもできるようになっています。バンコンではオーソドックスなスタイルの対面式ダイネットで、走行中はセカンドシートに3名乗車することができます。前向き乗車した時は、足元に軽いサイドテーブルがあるので、それも嬉しいポイントです!

ドリンクホルダーもついていますよ!

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のダイネット

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のダイネット

こちらはテーブルを挟んでの車両後部になります。こちら側のシートにはシートベルトが付いていないので走行中は座ることができませんのでご注意を。就寝時はテーブルを外して、ここをフルフラットのベッドに展開します。車の縦方向に大人2名が就寝することができます。

HPにベッドサイズの記載がないのでなんとも言えませんが、ここのベッドに子供も1名就寝することが想定されているかもれません。

 

◆キッチンスペース

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

車両後部にキッチンスペースが確保されています。就寝時にはこのようにマットを敷いて子供用のベッドを展開することになります。両サイドのテーブルは一般的なエントリーモデルのバンコンの中では幅があるように感じます。

その分、多少真ん中の収納スペースが削られますが、外観オプションのサイドオーニングをつければアウトドアに行くのも全く問題ないと思います。

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

左側のテーブルにはシンクが隠れています。
小型のスレンレスシンクですが、手を洗ったり歯を磨く分には問題ないです。
もちろん蛇口部分は上下に動きます。
使わない時は木の蓋がついているので、それを閉めた上にマットレスを敷いて就寝することになります。

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」のキッチン

冷蔵庫もしっかりついています。
こちらは就寝時、マットレスを敷いた後も、かがめば冷蔵庫にアクセスできます。
夜、お子さんが喉渇いたと言っても手間がないのがいいですね。

◆収納

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」の収納

キャンパー鹿児島社の「OREO(オレオ)」の収納

こちらはシンクの反対側のシャッターの中です。ここにマットレスを収納することができますので走行中や調理の時も邪魔になりません。就寝時はここからマットレスを出して、キッチンスペースのテーブルの上にベッドスペースを作ります。
こちらは車の横方向にお子様が3名就寝することになります。(前述の通り、大人用のベッドのところに子供1人が就寝するのかもしれません)

色々なところにアクセスがよく、使い勝手のいいキャンピングカーとなっています。

キャンパー鹿児島さんの公式HPはこちらから
https://www.aa-k.com

まとめ

キャンパー鹿児島のエントリーモデルとして、シンプル イズ ベストなレイアウトになっています。この価格でキャンピングカーが手に入るのは、本当に夢が身近に感じますね。これからお子様と一緒にアウトドアの機会が増えそうな方にぴったりだと思います。

キャンパー鹿児島「レムセカンドアクト」

2019.10.24

キャンパー鹿児島さんの詳細はこちら

鹿児島県鹿児島市東開町5-17-1
 
TEL:099-268-8082
【定 休 日】毎週木曜日
営業時間/9:00~17:00(全曜日 祝日含む)
 
HPはこちら
https://www.aa-k.com