キャンパー鹿児島「Rem Forest/レム フォレスト」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

本日紹介するキャンピングカーは、キャンパー鹿児島の「レム フォレスト・Rem Forest」というキャンピングカーになります!

キャンパー鹿児島:レムフォレスト(Rem Forest)KUROS.ver

キャンパー鹿児島さんの人気シリーズであるレム。フォレスト以外だと、「レム セカンドアクト」という車種もあります。

この車の最大のウリは、最強のリチウム蓄電バッテリーリチウム蓄電池KULOS搭載車」で、なんとエアコンが13時間も使えちゃうんです!

インテリアも薩摩の家具が使われており、地元鹿児島の誇りを感じる一台になっています。

レムフォレスト(Rem Forest)の基本情報

全長5380mm
車幅1930mm
車高2285mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2700cc
乗車定員5名
就寝定員4名
ベース車トヨタ ハイエース キャンパー特装
車両本体価格7,810,000円より

普段はなかなか目にすることのない、「ハイエース キャンパー特装

基本はハイエースのスーパーロングDXという車です。

違いはというと、架装・改造を行うことが前提となっており、そのままでは車検が通らない車となっています。

つまり、必ずキャンピングカー等の架装・改造を行ってから登録する必要があり、単純に後部が空っぽの状態でビルダーさんに入ってくるということです。

いちいちハイエースの後部座席を外してからキャンピングカーを作ると大変ですからね。

元々のシートをどうするのかって問題も出てきますから。

レムフォレスト(Rem Forest)の外装・内装

それでは、キャンパー鹿児島社のレムフォレスト(Rem Forest)の外装や内装を見ていきましょう。

レムフォレスト(Rem Forest)の外装

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

展示車の配置の関係でギリギリの画角となっています。
基本的に大きなオプションは装備されていないようです。

ハイルーフなので、
室内で完全に立ち上がって歩くことはできませんが、ある程度の高さは確保されています。
肌感覚ですが160cm前後だと思います。

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

ハイエースの良いところはやっぱり後部のエントランスドアの広さですよね。
アウトドアなどに出かけて荷物が多い時に本当に楽に感じます。
物をぶつけるというストレスはやっぱりないほうがいいですからね。

シーダブ犬
シーダブ犬
キャンピングカーに飛び乗るぜ。

レムフォレスト(Rem Forest)の外装

◆ダイネット

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のダイネット

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のダイネット

こちらがダイネット。
セカンドシートは前向きに座ることもできるようになっています。

バンコンではオーソドックスなスタイルの対面式ダイネット。
走行中はセカンドシートに3名乗車することができます。

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

反対側のシートにはシートベルトが付いていないので走行中は座ることができませんのでご注意を!!

就寝時はテーブルを外して、ここをフルフラットのベッドに展開します。

◆キッチンスペース

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のキッチン

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のキッチン

座ったまま全てが手の届く位置に配置されています。
左側の上蓋を開けると冷蔵庫になっています。
ここにシンクを設置するキャンピングカーも多い印象がありますが、
このレム フォレストはシンクは車両後部についています。

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」の冷蔵庫

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」の冷蔵庫

40Lの冷蔵庫は、2Lのペットボトルも縦に収納することができます。
もちろん、使わないときはこの上を作業台として使うこともできます。
横向きになるので、毎日調理というよりは、出かけた時にお鍋なんていいかもしれないですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
今夜は鍋か。

◆ベッド

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のベッド

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」のベッド

レムという名前は、ご察しの通り睡眠用語からつけられたものです。
キャンピングカーってベッドがついてるんだよね?
そんなイメージを、ハードルを越えるようなベッドになっています。

三層特殊立体構造という特注品のマットレス。
体圧分散・寝姿勢保持・放温性などに優れています。
そのサイズは185cm×145cmということでダブルベッドに匹敵するほどのサイズになっています。
こちらに大人2人が就寝可能です。

個人的には、
ダイネットを展開して4人就寝ができますが、贅沢に2人旅の方にも使って欲しいと思います。
絶対に誰がここに寝るかでジャンケンしますからね。笑

ちなみにシンクは車両後部についています。
もちろんマットレスは外すことができますのが、
補助的な感覚になると思います。

◆リチウム蓄電システム「KUROS」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

キャンパー鹿児島社の「Rem Forest KUROS.ver(レム フォレスト クロスバージョン)」

ダイネット上部に設置されている600Wエアコン。
単体で13時間も使用できるんだそうです。

鉛バッテリーよりも容量が大きく、軽量で、超寿命。
キャンピングカー業界に衝撃をもたらしました。
噂によるとその容量は8倍とも10倍近いとも聞いたことがあります。

値段が高いと思われる方もいると思いますが、
エアコン付きで、高級なベッドマットがついて、テレビも見れて、
と考えれば納得の値段だと思います!

まとめ

エアコンつけて、バッテリー積んで、となると1000万円コースにもなりそうなイメージがありますが、
家具もしっかりしているし、コスパが高いと思います。
ちょっと贅沢に、やっぱり二人旅で使って欲しいですね!

キャンパー鹿児島「レムセカンドアクト」

2019.10.24

住所:鹿児島県鹿児島市東開町5-17-1
TEL:099-268-8082
定休日:毎週木曜日
営業時間/9:00~17:00(全曜日 祝日含む)

公式HPはこちらから
https://www.aa-k.com