【キャンピングカーの電気】キャンピングカーの電源と電気の使い方をまとめてみた!

キャンピングカーの電気について説明していこうと思う。

 

 

キャンピングカーの電気

一般の車にはシガーソケットがあって、エンジンをかけるとシガーソケットからスマートフォンを充電したりしてますよね。

電気もつくし、エアコンだってかけられる。

でも、キャンピングカーの場合はこのエンジンを切っても照明をつけることもできるし、スマートフォンを充電もできるし、暖房をつける事ができます。

それは一般の車とは違い、キャンピングカーは

  • メインバッテリー
  • サブバッテリー

と、バッテリーを2つ積んでいることにあります。

サブバッテリー

知らない人はびっくりかもしれませんが、キャンピングカーにはサブバッテリーという電源を1つ積んでいて、

このバッテリーに関してはエンジンを切っていても電気を使う事ができます。

つまり、エンジンを切ったまま照明をつけたり、暖房をつけたり、水道ポンプを起動させる事ができるんですね。

充電

実はサブバッテリーは使い続けると電気が切れてしまいます。

そんな時は充電の必要があります。

どうやって充電するのかと言いますと方法は3つ

  • 走行充電(走行中に勝手に充電してくる)
  • ソーラーパネルからの充電(ソーラーを装備していれば)
  • 外部から電源を引っ張ってくる

で、サブバッテリーに充電する事ができます。

外部から電源を引っ張ってくることに関してはまた後で。

コンセントが使えない??

キャンピングカーのシガーソケットは使えますが、コンセントは基本使えない。

外部電源を引っ張って来ないと、コンセントを使うのはちょっとリスクがあるんですよね。

というのも、キャンピングカーのサブバッテリーは直流12Vなのでこのままでは家庭用AC100Vの電気が使えないんですよね。

◆外部電源?

キャンプ場RVパークに泊まると、外に分電盤があり、そこにコンセント差込口があります。

キャンピングカーのコンセントと分電盤を繋いで、外部から電源を引っ張ってくる

そしたら、お家で使っているような「コンセントを刺したら使える家電」をキャンピングカーの中で使う事もできます

ドライヤーやテレビや炊飯器やプロジェクターなんかも使ってみるといいかもしれませんね。

使い方に関しては実は以前に紹介しておりますので、是非一度見てくれたらと思います。

電力の弱い家電

しかしながら、実際のところ外部電源をとらなくても、サブバッテリーの電気だけでコンセントを使っている人がいるのは事実。

  • スマートフォン
  • パソコン
  • カメラのバッテリー

の充電を行なっているそうです。

ただ、このコンセントで

  • 電子レンジ
  • エアコン
  • ドライヤー

などの電気を多く食ってしまう電化製品を使ってしまうとすぐに電気がなくなってしまうので注意!

インバーターを使うという手も

外部電源を取らずにコンセントを使いたい場合、「インバーター」を使うのが推奨されています

キャンピングカーのサブバッテリーは直流12Vだというのは先ほどお話しました。

このままでは家庭用AC100Vの電気が使えませんよね。

そこで、直流12VをAC100Vに変換するのがインバーター。

インバーターには30W〜2000Wまで種類がありますが、1500Wの物を使えば、電子レンジや炊飯器も使う事が可能になるため、用意しておいても良いかもしれません。

ただ、いずれにせよ、大きく電気を消費してしまう家電を使う時は、短時間の使用の方が良いですが。

まとめ

以上でキャンピングカーの電気についての紹介を終わります。

ちょっと複雑ですが、つまりは要充電であり、コンセントは外部電源を取るか、インバーターを使うのが無難だという事です。

キャンピングカーの電気関連は少なからず色んなところでトラブルの情報を聞きますので、しっかり知識を蓄えて置いた方が良いと思います。

基本を勉強して、快適なキャンピングカーライフを送りましょう。

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。