キャンピングカー生活におすすめなグッズ10選

車の中で生活をするとなると少し「えっ?」と思うような話ですよね。

でも、キャンピングカーならそれは実現できます。

ただ、やはりある程度の準備はしないといけません。

「どんな準備が良いのか?」

その持ち物を紹介しましょう。

キャンピングカーに持って行く物は?

キャンピングカーで旅をする時、

長期であればある程、車内で過ごす時間も長くなるので、

車内で生活をする事前提にした荷物になるかと思います。

生活に必要な道具??

そうですね。

生活に必要な道具って

おそらく就寝具や、調理器具、洗面用具はもちろんですが

暇つぶしに使うような雑誌やパソコンやポケットWifiも持って行くのではないかと思われます。

そうなると持って行く物はこんな感じ。

  • 就寝具(毛布、マット、枕)
  • 洗面用具(歯ブラシ、シャンプー、リンス、洗顔)
  • 調理器具、食器セット(フライパン、カップ、お皿)
  • パソコン
  • 充電ケーブル
  • ポケットWiFi
  • 雑誌
  • 着替え(靴下やパンツも)
  • タオル
  • 水着
  • クーラーボックス
  • お水、レトルト、フリーズドライ
  • カイロ
  • サンダル
  • アウトドアチェア
  • アウトドアテーブル

と結構色々持っていかないと行けない。

色々積み込んでみたものの忘れ物もしてしまいますよね。

もちろん持って行けるだけ持って行った方が安全ですし後悔もないですよね。

初めてのキャンピングカーであれば間違いなく持って行き過ぎなくらいが丁度良いと思います

キャンピングカーの必需品

キャンピングカーで生活するのには必ず必要になる道具があります。

  • 毎日使う
  • 生活をグッと快適にする
  • 収納に便利

もちろん、最初は家庭にある物をキャンピングカーで持ち込むと良いと思います。

ただ、やはり毎度毎度大きな布団を積み込むのは大変ですし、キャンピングカーの中で汚してしまうかもしれません。

キャンピングカー専用で使う物を準備しましょう。

就寝具

キャンピングカーでの就寝時には必須のアイテム。

日中の移動やアクティビティで疲れた身体を癒すのには就寝こそが1番重要になりますよね。

基本的にキャンピングカーの中はFFヒーターによって暖房も効くので、

毛布さえあれば十分だったりします。

また、シュラフ(寝袋)を持っているならば、それを掛け布団にするのでも大丈夫。

また、キャンピングカーのシートは少し硬くて気になる人は

是非マットレスを敷いてから就寝してみると良いと思いますよ。

枕はコンパクトに畳めるものが多いので、是非とも入れておきましょう。

人にもよるかもしれませんが、枕で睡眠の質はかなり変わります。

着替え

昼間は活発に動くので、動きやすい服を選んだり、夜は過ごしやすいような寝巻きだったり、

状況に合わせて色んな着替えを持って行くと快適です。

そこで、たくさんの着替えがコンパクトになる様に工夫。

このような圧縮袋でウェアを全て圧縮してしまえば、持ち運びも簡単。

場所もとらなくなるので収納スペースの節約になりますね。

お風呂セット

キャンピングカーの生活では、入浴施設を利用することが多いと思います。

大抵の入浴施設はシャンプーやリンス、ボディーソープも置いてますが、

ちょっとローカルエリアの銭湯に行くと、シャンプーもリンスもボディーソープも何もありません。

なので一応、お風呂セットは準備しておきましょう。

5日間程度の短期の旅行ならこういうので大丈夫でしょう。

リンスのいらないシャンプーにボディーソープが付いています。

歯ブラシもあるので、お風呂に入った時

ついでに歯磨きまで済ませることができますね。

電気ケトル

お湯を沸かしたい時、いちいちカセットガスコンロを取り出して

ヤカンにお水入れてとやるのは少し面倒なので

電気ケトルを持っていきましょう。

キャンピングカーは電気が使えるので、電気ケトルは友好的。

まるでお家にいるかのような快適さを味わうことができます。

山善の電気ケトルは見た目がすごくおしゃれだし、

デジタルで温度調節もできるのでかなり使いやすい。

充電器

スマホもカメラもポケットWiFiも、とにかく充電器は必須です。

ただ、一斉に全てを充電すると負荷をかけすぎてしまうので、バッテリーが悪くなる恐れがあります。

満遍なく交代しながら充電しましょう。

三又のコードなら交代しながら色んな端末の充電ができる。

コンセントの数だけ用意しておいてもいいかもしれませんね。

スリッパ

以外に便利なのが車内で履くためのスリッパですね。

やはり長時間過ごしますからキャンピングカーの中でスリッパを履くととても快適に感じるんだそうです。

ご自宅のスリッパをそのまま使っても良いですし、キャンピングカー用に

少し持ち運びにも便利なスリッパを用意しておいても良いかもしれませんね。

LEDランタン

夜中にトイレに行きたくなって、外に出ないといけないこともあります。

外に出る時に必要になるのは灯り。

LEDのランタンであれば、バッテリー充電ができるタイプのものが非常に多く、

キャンピングカーでも充電できるのでおすすめ。

こちらは2個セットでお値段が2,000円程度とかなり安い。

私も使用していますが、マグネットが内臓されているので車体の好きな場所にペタッとくっつけることもできて

めっちゃ便利です。

ゴミ袋

ゴミがなかなか捨てられない事があります。

特にキャンプ場やRVパークでなかなか宿泊できず、道の駅での宿泊をして来た場合

道の駅の施設でゴミを捨てるわけにはいかず、キャンピングカーにゴミが溜まります。

放っておくと臭うので、ゴミ袋がしっかりしているのは大切。

こちらは生ゴミやペットのフンやおむつ等、

臭いの出るゴミを中心とした物を入れることをおすすめとしたゴミ袋。

黒色なので外から見えないので、誰かに見られても恥ずかしくないですね!

緊急で必要になるもの

普段は使用しないけど、起こるかもしれない出来事。

それを対処するためのとりあえず用意しておきたい緊急の道具を紹介しようと思います。

緊急で使用するが、問題なければ使わない可能性もあります。

なので、基本はコンパクトで収納しやすいものを選びました。

救急セット

アウトドアをしていると子供がはしゃいでこけて怪我をすることだってあります。

そんな時に大切なのが救急セットになります。

お家の救急箱を車内に積み込んだり下ろしたりするのはちょっと大変そうなので

こいうった携帯できる救急セットを車内に積み込んでおきましょう。

小さな擦り傷から大きな擦り傷をカバーしてくれるバンドエードやガーゼ、

それから眼帯なんかも入っているのでこれでいざという時にでも治療ができます。

耳栓

就寝時に必要となる事があります。

キャンプ場、RVパーク、道の駅で必ずしも静かな場所とは限りません。

隣に国道が走っていたり、近くに電車が走っている可能性もあるし

たまたまとてもマナーの悪いお客さんが隣のサイトだった場合、うるさくて寝られないことも。

そんな時には耳栓が大活躍。

パパのうるさいいびき対策にもなります。笑

子供には小さな耳栓があります。

折りたたみ傘

旅の途中に雨に降られる事もあります。

キャンピングカーの中では雨でも快適ではありますが

トイレや食事を考えるとずっと中にいるわけにもいきません。

そんな時、折り畳み傘があると便利。

こちらの折りたたみ傘はワンタッチで使えるし、

そこそこ幅も広いので、親子で相合傘もできます。

カイロ

標高の高い場所の夜は夏でも結構寒いものです。

防寒着が十分にあれば良いけれど、予想を上回る寒さにもなる事があるので

そんな時に、非常用でカイロを準備しておくと安心。

また、冬場は冬場で首元や背中、足元に貼るととっても暖かい。

是非活用しましょう。

携帯トイレ

衛生上の問題でキャンピングカーにトイレを設備しない人は多い

それでも渋滞時にどうしてもトイレに行きたくなる瞬間はきます。

高速道路での渋滞の場合は逃げ場も無いので携帯トイレを準備しておきましょう。

携帯トイレ 大便もOK 「万能トイレくん」 2個組み

携帯トイレ 大便もOK 「万能トイレくん」 2個組み

1,320円(09/20 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

キャブコンの場合、必ず防水スペースが設置されているので、

そこをトイレが代わりにすれば匂いも充満しなくて済みます。

初めてのキャンピングカーは気付くこともたくさん!

自分の家族ならではの持ち物が必ずあると思います。

やはり実際にキャンピングカーで旅行してみないとそこは分からないですよね。

最初は練習として自宅の車庫でキャンピングカー旅ごっこをしている家族の話を聞いたことがあります。

一晩過ごしてみるとたくさんの気づきがあるので、練習してから本番の実践が1番良さそうですね。

キャンピングカーユーチューバー「うーちゃんねる」では

かなりリアルな体験談を紹介しております。

【くるまたびのアイテム】 キャンピングカーで旅をする前に準備すること!

2019.06.11

極力荷物量は減らそう

ただ、持ち物が多すぎると何がどこにあるのかわからなくなってきて、管理もしきれない。

なるべく自分の必要な分を理解するように心がけてどこかのタイミングで荷物を激減させてみても良いかもしれません。

荷物を多くするのは簡単ですが、減らすのは結構難しいし、思い切りが必要です。

ただ、旅をもっと気軽にスマートに楽しむには必要最低限の荷物が1番

備えあれば憂いなし

生活に必要な物があればキャンピングカーの中は家同然に快適!

中には家を持たずに何ヶ月もキャンピングカーで生活するツワモノもいるくらい。。。。

たくさんキャンピングカーに乗ってたくさん素敵な体験をするために

初めてのキャンピングカー旅の準備はとても大切!

是非、必要なものを揃えておきましょう。

関連記事

また、発電機があると更に快適に過ごすことができます。

電源の無い場所でもドライヤーやエアコンやテレビが見られるのもとても素敵ですよね。

どんな発電機が良いのかも紹介しております。

車中泊を快適に過ごすためにほしい!おすすめインバーター発電機5選

2020.07.01

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!