【自作キャンピングカー】車探しの旅!車中泊をするための車を選ぼう! vol.1

先日は私の自作ハイエースキャンピングカーが盗難にあった記事を書きました。

前回の記事:自作のキャンピングカー!ハイエースを車中泊仕様に改造してみた! vol.6 「ハイエースが盗難にあった!みなさん気をつけて!!」 

それでもめげない。

今日は新たなキャンピングカーを自作するべく、車を探す話をします。

新車探し

まず新車を探すために以下の項目を頭の中でイメージをしました。

  • 使用目的。
  • 乗車人数。
  • 車体の大きさ。
  • 必要な機能・装備・形状。
  • 予算との関係。新車にするか中古車にするか。

自分なりの条件を明確にして「自分が乗るクルマに何を求めるか」が大事だと思います。

「使用目的」、「乗車人数」、「車体の大きさ」、「必要な性能・装備」、「自分なりのこだわり」、 「予算」など

決めることは盛りだくさんですが、落ち着いて決めて行きましょう。

使用目的

普通の通勤や買い物がメインなら大衆車を選び、スピードに魅力を感じるならスポーツカーを選び、 優越感が欲しいなら高級車を選び、アウトドアやキャンプがメインならSUVやミニバンなどを選ばれると思います。

私の場合は、「キャンプ」「トレッキング」「スノーボード」「旅行」など

アウトドアに使うのが目的なのであり、荷物も積み込める車内空間が必要となるのでSUVやミニバンが候補になります。

乗車人数

予測される乗車人数を決めましょう。

一般的には5人乗りで2列シートの車種が多いと思います。

しかし6人以上乗せたい場合、3列シートが ある車種になり、家族構成や友人、誰と出かけることが多いかによって決まってくると思います。

私の場合は最低4人!

極端に言えば最終的にはセカンドシートを外して2人乗りでも構わなくて、 仮にみんなでワイワイしながら何処かへ行く時は誰かの車に乗せてもらいたいと考えています。

車体の大きさ

これは

  • 乗車人数
  • 駐車場
  • 運転技術

によって大きく変わると思います。

当然ながら乗車人数が多ければ大きくなり、駐車場の大きさに比例して大きさも変わるし、 運転に自信のある方は何でも大丈夫ですし、運転に自信の無い方はそれなりになると思います。

私の場合はハイエースのような車体の大きさの割に小回りが効いたり、鼻先が短かったり、運転席が 高いので、とても乗りやすかったと感じていたのでミニバンクラスまでなら大丈夫

必要な機能・装備・形状

車のグレードによって標準で装備されていたり、オプションになっていたりしている装備があると 思います。

私の場合はフロントの移動がしやすいベンチシート・インパネシフト・足踏み式パーキングブレーキなどに なっていると嬉しいです。

自分なりの絶対条件

大きさ・形状・内装など、

これは人によってかなり差があると思います。

私の場合は鼻先の短いのと、最近、車の乗り降りが難しくなっている親のためにスライドドアは必須です。

高級車は買えないので装備や内装に関しては特にこだわりはありません。

それと、4WDは絶対に付けたい装備

予算との関係

まず「中古車」か「新車」。

「国産車」か「外車」か。

「大衆車」か「高級車」などで 大きく変わると思います。

まとめ

以上のことを考えながら、私のクルマ探しの旅がはじまりました。

車が決まるまでいろんなサイトを見たり、ディーラーへ行ったり、イベント会場へ行ったりして、 ああでもないこうでもないと悩んでいる時間が意外に楽しいですよね。

さて、今日はどの車に乗って出かける夢でも見ようかな〜。

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年アウトドアを楽しんできたアウトドアマスター。 ハイエースを自作でキャンピングカーにしたことがあり、自作キャンピングカーでスノボ等を楽しんでいる。 世界を旅したこともあるそう。