キャンピングカーをレンタルするのにおすすめの車両は!?

アウトドアブームの流れからか、キャンピングカーのレンタルがかなり浸透してきて、

旅の宿泊手段としてキャンピングカーを選ぶ人も増えて来たと思います。

レンタカーを借りずに済む上に、大人数乗れてそのままキャンプ場やRVパークでの宿泊ができるので

意外にもリーズナブルでお手軽だと好評のキャンピングカーのレンタルですが

「いったいどんな車両をレンタルするのが良いのだろう??」

と考えてみると気になるもの。

キャンピングカーをレンタルする時の車両について

レンタル店舗によってその表現の仕方は様々。

東京キャンピングカーレンタルセンター(東京CRC)では

  • キャブコンハイエンド
  • バンコンハイエンド
  • キャブコンスタンダード
  • バンコンスタンダード

という表記になっており、

何となく、「スタンダードよりハイエンドなんだろうなぁ」と初めてキャンピングカーを見るお客様でも

わかり易い表記だなと個人的には思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
ハイエンドは高性能とか、高級を意味しているね!
良い響きだよね〜♪

しかしながら、一般的にキャンピングカーの車両を表現する時は

  • キャブコン
  • ライトキャブコン
  • バンコン

というようなシンプルな表現になるんですね。

だいたいこの3つの種類のキャンピングカーが貸し出されていて、

  • キャブコンは1番大きい車両
  • ライトキャブコンは形はキャブコンだけど、ちょっと小さめで運転が楽
  • バンコンが誰でも簡単に運転できる移動重視の車両

だという認識です。

 

で、どの車両が良いの??

お客様におすすめできる車両は当然、その人数によって変化します。

積載量や価格、運転技術の不安なども考えると、当然一概にこの車両が良いとは言えません。

少し部類分けしてみましょう。

5人でキャンプに行く!

5〜6人でキャンプに行くなら「キャブコン」がおすすめ。

理由としては

  • 中で立つことができる
  • 6人就寝できる
  • 積載量も確保されている
  • 冷蔵庫完備

というのが理由になります。

車両にはよりますが、基本的に6人の就寝スペースが確保されており、

ある程度たくさんの荷物が収容できるようなスペースまで確保されています。

また、冷蔵庫や水道、電子レンジ、トイレ等

生活に必要な物が確保されているし、中で直立できるので長い時間過ごすのには最適。

特に、キャンプ場で過ごすのであれはのんびり滞在することになると思うので

キャブコンが1番だと思われます。

5人で観光に行く!

5人で観光に行く場合、どうしてもスペック的にはバンコンでは足りず、

「ライトキャブコン」が良いでしょう。

理由としては

  • キャブコンよりレンタル料が安い
  • 5人で就寝ができる
  • キャブコンよりは運転しやすい

があります。

キャブコンよりも少し小さいライトキャブコンは大きな車両の運転が不安だと思う方には最適。

また、ライトキャブコンとは言えど中では直立できたり、冷蔵庫や水道もあるので

長時間過ごす様なキャンプもできます。

ただし、収納スペースがあんまり広くは無く、大荷物にはできませんので注意。

1〜4人で観光に行く!

4人で観光の旅に出るなら「バンコン」がおすすめ!

理由としては

  • 料金が安い
  • 移動しやすい
  • ポップアップがあれば4人でも十分な就寝スペース
  • 暖房完備

があります。

観光がメインであればそこまでキャンピングカー内での滞在時間も長くはないので

就寝さえしっかりできれば良いと思います。

キャブコンに比べると、バンコンの方が確かに居住スペースは狭いと感じますが

運転性能はバンコンの方が良く、安定しているし、立体駐車場にも入れたりと、

移動に関してのストレスがほとんど無いのが嬉しいポイント。

種類別、おすすめのキャンピングカー

それではどんな車両がレンタルできるのか見ていきましょう。

今回は種類別に、大人気な車両を取り上げてみます。

キャブコンのおすすめ

 

ナッツRV「クレソンボヤージュ」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

(出典:ナッツRV

コチラはナッツRV製作のキャンピングカーで車両名は「クレソンボヤージュ」になります。

間違いなく豪華な内装のシートはフカフカしていて就寝時も気持ちよく使うことができます。

また、テーブルのあるスペースが改造できる様になっており、ベッドになります。

後部はダブルベッドでその下は大きな収納スペースになりますので

大きな荷物でも安心して持ち運びができるんですね。

全長 4,990mm
車幅 2,070mm
車高 2,910mm
乗車定員  7名
就寝定員  6名
 ベース車 トヨタ カムロード
車両本体価格 ¥6,238,200ー(税抜)

 

ナッツRV「クレア」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

(出典:ナッツRV

こちらもナッツRV社製作のキャンピングカー。

車両名は「クレア」になります。

落ち着いた色の内装で、綺麗にまとめられています。

冷蔵庫が90ℓ、電子レンジもついているのがこの車両の標準装備。

後部は二段ベッドになっていますが、長さ1,900㎜で幅が1,200㎜もあるので

大柄な男の人でも問題なく就寝できる。

全長 4,990mm
車幅 2,070mm
車高 2,910mm
乗車定員  6名
就寝定員  5名
 ベース車 トヨタ カムロード
車両本体価格 ¥7,445,100ー(税抜)

バンテック「ジル」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

こちらはバンテック社製作のキャンピングカーで「ジル」という車両です。

ジルシリーズはインテリアの空間演出に力を入れており、高級路線のキャンピングカーという印象があります。

テーブルを挟んで対面式のダイネットがあり

通常のキャブコンで使われるテーブルよりもひと回り大きい。

標準装備で90ℓの冷蔵庫と二口コンロのキッチン水道等あるので

かなり快適な生活を送れると思います。

キャンピングカーの中でもかなり高級志向ですね。

全長 5,160mm
車幅 2,110mm
車高 2,940mm
乗車定員  7名
就寝定員  5名
 ベース車 トヨタ カムロード
車両本体価格 ¥7,900,000ー(税抜)

VANTECH/バンテック「Zil520/ジル520」

2019.10.07

ライトキャブコンのおすすめ

エートゥーゼット「アミティ」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

AtoZ(エートゥーゼット)社製作のキャンピングカー「AMITY (アミティ)」という車両名になります。

アミティの室内はインテリアコーディネーターの方が担当しているので、
その配色は綺麗に統一されています。

その内装は女性にめちゃめちゃ人気。

室内の、家具が木製であるのも雰囲気作りになっています。

バンクベッドのサイズがなんと、横幅1800×奥行1420㎜とかなり広め。

子供なら3人並んで就寝することができそうですね。

車両後部の常設2段ベッドでサイズは1840㎜×720㎜

また、テーブルを外してシートを倒せば、そこもベッドになります。

全長 4,690mm
車幅 1,950mm
車高 2,770mm
乗車定員  6名
就寝定員  6名
 ベース車 ボンゴトラック
車両本体価格 ¥3,980,000ー(税抜)

AtoZ/エートゥーゼット「AMITY BOSCO/アミティ ボスコ」

2019.10.20

東和モータース「カービィR2B」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

L字型のソファは大人気!

皆でテーブルを囲みつつ食事をとれる内装はライトキャブコンにはなかなか無い、贅沢な空間の使い方です。

また、内装は外部からの光の反射を利用するためにホワイトベースでできているので

中は明るく、風通しも良い。

そして就寝スペースはリアに広がる大きなダブルベッドと運転席上部のバンクベッド。

1家族で快適に使えるような仕様になっておりますね。

全長 4,850mm
車幅 2,000mm
車高 2,700mm
乗車定員  大人2名子供2名
就寝定員  6名
 ベース車 ボンゴトラック
車両本体価格 ¥3,980,000ー(税抜)

ファンルーチェ「エルニド」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ファンルーチェ社製造のキャンピングカー「エルニド」。

綺麗にまとめられた内装は細部までこだわりが強い。

設備がぎゅっと濃縮されていて、生活にも不便が無いのも嬉しい。

就寝スペースのシートの触り心地もとてもよく、横になればぐっすり眠ることができる。

就寝定員は6名ではあるけれど、5名程度で利用するのが丁度いいかもしれません。

全長 4,860mm
車幅 1,930mm
車高 2,880mm
乗車定員  6名
就寝定員  6名
 ベース車 ボンゴトラック
車両本体価格 ¥4,550,000ー(税抜)

 

バンコンのおすすめ

では、今度はバンコンのおすすめ車両を紹介します。

バンコンでも車両によって内装が全然変わりますので、自分の好きなバンコンを探しましょう。

RVランド「リノ プレミアム」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

高級感のある内装ですよね。

限られたスペースの中で最大限に過ごすためのスペースつくりができていて、

水道や冷蔵庫などの設備を集約する事で誰でも簡単に使えるようにしてあります。

また、ベース車がハイエースのスーパーロング特装車なので、

高い運転性能に期待。

全長 5,380mm
車幅 1,880mm
車高 2,285mm
乗車定員  8名
就寝定員  3名
 ベース車 トヨタ ハイエーススーパーロング
車両本体価格¥4,989,600ー(税抜)

RVランド「Lino premium /リノ プレミアム」

2019.11.03

トイファクトリー「バーデン」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

トイファクトリー社製造のキャンピングカー「バーデン」になります。

キャンピングカー専門誌『オートキャンパー』の2010年アワードで、

なんとベスト1に輝いたというバンコン です。

広いリビングスペースに、常設ベッド。

そしてキッチンスペースまで用意されているので、キャブコン顔負けのスペックの高さですよね。

全長 5,380mm
車幅 1,920mm
車高 2,285mm
乗車定員  7名
就寝定員  5名
 ベース車 トヨタ ハイエーススーパーロング
車両本体価格 ¥5,400,000ー(税抜)

2010年アワード、ベスト1!【トイファクトリー・バーデン】

2019.06.10

RVビックフット「スウィング」

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

RVビックフット社製造のキャンピングカー「スウィング」です。

普段使いも長期旅行のことも考えられて作られているだけあって、座席のシンプルさと

程よいスペース感はかなり使いやすい。

水道、冷蔵庫、電子レンジ等の必要な装備が揃っているので、外食をしないときでも

しっかり車内でご飯は食べることができますね!

全長 4,990mm
車幅 2,070mm
車高 2,910mm
乗車定員  6名
就寝定員  5名
 ベース車 トヨタ カムロード
車両本体価格 ¥7,445,100ー(税抜)

まとめ

最初はキャンピングカーって何なのかもわからないし、

いろんな車両があるので迷うかもしれませんが、

用途によって車両の選び方が変わる楽しさがあることが伝われば良いなと思います。

今回のまとめ
  • 大人数キャンプならキャブコン
  • 大人数観光ならライトキャブコン
  • 少人数観光ならバンコン

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!