レクビィ社「トップセイル・Topsail」のバンコン !

みなさんこんにちは、Tackleです♪( ´▽`)!
本日紹介するキャンピングカーはこちら、レクビィの「トップセイル・Topsail」という車になります( ´ ▽ ` )!

レクビィ:「トップセイル・Topsail」

この車を作っているのがRecVeeさん。

設立年は1984年。本社は愛知県瀬戸市にあります。

HPには社長さんのお話が掲載されておりますが、「Quality of life」という言葉を大切にされているようです。

人生やっぱり、楽しい方がいい!

家族や友人との時間をキャンピングカーを通じで共有して欲しいという思いに共感しました。

ではでは、本日紹介する車はこちら。

「トップセイル・Topsail」の基本情報

全長  5,380mm
車幅  1,880mm
車高  2,400mm
室内高  不明
車両重量  不明
排気量  2,693cc
乗車定員   7名
就寝定員   5名
 ベース車   トヨタ ハイエースSL 特装車
車両本体価格  ¥5,380,000(superiorの4WDでの値段です)

「トップセイル・Topsail」の外装・内装

「トップセイル・Topsail」の外装

レクビイさん渾身の一台。 Topsail

「トップセイル・Topsail」の内装

運転席・助手席だって乗り心地抜群!

インテリアのカラーは、落ち着いた雰囲気を演出してくれるモカブラウン。

このテイストはやっぱりレクビイさんしか出せませんね。

また、キリッとした色合いになるチタンブラックも選べるそうです!

「トップセイル・Topsail」のダイネット

セカンドシートと対面して食事がとれます。

この派手すぎないテイストがゆったりとした時間を過ごさせてくれそうですね。
テーブルともいい感じにマッチしてます!
そこで、皆さん。
キャンピングカーに乗っていて、このテーブルのしまう場所に困ったことはありませんか!!?
僕は正直、いつも悩みます。
運転中。
倒れないように場所を選ばなきゃいけない。
就寝時。
他の荷物との兼ね合いが・・・。
ご安心ください。

スタッフさんが実践してくれました!

これ、あったら本当に便利ですよ!!!
こうやって使っていくうちに不便だなーって思ったことが、キャンピングカーの快適さに繋がっているのですね。

こちらがサードシート。

スタッフさんの下にひょっこり見えていたのが、サードシート。
こちらも同じ素材を使っているので、贅沢な乗車になりそうですね。
もちろん、このサードシートとセカンドシートを倒すとベッドにすることができます。

「トップセイル・Topsail」のキッチン

冷蔵庫とキッチン。

Topsail superior には49リットルの冷蔵庫が標準装備でついています。
後部のスライドドアの近くにあるので、重い荷物もすぐに冷蔵庫にしまえます。

また、冷蔵庫の上はキッチンスペースとなっていて、カセットコンロがあれば車内で調理もできます。
ハイエースの車内にキッチンスペースと聞いただけで室内が狭いってイメージがある方も、
このコンパクトサイズなら納得いただけると思います。

ステンレスシンク

ステンレスシンクは上部の蓋を閉めておけば生活感を消すことが出来ます。
汚れが目に見えるのは嫌ですからね。

「トップセイル・Topsail」のベッド

リアのベッドはワンタッチスライド。

こちら、リアの常設ベッドはワンタッチのスライド式になっています。
大人三人がゆったり寝れるほどのスペースを確保できます。
マットの素材もいいので快適な睡眠を確保できそうですね。

「トップセイル・Topsail」の収納

乗る・寝る・積むの全てを揃えたキャンピングカー。

乗れる・寝れる・積めるの三拍子が揃ったキャンピングカー!
車両後部から見ると、荷物がいかに積めるかがわかります。
BBQセット、イス、テーブル、タープ。まだまだ入りそうですね。
乗車定員が7名なので、みんなんで日帰りの釣りに行っても楽しそう!

「トップセイル・Topsail」のシャワー

外で足が洗えます。

このようにシャワーは外に向かって使うことが出来ます。

まとめ

バンコンの中で随一の室内の広さを誇るのがポイントです。
シャワーも車両後部についていて、キッチンスペースもコンパクトになっています。
この車で出かけるときは、外でご飯食べる!雨の時だけ車内がいい!という方にぴったりだと思います。

キャンピングカー屋さんの仕事って!?レクビィの増田社長に聞いてみた!

2019.01.21

レクビィの【シャングリラ】はJAXA開発の断熱塗装を使用したキャンピングカー!

2019.02.09
レクビィの詳細

HPはこちらから
https://recvee.jp

本日の用語の解説

キャンピングカーのテーブル

キャンピングカーではテーブルのことをダイネットと呼びます。
家庭でのダイニングと同じ語源です。
キャンピングカー好きはダイネットと呼ぶ方が多い印象ですよね?

僕のブログは誰が見てもわかるように心がけています。

なので、あえてテーブルという言葉を使ったりします。

日本一のキャンピングカーブログを目指します!
現在のランキング3位\\\\٩( ‘ω’ )و ////
ここから上になかなか上がらない・・・。

下記のリンクのクリック数で決まるので、クリックいただけると嬉しいです!
只今の順位も確認できます!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!