【知らなきゃ損!】旅先でキャンピングカーを使いこなす7つの方法

キャンピングカーといえば、旅!時間やお金を節約できるのはもちろん、自分好みの自由な旅ができるのが、キャンピングカーでの旅のいいところです。

とはいっても、まだまだ日本ではキャンピングカーでの旅が一般的でないのも事実。新幹線や電車、飛行機、バス、自家用車での旅とどこが違うの?どんな旅ができるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

またキャンピングカーはその名の通り、キャンプの際に利用するイメージもありますが、実はその他にもいろんなシーンで活躍します。
この記事では、そんなキャンピングカーをもっと使いこなすためのおすすめな使い方ををご紹介します。

キャンピングカーを使い方(1)子ども連れの遊園地


旅行の定番といえば、遊園地!特に子どもがいるご家庭では、年に1回は思い出作りに行くというところもあるのではないでしょうか。でも、交通費に入場料、宿泊費など、たった1泊するだけでもかなりのお金がかかりってしまいますよね。しかも小さい子どもを連れていくと、もちろんいい思い出にはなるものの、親はどっと疲れてしまいます。そんなお悩みを解消できるのが、キャンピングカーでの旅行!うまく活用すれば、時間とお金を節約することができます。

例えば、夜に自宅を出てキャンピングカーに宿泊し、開園と同時に入場するようにしてみてはいかがでしょうか。混雑する前に、人気アトラクションに乗っちゃいましょう!荷物を積み放題なのも、ありがたいですよね。子どもたちのオムツや着替え、傘や長靴、何種類かの靴、おもちゃ、ティッシュペーパー、お菓子など、大量の荷物を積み込むことができるので、何かのときも安心。公共交通機関だと、乗り遅れないか、子どもが騒がないかとドキドキですが、キャンピングカーだとその心配もありません。もし当日、雨が降ったり、暑すぎたり、寒すぎたり、子どもがぐずったりしたときには、気軽に車内に戻って休憩すればOK。もちろんトイレに行くときも、迷子にならないかヒヤヒヤする必要はありませんし、広いパーク内でトイレを探してさまよう必要はありません。

思い出作りとして、食事をキャンピングカーでとってみるのも楽しいものです。子どもたちも、非日常を感じて喜んでくれるはず!もちろん、パーク内で食べるよりもぐっと費用を抑えられます。

キャンピングカーを使い方(2)野外フェスやコンサート


野外フェスやコンサートにも、意外とキャンピングカーが便利です。
ホテルの満室が続出する時期だけど、テントで寝ても疲れは取れなさそう……そんな方は、キャンピングカーで広々と車内泊をしてみてはいかがでしょうか。また、暑かったり寒かったりするとき、お目当てのアーティストの出演時間以外は、キャンピングカーの車内でまったり休憩することもできます。道が空いている早朝に到着して、ゆったり着替えや身支度をしつつ開場を待つのもいいですね。特に女性が野外フェスで困りがちなのが、「トイレ問題」。女性用のトイレは長蛇の列ですし、あまり清潔でないことも。そんなとき、キャンピングカーがあれば、ストレスゼロでフェスを楽しめます!

キャンピングカーを使い方(3)温泉めぐり


温泉めぐりにも、キャンピングカーが大活躍。キャンピングカーがあれば、公共交通機関が整っていない、少し離れている温泉地でも、軽々移動することができます。また特に女性にうれしいのが、車内で身支度を整えられること。着替えをしたり、髪を乾かしたり、化粧をしたり、荷物整理をしたりといったことが、車内のプライベートな空間なら自由にできます。温泉にちょっと疲れたら、車内で涼むのもいいですよね。

キャンピングカーを使い方(4)ペットが喜ぶ旅


意外と見逃しがちなキャンピングカーのメリットとして、ペットと一緒に旅ができることが挙げられるでしょう。
禁止されているわけではないといっても、やはりペット連れで公共交通機関で移動すると、なんとなく肩身が狭いことも。またペットが快適かどうか、不安になりますよね。
キャンピングカーなら、誰の目も気にすることなく、気ままに旅をすることができます。もちろん温度調節なども自由自在なので、ペットたちにとって快適な環境を整えた旅ができますよね。
大切なペットに負担をかけず、気ままに楽しい旅ができるのも、キャンピングカー旅のメリットだといえます。

キャンピングカーを使い方(5)ウィンタースポーツやマリンスポーツを満喫する旅


大人数で楽しめる、マリンスポーツやウィンタースポーツを目的とした旅。でも、ただでさえ荷物が重いのに、人数分の荷物を載せられる普通車を探すのは大変です。荷物の積み下ろしだけで時間がかかってしまい、貴重なレジャーの時間が減ってしまうかもしれませんよね。そんなシーンでおすすめしたいのが、車内が広いキャンピングカー。濡れたウェアや水着の着替えにも、疲れたときの休憩スペースとしても便利に使えます。マリンスポーツのときに助かるのは、車内で日焼け止めの塗りなおしや、お化粧ができること。発電機を積んでいるキャンピングカーなら、ドライヤーも使って身だしなみを整えることもできますよ。ウィンタースポーツのときは、温めておいた車内でコーヒーなどを飲みながらゆっくりしても。一日中遊び続けていると疲れてしまうので、適宜キャンピングカーに戻ってまったりして、また遊びに行くのもアリですよね。

キャンピングカーを使い方(6)弾丸充実旅

キャンピングカーを使いこなす旅のメリットは、時間を有意義に使えること。キャンピングカーには「移動」と「宿泊」の2つの機能が備わっています。だから、目的地まで移動して、サービスエリアで眠り、翌日は朝から晩まで遊び、また移動して……という充実した旅を、弾丸スケジュールでこなすことも可能です。ホテルに泊まる場合、チェックイン・チェックアウトの時間が設けられている分、自分の思い通りのスケジューリングができないことも。キャンピングカーなら、そんな心配は不要です。また、広々としたフラットなベッドで眠れるので、まるでホテルや家で眠っているかのよう。ゆっくり休んで、翌日の楽しみに備えましょう!

キャンピングカーを使い方(7)究極まで費用を節約する旅

旅行費用を節約できるのも、キャンピングカーを使った旅のメリットです。先述したように、キャンピングカーで移動して、サービスエリアで眠り、次の1日を遊び倒すなら、交通費だけでなく、宿泊費もかかりません。さらに見逃せないのが、食費の節約。新幹線で移動して宿泊はホテル、食事はレストランで……となると、費用がかさみ、海外旅行にも行けそうな金額になってしまうことも。キャンピングカーなら、テイクアウトした食事を車内でゆっくり食べることもできます。昼食はその地の名物を、夕食は軽めにテイクアウトで、などと決めてメリハリをつけても楽しいですね。せっかくの旅行。交通費と宿泊費、食事は賢く節約して、贅沢に遊びましょう!

まとめ


以上、キャンピングカーを使いこなす度のアイデアをご紹介しました!
普段の旅とはひと味違った旅を、キャンピングカーで楽しんでみてはいかがでしょうか。