【2019年上半期】人気のキャンピングカーオリコンランキングBEST5

2019年人気のキャンピングカーランキング

みなさんこんにちは、YouTube【キャンピングカーTV】のTackleです!

あっという間に2019年も上半期が終わってしまいましたね。
と、いうことで本日は2019年1月1日から6月30日までにアップしたキャンピングカーの紹介動画で
最も視聴回数が多かったキャンピングカーをオリコン形式でご紹介します!

 

第5位 ナッツRV【CREA(クレア) 5.3X エボリューション】

2019年人気のキャンピングカーランキング

ナッツRV社のクレア

全長4990mm
車幅2070mm
車高2910mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2000cc
乗車定員7名
就寝定員4名
 ベース車トヨタ カムロード
車両本体価格¥7,445,100より

 

幻のレイアウトが特徴

2019年人気のキャンピングカーランキング

クレアエボリューションの室内

王道の優等生キャンピングカーであるナッツRV社のCREA5.3Xが5位にランクイン。
特徴は、キャブコンでは珍しい「リアのダブルベッド+マルチスペース」というレイアウト。

業界では幻のレイアウトなんて呼ばれたりもします。
リアのベッドはマルチスペースの関係で、足元が狭くなっておりますが、大人2人がゆったり就寝できるスペースを確保。
マルチスペースはお手洗いにしてもいいですし、あると非常に便利なスペースです。

間接照明が高級感を演出

2019年人気のキャンピングカーランキング

室内の照明がおしゃれ

ナッツRVさんは日本最大のキャンピングカービルダーとして有名で、
そのコスパの高さから絶大な人気を誇っています。

室内のレイアウトも洗練されており、間接照明は室内で過ごす時の雰囲気をよくしてくれます。
やっぱりキャンピングカーはいいなぁと思わせてくれる一台です。

クレアの詳細はこちらから
https://campingcarweb.jp/2019/04/22/nutsrv_creaevolution/

 

第4位 カトーモーター【DD(ディーディー)】

2019年人気のキャンピングカーランキング

DDの外観が特徴的

全長5380mm
車幅2050mm
車高2900mm
室内高2100mm
車両重量不明
排気量2700cc
乗車定員5名
就寝定員大人4名 子ども3名
 ベース車トヨタ ハイエース スーパーロング ハイルーフ
車両本体価格6,673,000円より

ハイエースがベースとなっているバンコンになります。
運転席上部にバンクベッドがあるのでキャブコンかな?と思われる方も多いかと思いますが、
ボディカットは天井部分のみになっているのでカテゴリー的にはバンコンになるんだそうです。

 

バンコンではあり得ない室内高が魅力の1台

2019年人気のキャンピングカーランキング

室内で着替えも楽々

一般的なバンコンのメリットはその走行性の良さが挙げられます。
トラックがベースとなるキャブコンよりも揺れやハネが少ないのが特徴ですが、
逆に室内で立てる高さがないのがデメリットとしてありました。

カトーモーターではキャンピングカー製作を自社一貫で行っているので、
ハイエースの天井部分をカットして、高さを出すことに成功しました。
これで室内空間の問題も解決されますね。

 

こちらも負けずの幻のレイアウト

2019年人気のキャンピングカーランキング

カトーモーター のDDはダブルベッド

5位のクレアでもご紹介しましたが、こちらの車もリアのダブルベッドにマルチスペースという幻のレイアウトを採用。
またカトーモーターはベッドマットにも非常にこだわっており、低反発のマットレスを使用しています。
僕も実際に一晩寝せていただきましたが、本当に快適に過ごすことができました。

室内の断熱と静音性にも自信を持つカトーモーターの最高傑作。

DDの詳細はこちらから
https://campingcarweb.jp/2019/04/01/katomotor_dd/

 

第3位 日本特種ボディ【HAYABUSA(はやぶさ)】

2019年人気のキャンピングカーランキング

日本特種ボディの蜂谷社長

こちらの車はフルオーダーメイドということで詳しい情報はありまあせんが、
とにかくこだわりの詰まった一台となっています。

NTBさんは、いすゞのビーカムを専門に扱うキャンピングカービルダー。
キャブコンではカムロードがベース車としてよく使われていますが、ビーカムにはメリットも多数あります。

 

圧倒的な走行性と安全性

2019年人気のキャンピングカーランキング

日本特種ボディのはやぶさ

通常カムロードでは1.5tのトラックをキャンピングカー用に変更したものが使われますが、
こちらのビーカムは2tのトラックをベースに作っているので、カムロードよりも安定性が高いです。
具体的にはカムロードの場合総重量が3.5t未満で製作しないといけないそうですが、こちらの場合は3.5t以上で作らないといけないんだそう。

装備もかなり充実しているので、安全性の高いベース車を使用しています。

 

室内に豪華なフル設備を

2019年人気のキャンピングカーランキング

日本特種ボディのはやぶさのダイネット

重さに強いということは、キャンピングカーで使うための電装系のものも大量に積むことができます。
例えばサブバッテリー。12V190Aのサブバッテリーが床下に4個も付いています。
なんとサブバッテリーだけで200kgもの重さを搭載しています。

日本特種ボディのはやぶさのダイネット

日本特種ボディのはやぶさのダイネット

ソーラーパネルも付いているので、エアコンはエンジンをかけなくてもつけっぱなしでOK。
IHクッキングヒーターやヘルシオも搭載し、僕の家庭よりも完全に豪華な車内になっています。笑

さらに浴槽、ミストサウナ、ルームシアター、、、
私たちの想像を超えるキャンピングカーがそこにはありました。
こちらは後編の記事で紹介していますのでご覧ください。

 

はやぶさの詳細はこちら
【前編】https://campingcarweb.jp/2019/06/25/ntb_hayabusa/

【後編】https://campingcarweb.jp/2019/06/27/ntb_hayabusa2/

 

第2位 トイファクトリー 【コルドバクルーズ】

トイファクトリーのコルドバクルーズ

トイファクトリーのコルドバクルーズ

全長5,380mm
車幅1,920mm
車高2,285mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2.7L ガソリン/2.8L ディーゼル
乗車定員4名
就寝定員2名
 ベース車TOYOTA HIACE SUPER LONG SPECIFICATIONS OF CAMPERVAN
車両本体価格5,400,000円より

 

クルーザーのエッセンスを詰め込んたキャンピングカー

トイファクトリーのコルドバクルーズ

トイファクトリーのコルドバクルーズのダイネット

大海原を走るクルーザーも、キャンピングカーも最高の遊び道具でありステータスの象徴として見られます。
クルーザーのエッセンスを最大限にキャンピングカーに詰め込んで、山も海も楽しめるキャンピングカーとなったのがこちら。

「ダイネット」と「ベッドスペース」を中心としたレイアウトになっています。

 

ダイネット空間を最大限に活かす工夫が

トイファクトリーのコルドバクルーズの運転席

トイファクトリーのコルドバクルーズの運転席

ダイネット空間を最大限に活かすために考案されたのが、シートを後ろ向きにも座ることができるシステム。
「The Back Seat」というオリジナルシートは座り心地も抜群。
肘掛部分も手を抜かずにマットレスが敷かれています。

バンコンの場合、室内空間が限られるのでこういうレイアウトは嬉しいですね。

 

人気の高い幻のレイアウト

トイファクトリーのコルドバクルーズのベッド

トイファクトリーのコルドバクルーズのベッド

ここまで登場すると、リアのダブルベッドにマルチスペースのありがたみが減ってしまいそうですが。。。笑
本当にこのレイアウトのキャンピングカーって珍しいんですよ。

このレイアウトが人気なんでしょうね!
こちらのベッドも足元の方が狭くなっているので、左側を足にして寝るといいと思います。

コルドバクルーズの詳細はこちらから
https://campingcarweb.jp/2019/06/09/cordoba-cruise/

 

 

第1位 Funluce(ファンルーチェ ) 【ウラル】

ファンルーチェのウラル

ファンルーチェのウラル

全長4820mm
車幅1920mm
車高2690mm
室内高不明
車両重量不明
排気量2000cc
乗車定員6名
就寝定員大人2名・子供2名
 ベース車トヨタ ハイエース ロングバン
車両本体価格6,480,000円より

栄光の第一位に輝いたのは、ファンルーチェさんのウラルです!
正直、上位3位は日によってランキングが変わるくらい接戦となりました。

王道のハイエースキャブコンです。

 

室内は流石のファンルーチェブランド

ファンルーチェのウラル

ファンルーチェのウラル

完全にファミリー層にターゲットを絞った、シンプルかつ高級感あるレイアウトが特徴のキャンピングカー。
シートのレザーも座り心地、触り心地が良くお子様を載せるのも安心感が高いのが人気の秘訣です。

ダイネット空間も十分に取られており、家族団らんもここで快適に過ごせます。

 

子供用ベッドは最高級の高級感

ファンルーチェのウラル

ファンルーチェのウラル

こちらはリアのベッドですが、横向きの子供用のベッドとなっています。
ウラルの子供用のベッドはキャンピングカー界の中でも最高級だと思います。

照明はワンタッチのタッチセンサー付き。正面の木枠の中にはエアコンが装備されています。
エアコンの室外機などは緻密に計算された場所に設置されているので走行性も安定しています。

 

納得の1位といったキャンピングカーだと思います。

ウラルの詳細はこちらから
https://campingcarweb.jp/2019/04/11/funluce_uralasia/

 

 

2019年もキャンピングカーの人気は続く

2019年になってテレビでキャンピングカーが特集される機会が増えています。
YouTuberもどんどんキャンピングカーに進出しており、僕も一緒にキャンピングカーの楽しさを広められたらいいなと思います!