「ワイドトレッドダブルタイヤ」はカムロードのニュータイプシャシー!

カムロードのダブルタイヤワイドトレッド

みなさんこんにちは、YouTube【キャンピングカーTV】のTackleです( ´ ▽ ` )!

本日は、
2019年、キャンピングカー業界に衝撃が走った新たな動きを紹介します!

キャブコンのベース車(シャシー)「カムロード」にニューモデルが誕生!

2019年2月に行われたジャパンキャンピングカーショー。
そこで発表されたのが、カムロードのニュータイプ。

ワイドトレッドダブルタイヤとは?

カムロードのニュータイプが誕生

カムロードのニュータイプが誕生

簡単に説明すると、

  • 後ろ側のタイヤの幅が、前輪よりも幅が広くなった
  • 両サイド2本ずつのタイヤになった

という改善がされました。

カムロードのニュータイプが誕生

これがワイドトレッドダブルタイヤ

写真はナゴヤキャンピングカーフェアの会場のものです(念の為)。
キャンピングカーのシャーシを見る機会もなかなか無いのでかなりの人が集まっていました。

カムロードはもともと、トヨタのダイナの1.2tがベースとなっていて、
それをキャンピングカー特別仕様にしたものになります。

昨今のキャンピングカーブームにおいて、
安全に乗れるのは至上命題ですからね。

ダブルのワイドで安心のキャンピングカーに

ジャパンキャンピングカーショーのナッツRV

ナッツRV社のブース

キャンピングカーの走行性安定、乗り心地の向上は長年のキャンピングカーの課題でもありました。
1997年に最初のカムロードが誕生してから現在は2代目。
現行モデルは、専用サスペンションの装着に加えリアワイドトレッドも標準装備となっています。

ただそれもシングルタイヤでの話。

今回は、ダブルのワイドです!
何度でも言いましょう。ダブルのワイドです!!

世界のトヨタが日本のキャンピングカー業界のために、わざわざ車を開発・製造してくれるというのは凄い事だと思います。
しかも、それをナッツが独占するわけではないのです。キャンピングカー業界全体の発展のために、業界全体を背負っている意気込みを感じます。

【安全運転第一!】キャンピングカーの横転事故の原因は◯◯!?

2019.03.17

ワイドトレッドダブルタイヤの基本情報

カムロードのニュータイプが誕生

気になるスペックは?

全長(mm) 4,690
全幅(mm) 1,695
全高(mm) 1,985
軸距(mm) 2,545
輪距(mm) 前輪1,425  後輪1501
最小回転半径(m) 4.8
タイヤ 175/75R15(103/101L LT) ブリヂストンR202
排気量(cc) 2982
エンジン ディーゼルターボ
最高出力 144PS/3400rpm

こちらがスペック表です。
輪距(りんきょ)の部分に注目!

前輪は1425mmなのに対して、後輪は1501mmとなっています。

ワイドトレッドダブルタイヤのメリット

タイヤのサイズが変更に

タイヤの欄を見ていただくと、185という数字が書いてあります。
これはタイヤのサイズを表しておりまして、

今までナッツRVのキャンピングカーには175というサイズのタイヤが使用されていました。

当然ですが、タイヤのサイズが大きくなると地面との設置面積も増えることになります。
ゴムのグリップ性能も高まり、安定性が増します。
それに伴い、コーナーリングもしやすくなるわけです。

また、ダブルタイヤの採用によって、許容耐荷重が700kgになりました。
キャンピングカーの後部には、家具を積んだりバッテリーを積んだりしますので、
これも嬉しい進化ですね。

デメリットにもしっかり対応

タイヤの幅を広げるデメリットとして、

小回りが利かなくなる

という事があります。
ただ、見ていただきたいのが「最小回転半径」の欄。

今までのカムロードと同じ4.8mと記載されています。

キャンピングカーのレンタルをしていて、お客様によく聞かれるのが、
「狭い道だと不安ですよね?」

そんな時、僕の答え方としては、

「宅配便のトラックって結構狭い道走ってますよね。ベースが同じトラックなので一緒です。
運転に慣れてしまえば、気をつければ大丈夫です。」

と言うようにしています。

ちなみにプリウスの最小回転半径は5.4mです。
カムロードは優秀なのです。

 

全ての車に標準装備されるわけでは無い

カムロードのダブルタイヤワイドトレッド

カムロードのダブルタイヤワイドトレッド

ディーゼルの2WDをベースにした方のオプションとして登場しました。
この角度から見ると、タイヤがワイドなのがわかりやすいですね。

 

実はシャシー自体もグレードアップ

シャシーとは元々フランス語で、フレーム・枠組みを意味します。
前述の通り、今までのカムロードは1.2tの車をベースにしていましたが、

今回は一回り大きいシャシーを使っています。

公式発表はありませんが、1.5tベースになったのではとの噂も流れています。
その他にも、ショックアブソーバーの変更も。

 

オプションとしての値段と価値は!?

前述の通り、ディーゼル2WDのオプションとして販売を開始した、「カムロード ダブルタイヤワイドトレッド」。

これだけ進化して、そのお値段なんとプラス40万円ほど。

ディーゼル車は走行距離が30万kmとも言われますし、
10年乗れば、年間4万円ほどの追い金の計算。

まだ新しすぎてユーザーのレビューなどがありませんが、
安全に越したことはないので、これくらいの値段でしたら付けてもいいオプションだと思います!

 

カムロードのダブルタイヤワイドトレッドを動画でもチェック!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Tackle

Tackle

キャンピングカーWEB兼、youtube【キャンピングカーTV】の運営者。 まだまだ勉強中ですが、楽しいことを伝えられるように頑張ります!