キャンプに持っていきたいクーラーボックス20選

キャンプでの持ち物でも、食べ物の鮮度や冷えを保つために必要不可欠なのがクーラーボックス。衛生面での食中毒などを予防するためにも大切なアイテムです。

今回は、クーラーボックスの選び方や種類の紹介とあわせて、キャンプに持っていきたいおすすめのクーラーボックス20選をご紹介したいと思います。

クーラーボックスの選び方


保冷力はもちろんのこと、容量や収納性も豊富で幅広い種類があるクーラーボックス。

少しでも長く、食材や飲み物の冷たさを保つためにも、長時間保管しておけるようクーラーボックスを選び、うまく使いこなすことが大切です。

材質・種類

クーラーボックスには、硬い素材でできたハードクーラーと柔らかい素材でできたソフトクーラーの2種類があります。

使っている材質が異なるため、それによって容量や保冷色も変わってきます。まずは2つの違いや特徴を知っておきましょう。

ハードクーラー

手軽に持ち運べて衝撃に強く、頑丈なのがハードクーラーの特徴。

発泡ウレタン、発泡スチロール、真空断熱パネルの3種類の材質が主に使われています。中でも、発泡ウレタンと発泡スチロールは軽量で価格も安く手に入りやすいので、キャンプ初心者におすすめ。

真空断熱パネルは、中に入っている真空断熱パネルが日光や地面からの熱を防いでくれる高機能で、保冷力は発泡スチロールの約10倍!キャンプでの連泊におすすめです。

ソフトクーラー

ビニールや布でできていて、折りたたみでき軽量で収納性に優れているのがソフトクーラー。ハードクーラーと比べると保冷力は低いですが、アルミ蒸着+ポリエチレンが使われていて短時間の保冷やハードクーラーと2個使いするのにぴったりです。

ボックス型はもちろん、トート型やバックパック型など、バリエーションが豊富なのでフェスや買い出し用のサブクーラーとしても活用できます!

知っておきたいクーラーボックスの使い方

使い分けをする

そもそもクーラーボックスは、冷やすものではなく、冷たさを保つもの。それぞれの特性を活かして、保冷力を持続させるための工夫も必要です。

保冷力で鮮度を保つため食材系はハードクーラー、多少ぬるくなっても衛生的に問題のない飲料系はソフトクーラーに分けて使うのがおすすめです。そうすることで、開閉の回数が減り、中の冷気を逃さず長持ちさせることができます。

容量・持ち運びやすさ

使う環境や人数に合わせて容量を変えることも大切です。ソロキャンプの場合は30リットル、家族4〜5人での一泊キャンプであれば、40〜50リットルが目安となります。

人数に比例して大きすぎるものを選んでしまうと、持ち運びが不便だったり、余分な空間に埋める保冷剤の消費が大きくなるので注意が必要です。キャンプに持っていく食材、飲み物の量、買い足すことなども想定して選ぶと良いでしょう。

おすすめのクーラーボックス20選

それでは、ここからはキャンプに持っていきたいおすすめのクーラーボックス20選を紹介していきたいと思います。

おすすめのクーラーボックス①【イエティ】Roadie 20qt.Tan

ハードなアクティビティに耐えられるように頑丈に作られたイエティのハードクーラー。

内側に圧力注入されている断熱パネルと、密閉性の高いシステムにより保冷力が高くアウトドアでの日差しや地面からの熱から守ってくれます。

おすすめのクーラーボックス②【イエティ】Tundra 35/

キャンプや釣りなどのアウトドアにぴったりな中型サイズのクーラーボックス。耐久性や衝撃にも強く、長時間の使用も可能!

持ち運びやすいハンドル付きで機能性にも優れているアイテムです。

おすすめのクーラーボックス③【コールマン】パーティスタッカー33QT

コールマン パーティスタッカー33QT レッド 3000000840

コールマン パーティスタッカー33QT レッド 3000000840

11,745円(08/04 10:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

コールマンからは、クーラーボックスを重ねてすっきり収納できる組み合わせ自在なパーティスタッカー33QT。車に重ねて収納できるので、何個か持っておくとファミリーキャンプにも使えておすすめです。

おすすめのクーラーボックス④【コールマン】54QTスチールベルトクーラー

2リットルベットボトルも余裕で入る大容量の51リットルのスチール製クーラーボックス。サビに強く、一つを長く使いたい方におすすめ。コールマンのハードクーラーの中でも人気の高いアイテムです。

冷気を逃さないラッチロック付きなので保冷にも安心。

おすすめのクーラーボックス⑤【コールマン】エクストリーム®ホイールクーラー/50QT

47リットルと大容量で、持ち運び便利なハンドル付きのエクストリーム®ホイールクーラー。キャンプにはもちろんのこと、海釣りなどのアウトドアにも活用できる優れものです。

また、保冷日数は5日なので宿泊にも活用することができます。

おすすめのクーラーボックス⑥【コールマン】アルティメイトアイスクーラーII

折りたたみ可能でコンパクトにたためて、収納にも優れているコールマンのソフトクーラー、アルティメイトアイスクーラーII。便利な取り出し口があるので、飲み物を保冷するのにおすすめ。

保冷したまま冷気を逃さず必要な分だけ取り出しが可能で機能性抜群!さらに、ライナーが取り外し可能なので丸洗いもできます。

おすすめのクーラーボックス⑦【イグルー】ステンレススチール54QT

イグルーステンレススチール54クォートクーラー

イグルーステンレススチール54クォートクーラー

46,069円(08/04 08:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

アメリカが誇るクーラーブランド、イグルーからはステンレススチールクーラー。イグルー独自の高密度ウレタンフォームが保冷力を高める高性能なアイテム。

コールマンのスチールベルトクーラーと並ぶ人気の高さで、もっていて損なし!

おすすめのクーラーボックス⑧【イグルー】コンツアー クーラーボックス(28L)

持ち運び便利で丸みあるかわいらしいデザインのコンツアークーラーボックス。内側に厚いウレタンが詰められているため保冷力も抜群!

価格もハードクーラーの中では手頃な価格なためコスパ良し。配色やデザインも可愛いのでキャンプグッズとしておしゃれを楽しむことができます。

おすすめのクーラーボックス⑨【オルカ】20クーラー

ハードクーラーの中でも品質が高いことで有名なオルカの20クーラー。アメリカ製の製品で最高の氷保持力を持つと言われているハードクーラーで、中でも20クーラーは最長10日間氷保持力を保つことができ密閉力にも優れている信頼性の高いクーラーボックスです。

持ち運びや収納性、排水もできるため機能性にも優れているアイテムです。

おすすめのクーラーボックス⑩【スタンレー】クーラーボックス 15.1L

丈夫で機能性の高いアイテムが魅力のスタンレー。キャンプなどのアウトドアはもちろん、スポーツシーンにも活用できる持ち運び便利なハンドル付きクーラーボックスです。

蓋にも断熱材が使用されているため、保冷力抜群!また、蓋のゴムロープを外すことで椅子としても活用できる頑丈で優れたアイテムです。

おすすめのクーラーボックス⑪【ロゴス】ハイパー氷点下クーラーXL

アウトドア用品が豊富なロゴスのクーラーボックスからは、ハイパー氷点下クーラーXL。アイスクリームが7時間保存可能な保冷力に優れたソフトクーラーで、薄型でおりたたみできコンパクトな収納性も魅力のアイテム。

衝撃にも強くアクティブなアウトドアシーンにも活用できます!

おすすめのクーラーボックス⑫【アイスランド】クーラーボックス45qt

5日間保冷力をキープする高性能なアイスランドのクーラーボックス。約5センチのポリウレタンフォームが注入されているため保冷力に優れ、真夏のキャンプでも安心して冷えたビールを楽しむことができます。

2〜3人のキャンプに最適なサイズ感。さらに、カップホルダーやまな板、バスケットがついている機能性にも優れたアイテムです。

おすすめのクーラーボックス⑬【AOクーラーズ】24パックキャンバスソフトクーラー

軽量かつ、最強の保冷力にこだわるAOクーラーズの中でも人気の定番モデル、24パックキャンバスソフトクーラー。取り外し可能なショルダーストラップがついており、持ち運びも楽チン。

トートバッグとしても使えてお買い物やキャンプでの買い出しにも使える優れものです。内側の5層の断熱材が保冷力を高めてくれるので、キャンプはもちろん、釣りやピクニックにもおすすめです。

おすすめのクーラーボックス⑭【キャプテンスタッグ】クーラーボックス Hanpu

様々なアウトドア用品を揃えるキャンプスタッグからは、トート型のソフトクーラー。持ち運び便利なので海やキャンプに活用できます。

また、デザインやサイズのバリエーションが豊富なのでおしゃれとしても楽しむことができます。

おすすめのクーラーボックス⑮【アイリスオーヤマ】クーラーボックスCL-45

アイリスオーヤマ クーラーボックス ブルー/ホワイト CL32BL

アイリスオーヤマ クーラーボックス ブルー/ホワイト CL32BL

2,980円(08/03 20:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

家電用品で有名なアイリスオーヤマからは、キャンプやレジャーに最適な32リットル容量のクーラーボックス。可動式の仕切りがついているので、ボックス内の整理も簡単!

さらに内側には抗菌加工が施されているため、衛生面も清潔に保つことができます。

おすすめのクーラーボックス⑯【シマノ】スペーザ ホエールリミテッド600

釣り製品を中心としたアウトドア用品を展開するシマノからは、大型で保冷力が高いスペーザホエール。内寸80センチで食材はもちろんのこと、大型まで入る収納力。
また、キャスター付きなので大荷物にも持ち運び便利!

クーラー底部がアーチ形のデザインになっていることで、地熱の軽減と通気性を確保し、高い保冷力を持続することができます。

おすすめのクーラーボックス⑰【ザ・ノース・フェイス】フィルデンスクーラー(Fieludens Cooler)

アウトドア用品や衣服でも有名なザ・ノース・フェイスからは、12リットル容量のフィルデンスクーラー。内側には冷気を逃がしづらいシームシーリング加工が施されており、高い保冷力を持つソフトクーラーです。

取り外し式のショルダーストラップがついているので持ち運びにも便利で、シンプルなデザインがおしゃれでファッションとして楽しむことができ、ソロキャンプに最適なサイズ感です。

おすすめのクーラーボックス⑱【ハイドロフラスク】Soft Cooler Tote 24L

ステンレスボトルブランドのハイドロラスクからは、トート型のソフトクーラー。運びやすい軽量かつ、最長48時間の保冷効果がある機能性に優れたアイテム。

防水や耐久性にも優れてる上、内側には抗菌、防カビ加工が施されているため衛生面も安心。開閉時に熱伝導を防いでくれる断熱システムが、保冷力をさらに高くさせてくれます。

おすすめのクーラーボックス⑲【ベアボーンズ】ソフトクーラー

ベアボーンズのソフトクーラーは、バッグ本体に抗菌素材のライナーを組み合わせたクーラーバッグ。27リットル容量のサイズはキャンプに最適です。

また、取り外し・サイズ調節が可能のショルダーストラップ付きで持ち運びに便利なアイテム。高級感のあるデザインはファッションとしても楽しむことができます。

おすすめのクーラーボックス⑳【アイスミュール】トラベラー 35L

アイスミュールのソフトクーラーは、トップパネルを大きく広げられるダッフルバッグ。肩掛けはもちろん、内蔵されているショルダーハーネスを展開すれば、バックパックのように背負って持ち運ぶことができる利便性。

中の物が取り出しやすく、整理しやすいのもポイントで、フロントには大きなポケットが2つついているので収納性にも優れています。

キャンプスタイルに合ったクーラーボックスを選ぼう


いかかでしたか?種類によって、クーラーボックスの保冷力や機能性が変わってきます。アクティブなキャンプには耐久性の優れるもの、連泊するキャンプ泊では保冷力のより高いものなど、自分のキャンプスタイルに合った最適なクーラーボックスを探してみてくださいね。