フィールドライフ「SIRIUS 6.7 Imagine/シリウス6.7イマジン」

本日紹介するのははこちら、

フィールドライフの【シリウス6.7イマジン】

シリウス6.7イマジンの基本情報

全長6970mm
車幅2100mm
車高3150mm
室内高不明
車両重量不明
排気量3000cc
乗車定員7名
就寝定員4名
 ベース車三菱ふそう ローザ
車両本体価格13,760,000円

キャンピングカーの本場は欧米諸国で、輸入車のキャンピングカー(正式にはモーターホームと呼びますが)の大きさ、高級感は圧倒的です。
しかし純国産でもセミフルコンのキャンピングカーがあります。
輸入モーターホームよりも快適な国産のモーターホーム。面白いです。

フィールドライフ??

フィールドライフさんは群馬県渋川市にある会社さん。
世界で初めて軽キャンを製作されたのが、このフィールドライフさん。
自社工場で完全国内生産された高品質のキャンピングカー。
今回は日本最高級のセミフルコンを見ていきましょう。

シリウス6.7イマジンの外装や内装

シリウス6.7イマジンの外装

フィールドライフ社製シリウス6.7イマジン

youtube【キャンピングカーTV】より

ベース社は三菱ふそうのローザ。マイクロバスの3000ccディーゼルです。
オプション選択で4WDにすることもできるんだとか。
4WDなら雪道でも行けるみたいですよ!

輸入モーターホームを超える国産モーターホームですね。

シリウス6.7イマジンの内装

運転席

フィールドライフ社シリウス6.7イマジン

youtube【キャンピングカーTV】より

こちらがマイクロバスの運転席。
実際に僕自身も運転したことがないのが本音ですが、
座った感じは、「意外と運転できるかも」でした。

運転席の前はほとんど出っ張りがないので、気をつけるのは内輪差ですね。
窓も圧倒的に広いので視認性も十分ありました。

ダイニング

フィールドライフ社製のシリウス6.7イマジン

youtube【キャンピングカーTV】より

インテリアはシックな木目調が基本でグリーンのソファが落ち着いた雰囲気を醸し出してくれます。
ギラギラした高級感ではなく、まるで家の延長線上のような大人な高級感。
オプションをつけると乗り出しで2000万円コースですが、
本当のお金持ちが乗る車だと思います。

ギャレー

youtube【キャンピングカーTV】より

数日間のキャンプに行くのも楽しいと思いますが、この車が本領を発揮するのは日本一周などの長期旅。
2口のコンロにステンレスのシンク。シンクも深さが十分にあるのでお野菜を洗ったりすることもできそうです。
もちろん換気扇もついていますので、調理しても大丈夫です。

就寝スペース

フィールドライフ社製シリウス6.7イマジン

youtube【キャンピングカーTV】より

日本のキャンピングカーではほとんど見ることができないツインベッド。
おそらくこの車のターゲットが60代以上のご夫婦なんだと思います。
ツインベッドにはそれぞれ照明がついているので、寝るタイミングが違くても大丈夫。
ベッドスプリングにもこだわっているので快適な睡眠が取れると思います。

まとめ

日本の職人さんが日本の道路や気候に合わせて作った、最高レベルのキャンピングカー。
日本人だからこその感性と気付きは、最高のおもてなしをしてくれます。
人生の再発見のお供として、いかがでしょうか。

フィールドライフ「ROOTS5.9 TRIP/ルーツ5.9トリップ」

2019.10.30