日本最高峰のキャンピングカー、セミフルコンが登場!【フィールドライフ社”ルーツ5.9トリップ”】

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

皆さんこんにちは!
YouTube【キャンピングカーTV】のTackleです( ´ ▽ ` )!

先日、このキャンピングカーウェブでもご紹介しましたが、
日本最高峰のキャンピングカー、セミフルコンを取材してきたので個人的な感想も含めてご紹介します!

本日ご紹介するのが、
株式会社フィールドライフの「ROOTS5.9 TRIP(ルーツ5.9トリップ)」

というキャンピングカーになります。

ROOTS5.9 TRIP(ルーツ5.9トリップ)

基本情報

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

全長5950mm
車幅2100mm
車高2800mm
室内高不明
車両重量不明
排気量4500cc
乗車定員大人7名
就寝定員大人4名
 ベース車日産 シビリアン
車両本体価格13,003,900円より

日本で最上位に位置するキャンピングカーが、このセミフルコンというカテゴリーになります。

セミフルコンとは、
マイクロバスの運転席より後ろをボディカットして、キャンピングカー仕様に架装したものになります。

バスコンとの違いがわかりにくいと思いますが、
バスコンの場合は外観の架装はなく、室内のみキャンピングカー仕様になっています。

もちろん価格の方も日本最高級。やっぱりオプション装備をつけると乗り出し価格で1500万円はすると思います。

 

シーダブ犬
シーダブ犬
日本最高峰のキャンピングカーこそ俺にふさわしい。

 

ルーツ5.9トリップの外装

それでは早速外装から見ていきましょう。

外装

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

車両後部がFRPで架装されているため、断熱性が抜群に高くなっているのがポイント!

バスコンの場合だと窓の位置などはベース車のままになりますが、
好きないちに窓が配置できるのもメリットとして挙げられます。
どうしても窓の隙間から外気が流れ込んできてしまうので、それも断熱効果をぐっと高めてくれます。

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

FRP架装でラゲッジドアを確保

車両後部には大きな荷物を収納するためのラゲッジスペースを確保できるのもポイントですね。
特に日本一周など長期の車旅に出る場合は、持っていけるものはなるべく持って行きたいので非常に便利になります。

キャンピングカーの一番後部はベッドルームになっていますが、ベッドの下の部分を収納スペースとして利用できます。

 

内装

◆運転席

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップ

やっぱりバスの運転席

運転席の広さは他のタイプのキャンピングカーには真似できませんね。
マイクロバスがベースとなっているので、ハンドルが下向きになっているのも特徴的ですよね。

ただ、全面の出っ張りがないのでカーブは結構しやすいと思います!

最小回転半径が6.6m。
学生時代に行った遠足を思い出すと、結構細い道や山道をマイクロバスで登った記憶がありませんか?
ルートを選んで、安全運転を心がければ快適な運転ライフも送れそうです。

 

◆ダイネット

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのダイネット

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのダイネット

運転席の後ろがダイネットスペースとなっています。
L字型のソファに、助手席の後ろにある補助シート。こちらはシートを回転させる事ができます。
もはや補助とは呼べないほどのしっかりとしたシートですね。

補助シートの下は段差があるので座椅子として使ってもいいですし、
椅子として使うこともできます。

やはり車内でこのサイズのダイネットスペースを確保できるのは贅沢ですね。
ゲストが来た時は、こちらを大人2人用のベッドスペースに展開することもできます。

 

◆キッチン

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのキッチン

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのキッチン

ステンレス製のシンクと2口コンロになります。
おそらくですがキャンピングカーガスという設備を装備しているはずなので、家庭でお鍋をするときなどに使うカセットガス缶を使用する事が出来ると思います。
コンビニでも手に入るガス缶を使用するのでガスの管理も楽です。

調理用のスペースががっつりあるわけではないので、包丁などはダイネットのテーブルを使うといいと思います。

◆ベッドルーム

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのベッドルーム

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのベッドルーム

こちらは車両の一番後部になります。
古き良きヨーロピアンテイストな配色になっていますね。

大人2人が就寝出来るスペースとなっています。

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのベッドルーム

フィールドライフ社のセミフルコン、ルーツ5.9トリップのベッドルーム

ベッドスペースにテレビが設置されています。
テレビの下にはサイドテーブルがあるので、就寝時に携帯の充電などはこちらでOK。

快適な時間を過ごせますね。

シーダブ犬
シーダブ犬
101匹わんちゃんの主役決まんねぇかな

 

動画でのご視聴はこちらから

日本でセミフルコンを作っているのは3社しかなく(フィールドライフ、RVビックフット、ナッツRV)、
日本最高峰のキャンピングカーに位置付けられます。
車旅に行きたくなるようなロマンを感じます。