キャンピングカーの排水処理ってどうするの?

キャンピングカーにはシンクやトイレが装備されていると思います。

その時に使った水はどこに溜めていて、後処理をどうするかご存知でしょうか?

今回は、排水処理の仕方など、キャンピングカーの種類によっても違うのでご紹介いたいと思います。

汚水を公衆トイレに捨ててもいいの?

結論から言いますと「ダメ」です。

「グレータンク」・「ブラックタンク」の処理は、自宅のトイレ、またはRVパークやキャンプ場などダンプステーションなどで処理をします。

たまに見かけるのが、道の駅や高速道路のSAなどのトイレに流して処理をする方がいます。

公共のトイレに汚水を捨てるのは「マナー違反」なので、絶対にやめましょう!

最近ではガソリンスタンドでも処理をしてくれる所が増えてきていますので、そういった場所をうまく利用してください。

生活排水の「グレータンク」も、その場で垂れ流したり、道路の側溝に流すことはしないように!

シーダブ犬
シーダブ犬
みんなが気持ちよく使えるようにマナーを守るように!

排水タンクの種類

グレータンク

キッチンやシャワーなどから出る生活排水は「グレータンク」と呼ばれています。

ブラックタンク

トイレの汚水は「ブラックタンク」と呼ばれています。

シーダブ犬
シーダブ犬
そんな呼び名があったなんて?!

汚水の溜め方はボディサイズで違います。

中~大型キャンピングカー

出典:ニートRV

このクラスのキャンピングカーですと、車体が大きのでスペース的にも余裕があるので、一般的に「グレータンク」と「ブラックタンク」は、車体の床下などに装備されています。

トイレは「マリン式トイレ」と呼ばれるタイプが多く、便座は車内に据え付けられています。

排水をするときは、車外の排水口にホースを繋いで、家の下水に流すか、RVパークやキャンプ場などに備えられているダンプステーション(汚水処理施設)に流して処理をします。

タンクは100リッター前後の大容量で、とくにアメリカ製キャンピングカーに多くみられます。

シーダブ犬
シーダブ犬
家のトイレと同じだな!

中型キャンピングカー

出典:バンテック

一般的にはキッチンのシンクの下に「グレータンク」は、給水タンクと一緒に収納されていて、そこに排水が溜められます。

一番多いサイズは10~20リッターのポリタンクが使われていて、排水の処理は排水タンクを取り外して、家の下水に流すか、RVパークやキャンプ場などに備えられているダンプステーション(汚水処理施設)に流して処理をします。

トイレは「カセット式トイレ」と呼ばれるタイプが多く、便座は据え付けでブラックタンクが取り外し式となっているものや、「ポータブルトイレ」と呼ばれるタイプも使われています。

汚水の処理は、便座からタンクを取り外して、家のトイレに流すか、RVパークやキャンプ場などで流して処理をします。

日本のキャブコンタイプやヨーロッパ製のキャンピングカーで使われています。

シーダブ犬
シーダブ犬
トイレを付けるか悩む大きさだよな!

小型キャンピングカー

中型キャンピングカーと同じで「グレータンク」は、キッチンのシンクの下にポリタンクが収納されています。

車体が小さく、トイレを常設しておくスペースがないので、「ポータブルトイレ」と呼ばれる、持ち運び可能なトイレを使うことが多いです。

便座の下部に「ブラックタンク」が装備されていて、汚水の処理は、便座からタンクを取り外して、家のトイレに流すか、RVパークやキャンプ場などで流して処理をします。

シーダブ犬
シーダブ犬
バンコンクラスならポータブルトイレで決まり!

まとめ

キャンピングカーの車内でちょっとした汚れものを洗ったり、顔や歯を磨いたりするときにシンクがあると便利ですよね!

トイレについては、小さなお子さんがいたり、お年寄りがいるご家庭ですと、付けていて良かったと思うはずです。

キャンピングカーに乗っていると、いかに水があると便利なのかを実感します。

水を使ったら、使った分しっかりと正しい後処理を行って、気持ちの良いキャンピングカーライフを送りましょう!

 

なお、campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!