キャンピングカーの個人売買!「メリット・デメリット・方法」は??

最近のキャンピングカーの人気って本当にスゴイですね!!

各地で週末ともなるとイベントが開催されていて、ものすごい人数のお客さんが来場しています!!

それだけ、みなさんキャンピングカーに興味があるってことですよね。

中には、クルマの買い替えのために実車をチェックしに来ている方もいると思います。

買い替えとなると、今まで乗っていたクルマを売りたいという人は少なくないでしょう。

とはいえ、クルマを査定してもらうと、希望する価格よりもずっと安い買取価格になることがほとんどですよね。

「少しでも高い値段でクルマを売りたい」という人に人気なのが個人売買です。

そこで今回は、キャンピングカーの個人売買についてご説明していこうと思います。

キャンピングカーの個人売買!「メリット・デメリット・方法」は??

個人売買って?

買い手、売り手ともにお互いの同意で物を売買することです。

取引きをするときに業者を入れずに、名義変更だけで済ませることを個人売買といいます。

最近では、インターネットを利用して誰でも簡単にクルマを売りに出せるようになって、個人売買を利用する方も増えて来ています。

消費税の増税で、ますます個人間売買のニーズも大きくなりそうな自動車業界ですが、実はキャンピングカーも個人売買がされています。

個人売買なら売り手と買い手の両方にとっても、中間マージンを支払う必要がないために、高く売却できて、安く購入することできてお互いにお得です。

シーダブ犬
シーダブ犬
お互いWin!Win!の関係だな!!

個人売買のメリット・デメリット

クルマの個人売買には、メリットだけでなくデメリットも色々とあります。

しっかりと、メリットとデメリットを理解して、「後悔しない個人売買」をしましょう!

私自身もキャンピングカーを所有していますので、興味もあったので調べてみました。

個人売買のメリットは??

  • 高い値段で売却できる
  • 相場より安い金額で購入できる
  • 消費税がかからない

◆高い値段で売却できる

個人売買でクルマを売る相手が見つかれば、中古車買取業者などに売るよりも高額で売れる可能性が高いのです。

中古車買取業者は売買手続き上の必要な経費も発生するため、どうしても買取金額は売り手の希望額よりも低い金額になってしまいます。

ですが、個人対個人の売買なら、中間マージンが一切発生しないため、お互いの納得した金額で取引ができます。

そのため、一般的に買取業者に売るよりも高値になるケースが多いです。

◆相場より安い金額で購入できる

個人売買なら、中古車販売店の経費・利益・人件費などの中間マージンが一切発生しません

購入する側にとっても中古車販売店で購入するより安く購入できるという可能性があります。

◆消費税がかからない

今、消費税が10%に引き上げられたのでクルマのような高額な買い物の場合、その差はかなり大きいです。

例えば、中古車販売店から100万円のクルマを購入しようとした際、消費税が10%なので車両代だけでも110万円を支払わなければいけません。

これが、個人売買なら100万円ピッタリで購入できるのです。

10万円あれば、カーナビなどが買えちゃいます。

シーダブ犬
シーダブ犬
なかなか興味深いメリットだな!

個人売買のデメリットは??

  • 引き渡しまで手間と時間がかかる
  • 車両と代金の受け渡しのトラブル
  • 受け渡し後の故障
  • 盗難車だった
  • 契約書がない
  • 書類手続きが大変
  • 買取業者も買ってくる場合がある
  • キャンピングカーは更に難しい

◆引き渡しまで手間と時間がかかる

クルマの個人売買は、所有者を変更するために名義変更や車庫証明の発行などの手続きをするのに、陸運局や警察署へ行かなければなりません。

中古車販売店ならそれらの面倒な手続きを代行してもらうことが可能だが、個人売買では各自ですべてやらなければいけません。

◆車両と代金の受け渡しのトラブル

クルマと一括で車両代金を引き渡しができるケースなら問題ないと思います。

ですが、高額な取引なので分割にして欲しいという買い手もいるはずです。

その場合、支払いが滞ってしまってトラブルとなるケースもあります。

逆に、支払ったのにクルマが来ないというケースもあると思われます。

◆受け渡し後の故障

故障箇所はないですとか、整備済みですと言われて買った直後に故障してしまっったという場合もあります。

中古車販売店から買う場合は、信頼関係の問題がありので整備済みのクルマなので安心ですし、すぐに故障した場合でも持っていけば修理してくれます。

お互いに売買後のトラブルについても、前もって話し合って納得してからでないと面倒なことになりうる可能性があります。

◆盗難車だった

買ったクルマが盗難車だったというケースもなくはありません。

その場合は、本来の持ち主にクルマを返却しないといけなくなります。

◆契約書がない

買取業者との取引ではトラブルが発生した時の対応を細かく規定された契約書を交わすため、基本的にはユーザーが心配することは少ない。

個人売買の場合、全てのトラブルは自分達で対応しないとならいリスクがあります。

◆書類手続きが大変

クルマの名義変更は陸運局は行って行います。

提出する書類に不備があったりすると出直したり、平日しかやっていなかったりと意外に時間に縛られたりと面倒です。

しかも、名義変更をしっかりとやらないとクルマを売ったのに自動車税の納付書が売り手側に届いてしまいます。

◆買取業者も買ってくる場合がある

個人売買のサイトで個人のふりをして業者が買っている場合もあります

そもそも転売目的で個人が勝手いる場合もありますから、安く売ったはずの車が少し高い値段で売られていることもあります。

◆キャンピングカーは更に難しい

キャンピングカーは人気があり需要が高いので中古車でも値段があまり落ちません。

走行距離が10km超えでも値段がついて販売されています。

それは後部の部屋(居住空間)に価値があるからです。

キャンピングカーは、走らなくなっても牽引してトレーラーハウスとしても価値がありますよね。

キャンピングカーの査定は「車体」・「後部の部屋」・「電気系統」確認するところが多岐に渡ります

故障を発見しても、修理する部品や技術も特殊なので問題があります。

よって、一般的なクルマよりも査定は難しいと思います。

シーダブ犬
シーダブ犬
なんだかデメリットの方が多くない?!

車を個人売買する方法は?

売り手が用意するものは?

クルマを個人売買する時に、売り手が用意すべきものは色々とあります。

  • 車検証(有効期限内のもの)※
  • 印鑑、印鑑証明書(発行日より3カ月以内のもの)
  • 譲渡証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券
  • 委任状(代理人に頼む場合)
  • 自動車(管轄が異なる場合)

買い手が用意するものは?

クルマを個人売買をする場合に、買い手が用意すべきものには色々とあります。

前もって準備しておくもの

  • 印鑑、印鑑証明書(発行日より3カ月以内のもの)
  • 車庫証明(警察署長の許可が下りた日より40日間以内のもの)
  • 委任状(代理人に頼む場合)

陸運局に行って当日準備ができるもの

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車税申告書
シーダブ犬
シーダブ犬
こんなに書類ってあるの!

名義変更の手続き方法は?

名義変更の手続きは売り手と買い手の双方が陸運局に行って手続きします。

しかし、双方の予定が合わない場合は売り手、もしくは買い手のみでも構いませんが、その場合は委任状を書いてもらうようにしましょう。

まず、陸運局に行ったら、窓口で名義変更の申請書、手数料納付書、自動車税・自動車税申告書を受け取り、必要な部分に記入します。

そして、あらかじめ用意していた書類とともに窓口に提出することで名義変更の手続きを行なうことができます。

シーダブ犬
シーダブ犬
書類に不備がないようにしろよ!

個人売買の名義変更の手続きにかかる費用は?

手間と時間をかけて自分でやる場合にかかる費用はいくらくらいなのでしょうか?

一般車を例に実際にかかる費用を大まかにまとめてみました。

車庫証明申請手数料:3,000円程度(軽自動車の場合は500円程度)

印鑑証明書の代金:1通あたり400円程度(売り手と買い手各1通の計2通が必要)

移転登録手数料:500円

申請書の用紙費用:100円

ナンバープレート代金(管轄が異なり変更が必要になる場合):1,500~2,000円程度

自動車取得税:譲り受ける自動車の価値による(50万円以下なら非課税)

住民票:500円(必要な場合)

車の名義変更の手続きにかかる費用は、車のナンバープレートの変更が必要でなければ安くて5,000円程度です。

※ 高級車や年式の新しい車を購入する場合は自動車取得税が加算されます。

※ 消費税が上がる前の金額です。最新の金額は陸運局にお問い合わせください。

シーダブ犬
シーダブ犬
意外とするんだな!

検査会社、保証会社が出てくるのでは?

個人間売買のデメリットは信用リスクが多い。

逆にリスクをカバーしてくれる会社があれば個人売買のメリットを享受できるはず。

例えば、不動産取引のような。

売り人、買う人は個人だけど取引の間に不動産会社が入り、万が一あった場合は不動産会社が対応してくれます。

取引管理会社ができてくると個人間売買のマーケットが成長してくるかもしれないですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
会社作っちゃえば?!

まとめ

個人売買では取引きに何が起こっても責任はすべて自分にかかってくることにも気を付けましょう。

実際、悲しいですが個人売買で失敗する人も多くいます。

良い買い手を見つけることができれば大きなメリットとなりますが、トラブルが発生しやすく手続きなど面倒も多いのがクルマの個人売買だということも覚えておきましょう!

売り手も買い手もクルマを見る目が必要です。

もともと車業界でバイヤーをしていた人がやるならいいかもしれないですが、素人の場合は特に厳しいというのが現状ですね。

シーダブ犬
シーダブ犬
俺は人を見て売りたいから個人売買だな!

 

次の車両で悩んでいる方は、似たようなタイプの車両をレンタルして実際に運転してみましょう!

そうすると、より一層イメージがつくと思いますよ。

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!