意外と知らない!?キャンピングカーや車中泊のマナーを理解しよう!

最近キャンピングカーでキャンプしたり車中泊したりするの、結構流行って来ましたよね!

今日はそんな

「これからキャンピングカー車中泊をしよう!」

「キャンピングカーで車中泊を始めました!」

という方にも是非とも気をつけて頂きたい「車中泊のマナー」について話して行きたいと思います。

車中泊のマナーについて

実はRV協会でも公共の駐車場(道の駅や無料駐車場)での車中泊のマナーについては書かれています。

書かれ方としてはマナー10か条として、必要最低限のマナーになります。

車中泊される方のマナーの問題が問われ、そのうち車中泊禁止令が出たりしないように、皆さんで気をつけて守りましょう。

道の駅のマナー

道の駅は基本的には無料で宿泊させて頂く形になるので

「目立たず、ひっそり。」

が基本マナーになります。

シーダブ犬
シーダブ犬
どうやって過ごせば「目立たず、ひっそり」なの?

ゴミを捨てない

まず始めに、1番重要なこと。

「ゴミのポイ捨てをしない!」ですね。

出典:RV協会

基本的に車中泊の時に出たゴミは持ち帰らなければいけません。

特に、調理時には家庭ゴミがたくさん出ると思います。

途中スーパーでお買い物をすると必ずゴミが出てくるので、あらかじめお家でパッキングしておいて、ゴミを減らすなどの工夫をしてゴミを荷物にしない工夫が必要だと思います。

また、連泊をするような旅をすればゴミ問題は大きいと思います。

そんな時、ゴミを回収するサービスをやっているRVパークやキャンプ場に宿泊し、回収してもらうのも1つの手ですよね。

キャンプ行為を行わない

この写真はキャンプ場で行なっています。

「キャンプ行為?」

って思った方もいるかもしれませんが、

  • オーニングを広げる
  • チェアやテーブルを広げる
  • 焚火をする

等の通常、キャンプ場でやる行為ですね。

これもダメなんです。

無料で利用させてもらっているので、駐車スペースをはみ出してこういった行為をするのは他人にも迷惑だし、営業妨害にもなりかねませんよね。

トイレ処理

キャンピングカーで来られる方はカセットトイレやポータブルトイレに溜まった汚物を処理したい。

そこで道の駅や無料駐車場での処理はご法度になります。

また、グレータンク(家庭用水道から出た排水)の廃棄も禁止されています。

こちらもRVパークでの廃棄が基本になって来ます。

電源をとらない

キャンピングカーの場合、電子レンジやドライヤーを使うのに、外部電源を利用しますよね。

RVパークでは電源をとることはあっても、道の駅では勝手に電源をとってはいけません。

電気泥棒になっちゃいます。

トイレで食器を洗う

道の駅のお手洗いは基本的にトイレをした後に手を洗う場所です。

食器をたくさん持ち込んで洗剤とスポンジを使って洗うなんていう行為はご法度になります。

せいぜい、コップをゆすいだり歯磨きをしたりなど、他人に迷惑のかからない程度の利用に控えましょう。

RVパークやキャンプ場のマナー

RVパークやキャンプ場は宿泊費がかかる分、比較的許されることが多い。

道の駅ならば、ゴミ捨てはNGだったり、洗い物ができなかったりグレータンクの処理もできなかったりしたけどRVパークなら大丈夫。

周囲の人ものびのび過ごしていて、

道の駅みたいなちょっと肩身の狭い思いをしなくていいという大きなメリットがあります。

RVパークによって禁止事項が違うので、事前に調べておきましょう。

チェックイン・チェックアウトの時間を守る

実はRVパークもキャンプ場もホテルみたいにチェックインとアウトの時間があります。

チェックインの時間よりも前に、入ってはいけないし、チェックインの時間を過ぎた後に入ってもいけません。

チェックアウトの時間を過ぎても過ごすのはよくない。

宿泊所のホームページに必ずこの時間は記載されているので、あらかじめチェックしておく必要があります。

また、施設によっては早めに入れてくれることもあるので、電話して聞いてみよう。

ゴミの分別をしない

ゴミをその辺にポイ捨てするのは論外だけど、

ゴミの分別をせずに燃えるゴミも缶やビンも一緒に袋に入れて捨ててしまうのもNG。

しっかり分別しよう。

チェックインする時、受付で説明されます。

よく聞いて、言われた通りにしましょう。

音楽をかけない

スピーカーで音楽をかけてはいけないキャンプ場も増えてきました。

自然の中で開放的に音楽をかけるのは楽しいのはわかりますが、

その音楽はご近所さんに丸聞こえ。

ご近所さんはその音楽が好きとは限りませんよね。

シーダブ犬
シーダブ犬
HIPHOPをキャンプ場で聞きたくないって人もいるかもしれないしね。

というわけでキャンプ場で音楽を聞きたいなら、ヘッドフォンを持っていくのが無難ですね。

消灯時間を守る

キャンプ場もRVパークも消灯時間があります。

どこの施設によってかで変わりますが、22:00消灯だったり、21:00消灯だったりします。

消灯時間には光量、声の音量を落として、キャンピングカーの中に篭りましょう。

キャンピングカーであれば、カーテンをしたり、声のボリュームを下げるだけで

かなり近所への配慮ができるので、是非実践していただきたいと思います。

他にも

特に大切な事例を書きましたが、他にもやってはいけない事はあります。

  • 夜中に発電機でうるさくしない。
  • 道の駅のお店の前を陣取らない。
  • 長期間滞在をしない。
  • 車椅子マークに駐車しない。
  • トイレで体を洗わない。
  • オフ会だからと言って堂々と場所取りをしない。

もやってはいけない行為ですが、これは常識的考えればわかるのではないか?

という内容だなと思います。

宿泊する時の心構え

公共の場所で宿泊させて頂いているので

管理するのは私たち個人個人になるという気持ちは大切だと思います。

特に、道の駅などの無料で利用する場所はいつだって私たちが管理者です。

なので、汚したり他の利用者の迷惑になることをしてはいけないし、

他の利用者を触発するような「やってはいけない行為」をやってしまうのは当然禁止事項になるわけです。

まとめ

「正直、知らなかった!」

という事項も出てきたのではないかとは思いますが、

基本は

  • 道の駅はひっそり目立たないように。
  • RVパークやキャンプ場は最初に説明されるルールを守る。

で大丈夫だと思います。

日本ではアウトドアの文化も根付いていなくて、

マナー違反を犯すような人は多い

知らなかった人も今後はマナー違反をしないように心がけてもらえればなと思います。

campingcar webではレンタルキャンピングカーのマップを作っています!

是非マップからキャンピングカーをレンタルしましょう!

☟「ブログランキング」と「にほんブログ村」チャレンジ中!是非コチラをポチっと押して頂けたら嬉しいです!


キャンピングカーランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
CAMPたかにぃ
キャンプが大好き過ぎて独自のキャンプメディア「minimalize gears」を構築。 色んな場所でキャンプのライティングもしているそう。 これからのキャンプ界での活躍に期待。